人気ブログランキング |

山のお散歩と2月の雪の傷痕の話

f0077159_014382.jpg



3日間降り続いた雨が止んで土曜日にやっとすっきり晴れ、一気に春の様相になったボローニャ。花粉症の私は1日でティッシュ一箱使いきるんじゃないか?ぐらいのペースになり嬉しいような悲しいようなという感じですが、お天気がいいのはやっぱり嬉しい。

日曜日、冬時間から夏時間に変わった上に良いお天気で、朝からお散歩に行きたい気満々に。午前中洗濯などしていたら時間があまりなくなってしまい、一旦車で出たもののまた戻って来て家でお昼ご飯を食べてから、また仕切りなおしで近くの山に行くことにしました。



我が家から標高900mぐらいまで上がって車を停め、足元の悪そうな森の山道には入らず、車も通れる広めの山道を歩くことに。

f0077159_0145279.jpg



うちの庭や近所では全く見かけない薄紫色の花が当たり一面に咲きほこっています。地面からにょきっと出て咲いているのがおもしろいし、色も可愛いし、これはなんだろうね?なんて話しながら歩いていました。

f0077159_015610.jpg


うちに帰ってからネットで調べてみたら、どうやら『コルチカム』もしくは『イヌサフラン』と呼ばれているもののようです。球根の花らしい。今度シャベル持参で一株盗んで来たい(笑)。

さて、歩く前に山の上の方には雪が見えましたけど、まさか散歩道がこんなことになっているとは・・・

f0077159_0152074.jpg



なんだこれ(笑)。もうすぐ4月なのに、しかも雨も降ったのにまだこの雪。これは予想外でした。

雪の状態が解け気味だったり固かったりいろいろで、足を置く時に沈むかと思えば沈まない時もあるし、まっすぐに着地できないし、とにかく疲れる。結局上に行けば行くほど雪が積もっていて、終わりが見えない状態だったので気持ちの方が疲れてしまい、夫には申し訳ないけれど私がギブアップしました。残念。

雪といえば、今年の2月に降った雪は尋常じゃなかったようで、今もまだ雪の影響があちこちで見られます。

今回この辺りで降った雪は普通の雪と違い、非常に重かったのが特徴だったそうです。(かつて同じような雪が降ったのは78年か79年だったとか。)被害はとにかく木。木の大枝小枝が重さに耐え切れず、折れる折れる。折れた木が道路をふさぎ、車をつぶし、電線を断ち切り、他の木をなぎ倒し、とにかくいろいろな被害が出ました。

この雪のあと、これでもかという感じでどんどん道路脇、川の脇の木が切られていて、今もまだ作業が続いています。うちの方では木も巻き込んだ地すべりがある斜面、リスクがある場所もどんどん切られています。(その後ネットなどが張られます)

我が家は山にあるので、余計たくさん木が切られているのを見るのかもしれませんが、もうほんとにばっさばっさと木が切られてなくなっていくので見ていて不安になります。「やりすぎ」にならないといいんですけれど・・・。
by tomoky_ex | 2015-03-30 17:03 | 旅とお散歩

イタリア人夫と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、いつまで続くかな? 旅と食べることが大好きなTomokyの日記


by Tomoky
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30