イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

カテゴリ:Other( 263 )

Looking back 2016&special meeting

f0077159_20160232.jpg
2016年も今日で終わり。年末はお店にかかりっきりでばたばたで自分の時間も持てず一日が無事に終わればいいというような状況だったので、年越しとか新年とか、まったく頭になかったんですが。そうかー、今日って日本では紅白とかやるんだなぁ。こたつの上にはみかんとトランプとかが置いてあってさ。お蕎麦食べてさ。やっぱり大晦日っていうとそんな絵が浮かびます。日本人ですね。

今日もお店ですが、超暇(笑)。なので軽く一年を振り返ってみたいと思います!

仕事面では本業の日本語がコースの割当授業数が少なく不完全燃焼に終わったものの、個人授業は楽しく充実してやらせてもらい、いずれにしても満足しています。来年はさらに楽しく役に立つ授業ができればなぁと思います。

反対にお店の方は主人の要望で夏と今月以降数ヶ月に渡って店番をすることになり、これがかなりヘビーでこたえました。お店にこもる間は個人授業をするのも難しく、生徒さんにも申し訳ない状態。これはまだまだ2017年も続くのですが、2017年中にいろんな目処が立てばいいなぁというのが今の望み。がんばります。それまで体が持つかな。

2016年で特徴的だったのが、一言で言うと「出会い」。新年から年末までいろいろ新しい出会い、懐かしい再会と素敵な出会いが続いてとっても嬉しかったです。心が満たされる感じ。

この一年を締めくくる出会いがクリスマス後にスイスからボローニャまで来てくれた20年ぶりに会う友人。20年前大学在学中に短期留学していたスコットランドの大学で約半年だけの友人関係だった4歳年下の彼女。私や同じ学科の日本人たちと仲良くなって何かって言うと一緒に行動していたので彼女とは日本に帰ってからも1年ぐらい連絡を取っていたのだけど、その後お互い忙しくなったせいか連絡が途切れ、、、。そして1ヶ月前、突然Facebookで『あなたはあの時の?」的なメッセージとともに再びつながり。12月半ばに「クリスマスの時期にボローニャにいる?彼氏と近場を小旅行するので、もしいたらボローニャに行こうと思ってるんだけど」とまたメッセージ。自由になる日が1日しかなかったのに、それに合わせて来てくれて、彼女たちが着いた日の夕方に会って一緒にディナーに行くことができました。

私はスコットランドの写真を日本の実家に置いてきてしまっているので、もうね、記憶がかなり曖昧なわけですよ。自分が撮った写真の場面とかは覚えているけど、それがいつ、どんな経緯でそうなったとか、そこで何をしたとかが濃い霧に包まれている感じ。20年前だし。と思ったら彼女がこれまた細かいことをよく覚えていてね。毎年一度はスコットランドに行っていたみたいだから場所とかもよく覚えているし、写真の裏に全部写っている人の名前と場所の名前が書いてあるので見れば思い出せるらしい。ともかく20年分のキャッチアップをして、お互いのパートナーも紹介できて、一緒に笑って飲んで食べて・・・楽しかったです。忙しくて最初は来てもらっても大した歓迎もできないからいつかまた・・・って言おうかとも思って半日ぐらい(笑)真剣に悩んだのだけど、来てくれて感謝です。

いつも支えてもらっている多くのみなさんに今年もたくさんのありがとうを。心から感謝します。2017年もたくさんの人にたくさんの笑顔を!をモットーに行きます!

