イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ヨーロッパで一番高い滝 - 旅行12日目 -

f0077159_22241889.jpg


居心地の良かったGran Sassoの宿を離れる日が来ました。

まだこの後3日放浪する予定だったものの、ここの自家製ペコリーノチーズがおいしかったのと、みなさんに本当に良くしてもらったので何かプラスになればという意味もこめて、真空パックのペコリーノを一つお土産に買いました。本当はトマトも買って行きたかった!おいしかったなぁ、トマト。

ついつい宿のおにーちゃんと長話になってしまったりして、おにーちゃんとおかーさん(アンナ)に見送られながら宿を出発したのは10時半近く。この景色↑ともお別れ!寂しいなぁ。



前日と違って雲がちょこっとだけかぶった山。高速道路に入ってからもしばし山の景色を心に焼き付け。

f0077159_2234513.jpg


グランサッソに別れを告げ、向かったのはウンブリア州の町テルニから7km程南東にあるCascata delle Marmore。ヨーロッパで一番高さのある滝だそうです。

この滝、水の放流時間が決まっていて、この時期は午前中の放流が午後1時までということだったので、その前に到着しようと言っていたのですが・・・。もっと早く宿を出るはずだったのに遅くなってしまった上、計算していたよりもだいぶ距離があって思わぬ時間がかかってしまったのでかなりギリギリ。運転中もかなり焦っていましたが、着いてみると駐車場が満杯。何度も同じ道をぐるぐる周りつつ、やっと車を停めたのが午後12時半過ぎ。

急いで入場チケットを買い(誰も入場チェックしなかった・・・)、展望ポイントへ足早に向かいます。

滝の上のレベルから、下へ降りる道を下っていくと、滝はまだ見えないもののきれいに虹が。

f0077159_22343461.jpg


そして・・・・はぁ~、よかった、間に合った!やっと滝にお目にかかれました。この水量、ちょっと覚えておいてくださいね。

f0077159_2234598.jpg


一応午後1時前に滝が見られたので一安心。この展望ポイントは一番高いところにあるのですが、いくつか他にも展望ポイントがあるというので、水が放流されている間に下にも下りてみることにしました。

下りていく間に、何人も顔を真っ赤にして立ち止まり、息をハァハァと荒げて休んでいる「上り」の人に遭遇。なんか嫌な予感がするなぁ・・・。下りるときにはそれほど大変でもないので、急いでおりて行きます。それでも15分ほどかかり、下の展望ポイントのある公園へ到着。

午後1時を少し過ぎていましたが、それでもまだ滝は水量もあってものすごい水しぶき。遠くにいても細かい霧のようなしぶきが舞っていて、思わず「α波(アルファー波)・・・じゃなくてマイナスイオンがいっぱい!」などと思う私は日本人・・・笑。

高さ165mあるそうですが・・・帰りの上りは本気できつかったです・・・。やっぱりね。

f0077159_22353135.jpg



もともと古代ローマ人が紀元前271年に作ったのだそうですが、その後なんども上流の洪水を避けるために水路を変えたりいくつかに分けて流したり手を加えて、今のマルモレの滝があるそうです。人口の滝なんですね。

下の公園からの様子↓(ちなみにわたくし、日本語のしゃべれない夫と一緒ですので、あくまでも一人でぶつぶつしゃべっております。いやーん)



最初の滝の写真と比べると、だいぶ水量が減っているのが分かるでしょうか・・・。分かりづらいですね^^; 上流で水量を徐々に減らして最終的にストップするようです。

この滝はテルニの町(周辺)へ電気を供給する大切な役割も果たしています。電気を制限する関係で放流も時間が決まっているんでしょうね。

↓電力会社の施設
f0077159_22361769.jpg



このあと、無事にフォリーニョという町の郊外にあるB&Bにも到着(道に迷いましたが)。

ここはキッチンもついている小さなアパートのような仕様になっているところで、とーってもよかった。ここはまた是非泊まってみたい宿の一つ。

宿にあった自転車も自由に使って良いよと言われて、早速夕飯の買い物へ行こうと乗ってみたら・・・試し乗りして止まって、降りようとしたらなんとコケました。横にバタッと。止まっていたのにコケるのが私の得意わざです・・・・って、ありえません(TT) 。
[PR]
by tomoky_ex | 2008-09-10 22:42 | 旅とお散歩 | Comments(2)
Commented by ベッピーナ at 2008-09-12 20:19 x
すご~い!こんな所があるんですね。
写真見てるだけで、マイナスイオンをたっぷり浴びてる感じがします。
これが人工だなんて・・・。
古代ローマ人の技術って素晴らしい!
これだけ水量があるってことは上には大きな川かダムがあるんでしょうか?
Commented by tomoky_ex at 2008-09-13 03:57
>ペッピーナさん
そうだ!アルファー波じゃなくて、マイナスイオン!←バカ(汗)
私書き間違えてました・・・あとで直さなくっちゃ・・・(ありがとうございます)気を取り直して・・・汗
そうなんです、古代ローマ人はなんか何でもやったんですねぇ。
水源はPiediluco湖らしいですが、ダムがあるのかどうかは不明です・・・近くにはNera川、Velino川があるみたいです。