イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Participazione & Bonboniera


そんなこんなで病気ではあるものの、ここ3日ぐらいでParticipazione(招待状)を彼と二人で(作ったのは私。封筒に入れたのは彼。)仕上げ、いつでも配れるようにした。招待する人たちは大体ボローニャに住んでいるらしく、郵送しないといけないのはPadova近くに住んでいる友人とスイスの友人だけ。
(↓日本から持ってきた千代紙と、彼の店でもらった紺色の台紙を使って作った招待状。)
f0077159_22211023.jpg


そして、昨日お義母さんと一緒に近所のBonboniere(結婚式の後に来賓の皆さんに配る引き出物?のようなもの)のお店に行って、箱につけるデコレーションやらを決めてきた。さっきサンプルができたので、私の代わりにお義母さんが取りに行ってうちまで持ってきてくれた。すいませんねぇ。

昨日はお義母さんの好みで全てが決められてしまいそうになったけど、なんとか私の意見も頑張って伝えて、できあがったサンプルを見た限りではなかなかいい感じ。本当はもうちょっとアグリトゥーリズモっぽい雰囲気を出したかったけど、ちょっと想像していたより華やかになっちゃった以外は素敵な感じなので、これで彼がよければもうOK出しちゃおう。
f0077159_22221797.jpg


日曜日にお義母さんがModena近くのお店から箱と中身を引き取ってきてくれるので、月曜日にまた彼女と一緒にBonboniereのお店に持っていって、最終的な仕上げをしてもらう予定。

あとなんだか知んないけど、その箱につけたり、式に呼べなかった人たちにあとあと何かを送ったりする時に使う小さいカードも印刷しないといけないんだってさ。

いろいろやることがあるもんだねぇ。

おまけ:おばか!
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-27 17:05 | 結婚あれこれ | Comments(0)

とうとう医者へ

一時落ち着いていたと思った咳とのどが翌日またひどくなって、とうとう医者に行くことにした。

お義母さんが付いてきてくれるにしても、万一なにか書類を書いたり保険のことを訊かれたりしたらわからんよ・・・と一人ブルーになっていたら、意を決して彼が昼休みの合間にうちまで帰ってきて一緒に行ってくれることになった。すまないねぇ・・・。

診療所は午後3時からで、お義母さん情報によると1時には待合室が開くとのこと。常連のおじいちゃんおばあちゃんよりも絶対早く行くぜ!と家を1時15分ぐらいに出て行ってみたら、早すぎて開いていなかった。実は今日はめずらしくもんのすごくクリアーで良いお天気だったので、思わずこのまま外で待っていたい気分になったが、まだ風が冷たかったので彼に止められた。仕方ないので近くの喫茶店で15分ぐらい時間をつぶして、再度トライ。結局1番に着いたものの、ドクターが3時になっても現れず、彼も仕事に行かないといけない時間になってしまった。交代でお義母さんに来てもらうことにして、彼は去って行った・・・と思ったらちょうど外から来たドクターと鉢合わせしたらしく、また一緒に彼も戻ってきてくれた。

実際には何も書類なんかは書かなかったけど、やっぱりイタリア語で説明してくれる人がいてくれてよかった。(老ドクターは英語が話せなかった。)彼は3時半にはお店を開けないといけなかったのだけど、結局地元を出発したのが3時半過ぎていて、お店に着いたのはおそらく4時前にはなってしまったんじゃないかと思う。私の方が焦ってしまったけど、いてくれて本当に助かった。感謝。

咳に関しては診断では特に肺には異常はなし。のどは腫れているけど、風邪からくるものなので、ということで、軽めの抗生物質と喉の痛みようにシロップが処方された。あと、食欲が全くないということを彼が力説(しなくてもいいのに)したら、胃薬というか、食欲増進を助ける薬のようなものも処方してくれた。これは多分飲まないけど。

抗生物質の薬は一日一回夕食後ということなので、夜にならないと飲めない。漢方薬ももう尽きてきているので今はあんただけが頼りよ・・・という気持ちよ。効きますように。もう、今ほんっと疲れてきてるのよ。咳と喉にやられて。シャワーも1週間浴びてないしさぁ。げほげほげほ。頼みます、まじで!
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-27 16:52 | Other | Comments(0)