どうぞ良い新年をお迎えください。

[PR]
by tomoky_ex | 2016-12-31 12:06 | Other | Comments(0)

夢の話

夫も含め私の家族はみんな、私が昔からよくおかしな夢を見ることを知っているのですが、この歳になっても相変わらずたまにおかしな夢を見ています。

これは録画でもして取っておいたらめちゃめちゃ面白い上に本でも書けるかもよ?という壮大かつ入り組んだ超大作(?)も時々あったりするんですが、もちろん朝起きてしまえば「すごかった!」という余韻が残るぐらいできれいさっぱり忘れます。なので作家にも映画監督とかにもなれない。ちぇっ。

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-09-12 23:32 | Other | Comments(2)

8月24日午前3時36分ごろ、イタリア中部のリエーティ県Accumoli(アックーモリ)付近を震源とするマグニチュード6.2の地震が発生したのはご存知の通りです。


Lazio州のAmatrice(アマトリーチェ)、Accumoliなどの村、その他Marche州、Umbria州の一部の村も壊滅的な打撃を受けて、これを書き始めた26日午後現在で死者264名とありましたが夜テレビをつけたら278名、番組終了前には281名に増えており、今後も数字が少し増えるかもしれません。負傷者も多数出ており、数千人が家に戻れず少なくとも1月辺りまではテント生活を余儀なくされるのではないかと予想されています。


ボローニャは幸い影響なく静かに過ごしています。ご心配くださった方々にお礼を申し上げるとともに、亡くなった方たちのご冥福をお祈りします。毎回テレビの報道を見るたびに胸が痛む、というよりは胸がふさいでしまい、悲しくて涙ぐんでしまいます。2011年の東北の震災にも重なってしまって。最近歳のせいか涙もろくていけません(汗)。



続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-08-26 22:55 | Other | Comments(0)

にっくき奴ら

f0077159_17354657.jpg


4月の後半に、冬の間荒れ放題になっていた花壇に花を植えました。気持ちの中ではもう「満を持して!」という感じで待ちきれなかったんですけど、その後雨がちの寒い日が続いてしまって、若干早すぎた感がなきにしもあらずですが、やっと庭に色がついて春らしくなりました。

今年は初トライのマリーゴールド↑。春の早い時期から他のおうちの庭に咲いているのを見て、これは良い!と思った花。春から秋まで咲いてくれる種類のようで頼もしいことこの上ない。

それから園芸センターの札にはZonaliとしか書いていなかったペチュニアに似た花。おそらくペチュニアだろうと思って去年に引き続き買ってます。↓

f0077159_1741830.jpg


あとは松葉ボタンの苗と、写真にはありませんがPariginoという種類のゼラニウムを数株。

f0077159_17414876.jpg



さて、どんどん大きくなって花をたくさん咲かせてねー!

と期待が高まったところで、あいつらが来たのです!!!

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-05-17 10:30 | Other | Comments(2)
f0077159_16531719.jpg



今年の正月に、久しぶりに顔を見せてくれた、近所の猫アンジェリーノ(本名不明)。

私たちが不動産屋に連れられて今の家を初めて見に来た時にはもう庭に我が物顔でくつろいでいた彼。

正月に見て以来、決定的に姿を見かけなくなったのでちょっとそんな予感はしていたんですが・・・・・

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-05-08 16:47 | Other | Comments(2)

帰ってきた車

かれこれ3週間ほどになっていた我が家のシトロエンC3さまの入院。

今年に入ってエンジンがかかりづらくなり、日に日に増していくエンジン掛けタイム(汗)。もう夫なんて毎回最後の方は息切れちゃってはぁはぁ言っちゃって、見ている方も発車するまでにぐったり疲れてしまっていたのでした。

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-03-12 11:29 | Other | Comments(0)
f0077159_0362812.jpg



そんなわけで(昨日の続きです)、町の中心に向かっててくてく歩いていたら小さいお店のショーウィンドーが目に入りました。

そこにはありとあらゆる靴や皮製品のお手入れ製品が並べてあったんですが、実は私、この数日ずっとあることに頭を悩ませていたところで。

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2016-01-31 15:36 | Other | Comments(2)

何かあるのがクリスマス

f0077159_54632100.jpg


昨日のSanto Stefanoの休日(26日)、風邪っぴきの夫は「熱がない」ことだけを心の支えに予定していた遠出を決行。ある場所に行ってきました。

さて、ここでクイズ。一体私たちはどこへ行ったでしょうか!ヒントは上の写真です。(わかったらすごい。笑)

