人気ブログランキング |

MammaのBrodo

今晩遅く友人夫妻が日本からボローニャに到着して、土曜の昼まで一緒に過ごす予定です。

先週だかその前だったか、夫からその話を聞いたお義母さんが「もし日本からのお友達とトルテッリーニを食べたかったら作ってあげるわよ」と言うので、申し訳ないと思いつつ好意に甘えてしまうことにしました。だって、なにしろ彼女のTortellini in brodo(スープ入りトルテッリーニ)は贔屓目無しにものすごくおいしいのです。是非彼らにも食べさせてあげたい。

数日前にお義母さんから「作ったから取りにいらっしゃい」との連絡が入って取りに行き、今は冷凍庫の中で出番を待っているところ。明日の夕食にしようと思っています。

そしてもちろんTortelliniを入れるBrodo(スープ)が重要なのですが、これは今朝彼女が材料ひと揃え抱えて(徒歩で)うちまで来て作ってくれることに。全行程4時間なので、ある程度まで作ってからは私が引き受け彼女は帰りましたが。いやぁ、ここまでしてくれるなんて本当にありがたいなぁ。

f0077159_22102151.jpg


さて、まだそのBrodo、お鍋でボコボコと煮込まれている最中ですが、忘れないうちに作り方を。





【材料】(今回の分量)

・Bovino ossa con carne(肉つき牛骨) … 600~700g
・Carne gommoneとCarne doppione(牛肉2種。部位が違う?) … かたまりでどちらも450~500g
・Gallina o cappone (鶏肉。今回はめんどり。雄鶏よりちょっとあっさり目だそうです。) … 1匹丸ごと。今回は約1.3kg。
・風味付け野菜(セロリ数茎、人参1~2本、玉ねぎ1個)


【作り方】

1.深い大きな鍋に水を8割ほど入れ、牛骨と野菜類、Sale grosso(荒塩)を一掴み入れてから強火で沸騰させる。(玉ねぎは外皮を剥いて丸ごと入れる)


f0077159_20283279.jpg
f0077159_2028517.jpg


2.ボコボコと沸騰してから2種類の牛肉を投入する。強めの中火ぐらいで様子を見て、また沸騰したら弱火にし、蓋をして1時間煮込む。
(初めのうちアクが出たら取り除く。)

3.1時間ほど経ったら鶏肉投入。水が多くてあふれそうな場合は他の鍋に少し移して減らす。鶏肉を入れた直後は火を強め、沸騰して蓋がかたかた言うぐらいになったらまた弱火で煮込む。数時間煮込んで水が減って来たら、別の鍋に移したスープを戻す。


f0077159_2043570.jpgf0077159_20432569.jpg

午前11時ごろに鶏肉を入れてから、12時半ごろまで煮込む・・・・とお義母さんが言ったと思ったのだけど、昼食を食べに帰ってきた夫曰く「午後2時半」の間違いだろうと。4時間の行程とお義母さんも言っていたから、いずれにしても12時半じゃ早すぎるし。

ということで、12時半に火を一旦止めたものの、また火を点けて煮込みなおし。これから午後お店の手伝いに出る14時半までじっくり煮込みます。

いずれにしても鶏肉投入後2~3時間は煮込むのは確実のようですが・・・。大丈夫かしら、こんなところでつまづいて(汗)。おいしいBrodoができますように。

最後、明日の夕食の前にできたスープを濾して温めなおしてできあがり。塩味はその場で味見して調節します。塩だけというのにちょっとびっくり。肉と野菜の味で十分ということか。Tortelliniの具にも味がついているからそれほど必要ないのもあるんでしょうね。

以上、味の方は明日の夕ご飯で確認したいと思います。
by tomoky_ex | 2008-03-18 13:53 |

イタリア人夫と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、いつまで続くかな? 旅と食べることが大好きなTomokyの日記


by Tomoky
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30