大根と蜂蜜

またしても病気ネタです。ごめんなさい。

昨日は結局彼がうちに帰ってきた午後11時半までソファでテレビを見つつ起きていて、レストランがどうだったこうだったと話を聞いて0時過ぎに寝た。

それで気づいたが、どうも寝ている体勢がものすごく辛い。喉が締め付けられる感じで、起きているときの方が唾やなんかが飲み込みやすい感じがする。(という理由で今寝ないでこんなことしてます。)一旦寝付いたのだけど、喉周りの腫れもさらにパワーアップしているようで苦しくて仕方ないので、目が覚めてから1時間ぐらい我慢してとうとう朝5時前にベッドを抜け出して日本の実家に電話をしてみた。

実家は鍼灸院なので、なんかいい治療法やらアイディアがなかろうかと思って。どこどこに鍼を刺してみろ、とか。

電話には母が出た。最初私の声があまりに低くて誰か分からなかったみたい。出ない声を何とか出して今までの経緯と現在の状況をかいつまんで説明してみる。やっぱりこっちにはない漢方薬の名前を言われたので、それでも何とかならないかと食い下がってみると・・・。

ま、最初から期待してなかったけどさ~。「大根と蜂蜜」ってのはないんじゃないの?そんなんで治ってりゃ苦労しないよ~(ToT)

母「そっちに大根はあるの?」
私「はぁ?なんで?」
母「大根があったらねぇ、1センチ角に切って、ほら、はちみつはあるんでしょ、蜂蜜も1センチぐらいになるようにして漬けておくとね、汁が出んのよ~。」
・・・・その汁で何をするのかもう覚えてないけど、このアイディアは却下。汁が出るまで待ってらんないし、ここで大根を探す方が難しい。

そしたら、
母「そっちに緑茶はあるの?」
私「あるよ」
母「そしたらそれを濃~~~く入れてね、うがいをするのよ」
私「・・・・・・・・・お母さん、今まで酢と塩を入れた水でうがいをしたりいっろいろやってだめなんだから、緑茶ぐらいで効くわけないっしょ!!そんな段階じゃないから電話してんじゃん!」
母「そうよねぇ~」

私「・・・・わかった。じゃイタリアの薬飲んでみようかな。」
母「そうだそうだ!それがいい。(あっさり)」
私「じゃあ、あとでAが起きたら相談してみるよ。」
母「そうだそうだ!」
私「そうだん(相談)そうだん(相談)・・・ははっ・・・(T∇T) ゥゥゥ・・・」

というわけで、あまりにのんきなアイディアばっかり出てくるので、結論は自分で出しましたとさ。

今まで漢方薬だけ飲んでいて、手を出したことがなかった日本のいわゆる「風邪薬」(元クラスメートが帰国時においていった)を飲んでみて、よくならなかったら、イタリアの薬を飲んでみる、ということにした。漢方薬以外の薬を飲み慣れてない私にとっては、最後の手段的決断なんだよなぁ。効いて欲しいなぁ。

たかが喉の痛み、と思えないのは、耳の下までリンパ腺が腫れているのと、義弟が喉からの風邪が悪化してえらいことになり、最終的に病院に運び込まれて喉を切開してもらうという事態になったことがあったから。でもいっそのこと今やってくれるんなら切開してもらいたいぐらいよ。その方が治るのが早いので。でもイタリアはそんなに簡単に病院に行けないので、まずは薬局に相談しないと・・・。

人が苦しくて真剣になっているってのに、Aは「お願いだから機嫌よくして~」などとのたまう。機嫌の問題かっ!ほっといてちょーだい。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-24 08:54 | Other | Comments(4)

お留守番(メ▼▼)y-.。o○

前項に書いたとおり、1日寝て薬も飲んだもののまだ喉が痛くて飲み込むのが辛い状態のため、結局今晩のレストラン行きは私抜きで行ってもらうことにした。悔しいので後で細かく報告させるべく、私のデジカメをちゃんと彼に託した。

私は昼間夢に出てきた豆とコーンのスープを作って食べた。(昨日ゆでておいたにんじんとブロッコリーも細かく切ってドバドバ入れたので、結局は野菜スープって感じ。)私はたまに食べ物がお告げのように夢に出てくるので、素直に作るようにしている。

余った豆とコーンはSpring onion(小玉ねぎにネギが生えたようなやつ)のみじん切りとツナ缶を混ぜてレモンとオリーブオイルと塩・胡椒で味付けしてサラダを作った。味見をしたら止まらなくなって、「これだけ食べられるんなら行けばよかったぢゃん(-゛-メ) 」と思い、途中でちゃんと自制した。

どうせ寝ても治んないしぃ~~・・・とコギャル風にぶーたれつつ、おもしろくないのでこれまでの時代の流れに乗り遅れた分を取り戻そうとネットであちこち見ていたら、なんとまぁ、