いやね、昨日のことについて書こうと思ったんですけど、また後日にします。ちょっと今日いろいろありましてね・・・。

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2015-12-27 21:34 | Other | Comments(2)

なぜか壊れる秋

f0077159_6112995.jpg

なんちゃってスマホで撮った秋の空


相応のご無沙汰でございます。

「夏から今までのことを20文字以内で説明せよ」という問いには、「夏からこっち、いろいろありましたよ。」という答えで済ませたい(笑)。

いやーなんか毎年いろいろあります。

例えば9月の初めに突然私の携帯電話がおかしくなったこととか。

続きを読む
[PR]
by tomoky_ex | 2015-11-21 18:18 | Other | Comments(8)

は、発見!

もうひと月ほど前になりますか、友人のおうちにお邪魔して特製餃子と炊き込みご飯をご馳走になったのですが、その時にもともとはボローニャの郊外に住んでいた彼女とバスの話になりました。

彼女も郊外を走るバスに乗ってボローニャによく来ていたのですが、ふと「TomokyちゃんとこのZone5(距離で決められたゾーン)も、10回券てあるでしょ?」と質問を投げかけてきたのですが、そんなもの私のZoneの切符では見たことも聞いたことも考えたこともなくて、逆に「(彼女の住んでいた)Zone2はあったの?」と聞き返してしまいました。

ちなみに私が知っている範囲では、定期券か、前売りのシングルの切符か、バスの中で直接買う切符のみ。

市街のバスになると、上記の他に10回券やエコチケットと言う半年のうちに20回使えるものなどいろいろあるのですが、Zone2以降になると種類が減るんだと思っていたのです。

というのは、今の家に引っ越した時に、夫の友人夫婦が正に件のバス会社の社員なのでどういう切符で行き来するのが一番いい方法なのか助言を求めたんです。その時、ちーーぃっともそんな10回券とかの話は出てこず。

ともかく友人の話ではZone2の10回券というのはあったんだそうで、「これは聞いた方がいいよ!」という結論になりました。

もちろん聞いてみるー!

と、半信半疑でチケット売り場に行き、「あのぅ、Zone5の10回用のチケットなんて、存在しますか?」と恐る恐る聞いてみたら、売り場のオジサンが、

「ああ、Zone5はね、いくらだったかな・・・36ユーロですね。」

と!ふっつぅーーーに!!

心の中で「うっそーーーーーん!!!」と叫ぶ私(笑)。

もちろんその場で買いましたけど、嬉しさよりも、大後悔に押しつぶされそう!

だってね、前売りの切符が1枚4.5ユーロなんです。バスの中で買うと5ユーロ。そそそそそそれが、10回で36ユーロですってぇぇぇぇ!!!1回3.6ユーロ(しつこい)!!!

この3年以上もの間、トータルでいくら損したのか私は、と言う話ですよ!!!あきれて頭くらくらしましたよ、本当に。

ちなみにZone5の切符は、出発地からボローニャの到着地までしか有効ではなくて、そのあと市内のバスも利用する際は、別に切符がいるのです。(これも私の読み間違いだったりしてね・・・ふっ)

なので、毎回午後に自宅から夫の店に行く時は、€4.5+€1.2=€5.7(たまに前売り券をうっかり切らしていて€6.2)を払っていたのですね。それが€3.6+€1.2=€4.8になるっていうのはものすごぉーく大きいと思うのです。

いやー本当に青天の霹靂とはこのこと・・・・・

果てしなくローカルで私的な話ですいません(笑)。あまりにショックだったものですから。はぁ・・・=3

あとで夫に興奮してこの話をしたら一言、「え?今までに一度も確認しなかったの?」と冷めた口調で言われました(怒)。君、知っていたのなら教えてくれたまえよ!知らなかったくせに!君の友人達に教えてもらったとおりにチケット買ってたのに。ぷんすか。
[PR]
by tomoky_ex | 2015-04-12 01:48 | Other | Comments(4)