日本は桜開花予想なんかが出ているではないですか。

そうかぁ、春が近いのだねぇ。2月はほとんどうちにいたから全然気づかなかったYO。

ウェザーニュースによると、都心周辺は3月20日前後、地元はもう少し遅い30日前後になっているから、私の家族はちょうど桜が満開の頃に日本を後にして、私の結婚式に出席するためにイタリアに来ないといけないってわけだねぇ。なんだかちょっと可哀想。まぁずっといるわけじゃないからもちろん見られると思うけど。

ちなみにこちらの家の近辺にもサクランボの産地があって、日本の桜とは種類が違うとは思うけど、ちゃんときれいな花が見られるらしい。

あと、しばらく日本の芸能ニュースなんかを見ていなかったが、去年見て痛く感銘を受けた映画『バベル』が、あらあら、アカデミー賞の6部門にノミネートされていて、その一つが助演女優賞・・・って、あの役所さんを食ってしまっていた日本人の女の子(名前を初めて知った)を演じていた菊池凛子さんがノミネートされてんだ。ほーーー。っていうか、彼女が26歳だったことにもちょっと驚き。高校生の役でも全くおかしくなかったし、うまかった。よく考えると、ほんとに高校生だったらあの演技は無理だろうな。納得。あと彼女がちょっとぶっ飛んでいる感じの人なのにも驚いたけど、まぁありだな。あの役はある程度ぶっ飛んでて腹が座った人じゃないとできないと思う。他のノミネートされている人たちの名前や話題性がすごいので受賞はないと私は思っているけど、ノミネートは納得。よかったねぇ。

さーて、今頃彼ら(彼・お義母さん&パートナー)は何を食べてんのかな~。ちぇっ。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-23 20:49 | Other | Comments(0)

なにもできない

先週私がひいた風邪、あれは単なるリハーサルだったらしい。そうと分かっていたら微熱があろうがなんだろうがやりたいこと(特に洗髪!)をやっておけばよかった。

おとといから喉から鼻の内側にかけて腫れてしまい、痛くて唾も飲み込めない。2日間ずーーーーっと湯たんぽ+ホッカイロ×2個をお供にふとんの中で過ごして、頑張って汗もかいたのに、3日目の今朝になっても、熱が37.9℃→36.9℃になった以外は変化がない。同じ漢方薬を飲み続けてもいいのかもいまいち自信ない。

つばが飲み込めないので私の枕は気づくと水溜りができている(きちゃなーい。すいません)。

今日はいよいよ待ちに待った(?)パーティー会場候補のレストランに食べに行く日だっていうのに、前回の彼に引き続き、今回私が無理っぽい。最悪の場合、私抜きで、彼と彼のお母さんとパートナーの3人で行ってもらうしかない。切ないぜ。一昨日は味噌汁1杯のみ、昨日は昼・夜と雑炊(おかゆにねぎを卵をいれただけ)だったから、まともな物が食べたかったのに、こんな喉じゃなぁ。鼻も思うようにかめないので呼吸が辛い。

昨日、今日と予定のあったイタリア語のレッスンももちろんキャンセルした。まだ1回しか行けてないわよ(^^;)。あらあら。

今仕事をしていないから寝ていられる時間があるのはとてもありがたいのだけど、本当にやることが目白押しなので、早く治ってもらわないと後でエライことになるので困っちゃうんだよ~ん。あー、リンパ腺だか扁桃腺だか、痛いところ全部取ってしまいたい。

どうでもいいけど寝ている間にイタリアのプロディ首相が何でか知らんが退任していて驚いた。(結局再任するらしいが。)
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-23 09:33 | Other | Comments(4)

IKEAデー

今日はよく働いたよ!!

昨日は二人とも微妙な風邪に疲れて早々と寝てしまったので、今朝は日曜日だって言うのにゆっくりせず、朝からやる気満々で10時に行動開始。

まず近所のB.Panigale教会の向かい側にある花屋に、Comune(役所)での挙式時の装飾とブーケについてお願いしに行った。本当はいくらぐらいかかるか、とか、彼らがそもそも市中心まで出向いて装飾をやってくれるのか、ブーケはどんなものを作れるのか、など情報を集めに行くだけの予定だったのが、しょっぱなから花屋のおばちゃんのペースになり、結局いつのまにかそのお店にお願いすることになった。写真をいろいろ見せてもらったけどバラエティーに富んでいるし、なかなかよさそうなので安心してお任せできそう。

私はブーケについての相談を彼抜きで(なんでだろ?)改めてしに来てくれと言われて、イタリア語で話が分からなかったらどうしよう・・・と内心ヒヤヒヤなんだけど。でも、当日着る着物の写真を持っていったら、おばちゃんはすでにブーケのイメージができたらしく、のりのりで「こんな感じでいいわよね!細かいところはまた別の日に会って決めましょ!」と言ってくれた。

ところで、姉がオーストラリアでブーケを受け取ったのは確か会場に入る直前か、その前に車を降りたときか忘れてしまったけれどそんな感じだったので、私の場合も花屋さんが市役所に花を運んで来てくれるときに受け取るのかしら?・・と思っていたら、新郎が当日事前に受け取りに行って、会場で渡すんだとか。花屋さんからの帰宅途中にどうするのか疑問がわいて、また訊きに戻って彼が質問していたら、店内にいた客のおばちゃん二人が、『No,no!(←口パクと動作つき)なにお馬鹿なこと訊いてるのかしら!だめな新郎ね!!!」みたいな顔をして私の方を向き、「あなたは彼を待ってるのよ!」と諭されました(笑)。す、すんまそん!

今度は車でIKEAへ。

ソファベッドを買う話はまだ続いているのだけど、その部屋を全体的に改造する予定で、まず今日はパソコンデスクを購入。
f0077159_20241945.jpgコーナーに置くタイプで結構大きい。ちゃんと事前にメジャーで部屋の中を計りまくって、大丈夫!と確信してから購入。それに今の木の古い椅子の代わりに、合成皮革のソフトタイプの椅子も買った。


IKEAのお店では机の分はレシートだけもらって、近くの倉庫のようなところで受け取った・・・のだけど、大きすぎてなんと車にはいらなーい!どうにかこうにかお店の人に手伝ってもらいながら車の上部(スキーなんかを積める設備がついている)にくくりつけて一安心。そのあとお腹もすいたので家の近くのAgriturismo、"Le Londini"へ。パスタだけ食べようかなと思っていたら、メニューがあらかじめ決まっているところだったので、フルコースのようなメニューを2時間半かけて食べ、帰ってきたのは3時半すぎだった。

それからなんとエレベーターにも乗らないでっかい机の部品や椅子たちを、何回かにわけて休み休み4階の部屋まで二人で運んだ。絶対明日筋肉痛だと思う。

そして、夜8時までかかってようやく机といすの組み立てが完了!!!いや~、IKEA、安いけど組み立てるのが大変だよねぇ・・・。でも形になってよかった!

でもあまりに大変だったせいか、Aの咳がだんだんひどくなってきて、しまいには冷や汗をかき始めたので組み立てが終わってすぐにベッドにいってもらった。しかしなんだろうね、この風邪は?花屋のおばちゃんも1ヶ月治らなくて、ようやくお店に出てきたばかりだって言ってたし・・・1ヶ月もこんな状態だったら彼は死んじゃうよ、食べ物の味が分からないし(それが咳よりいやなんだって)。

幸い私は昨日の夜に汗をかいたせいか、昼に自制して食べ過ぎないように気をつけたせいか、今のところ症状は安定している。

ソファーベッドも、今日IKEAで新しい型のものがちょうど私たちが探しているようなものだったので、どうしようか迷っているけど、こんなに大変だったらちょっと買うのをためらっちゃうかも。

とりあえず、一応達成感はある一日だった。けど、疲れた~。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-18 22:58 | 結婚あれこれ | Comments(4)

レッスン再開

13日(火)、ITALIANO itという学校で初授業、イタリア語の授業としては約2ヶ月ぶりに再開した。

最初の話どおり、生徒は私のみで全くのプライベート。ただしもう少し私が授業を続けて文法を進めれば、もう一人シンガポール人の女の子がいるのでその子と一緒にできるかも、とのこと。プライベートの料金は今のところ払わなくてもよさそうなのでよかった。(まだ払ってない。)

先生はAnnaという若い女性(多分20代後半~30歳ぐらい)。なかなか経験がありそうな感じで安心した。

事前にもらっていたレベルチェックのテストを二人で添削しながら、これからどんなことを勉強するか確認。

当日から早速Congiuntivo(接続法)を使った表現を勉強した。

ここで、なぜかイタリアの郵便事情の話になり(Congiuntivoを使って「イタリアは~だと思う」という文を作っていたら自然に郵便の話になった^^:)、日本から荷物を送るときには「申告する品物の詳細は書いたらダメ」と教わった。ダメっていわれても、規則だし・・とか私は思ってしまうのだけど、

"EFFETTI PERSONALI"(個人使用物)

と書くだけでいいんだって!(ほんとかな)
そうしないと、私みたいに€200も税金でぶんだくられることになるんだとか。いろいろ生徒の問題を解決すべく郵便局やらなんやらに問い合わせをした結果、これが一番いいのだそうだ。いいこと聞いちゃった!先生ありがとう!でも日本の郵便局で「これなんですか?」とか言われてひっかかりそう・・・。

さて、本当は昨日もレッスンの予定だったのだけど、風邪ひいてしょっぱなからお休みしてしまった。で、Annaは忙しい先生らしくて、次のレッスンは来週木曜日になった。週3日は無理そうかなぁ。とりあえず結婚式1週間前までの予定でやってみます。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-17 18:30 | 働く・習う | Comments(0)

いい加減・・・

いい加減風邪以外の話を書きたいのだけど、いまだに彼の風邪っぴきは一向に消えうせる気配もなく、そうこうしているうちに私も怪しくなって、ここ3日ほど37度台前半をキープしている。でも彼のように咳・鼻づまり・のどの痛みなどはほとんどない。なんだかなぁ。どうやら今年の風邪は「アメリカ風邪」と呼ばれているらしく、ニュースでも「今年は中国からではなくアメリカからのインフルエンザが流行っている」と言っていた(らしい)。うーむ、ブッシュめ!(違う?)

さて、結婚式の準備の関係で、先週もいろいろ計画していたのにも関わらず、全てキャンセルしてしまったので、今かなり焦ってます。

なによりもまずパーティー会場のレストランを決めないと!!!そう、まだ決まってないのですよ。やれやれ。

どうも、ほぼ決まりにしようと思っていた「La Lupa」が人数や音楽にものすごくうるさいという点に納得がいかず、今週水曜日(バレンタインデー)にAが病気だってのに意を決して二人でもう一つの候補である「I Salici」というAgriturismoのレストランを見に行ってきたのだけど、二つ比べても五分五分で、ただし「I Salici」では実際に食事をしたことがないのだけが最後にひっかかっていて、どうしても決まらない。

場所の美しさと料理の質が保障されている点では「La Lupa」。あとここはコストの概算を出してもらっているので、実際にいくらかかるかというのも現実的に考慮できる。

人間的な暖かさと、人数や音楽の演奏なんかで制約がない点では「I Salici」。コストは聞いた限りでは「La Lupa」よりも安めだけど、花の装飾のコストが含まれていないので、実際はどうなのかまだクリアーじゃない。場所の雰囲気はLa Lupaに比べると、より「Agriturismo」っぽい(「La Lupa」のほうがより洗練されてレストランっぽい)けど、それでもなかなか素敵なところだと思う。ただ見せてもらったメニューがあまりに「典型的な、ありきたりのボローニャ料理」がメインだったことが、Aにはひっかかったらしい。ただし、水曜日にご主人とお話させてもらったときには、「何でも相談次第でアレンジ可能」とのことで、メニューに関しても応用が利くとのことだった。あと、「I Salici」で実際に生産している自家製品があるので、それを引き出物にできるというのも、「La Lupa」ではできなかったことなので、今のところこの「Salici」に気持ちは80%ぐらい傾いている。

でも問題は、味。これを確認しないことには、どうしても決められない(特に彼が)。なので、「La Lupa」に返答を迫られ始めているので、明日は何があっても、二人が具合が悪くても「I Salici」に行って食事をする予定。もういいや、熱があっても。食欲がないわけじゃないし。ただし彼はここ1週間、鼻が詰まりすぎて「全く味が分からない!!!食べても無駄だ!!!」と一人絶望して騒いでいるので、もう一人お義母さんを一緒に連れて行って意見を聞く予定(笑)。

これでおいしくなかったら泣いちゃうよ~。

----------------------------------------------

な~んて書いて、いざ予約しようとしたら、明日はもういっぱいですってさ!( ̄▽ ̄;)!!ガーン
さあどうする!!わからーん!(平日はこの時期オープンしてないのだ~)
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-17 18:10 | 結婚あれこれ | Comments(0)

風邪が・・・

まだ治りません。Aの風邪。ついでに私もちょっと来てます(泣)

ということで、今日の予定(Aのお母さんと3人で引き出物用の○○お店訪問と、Pranzo用レストランのもう一つの候補でランチ)は朝Aの具合を見て即キャンセル。

せっかくの日曜日ですが、おとなしくしてます。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-11 22:22 | Other | Comments(2)

学校

書類の手続きや結婚式の日にちなども一段落してなんとなく心も落ち着いてきたので、学校にまた行きたいなと思っている。

More
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-10 11:06 | 働く・習う | Comments(0)