イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

オルヴィエト編 - 旅行2日目 -

今回、ちょっと長いです!

f0077159_5142125.jpg


宿での話はまた次の機会に書くとして、二日目の観光はOrvietoへ。(詳しい街の紹介はこちらこちらを。)

宿から車で走ると崖の上に広がるオルヴィエトの街が見えてきます。

前の晩宿の人たちに、「私達、雨カップルなんです~。今回はいい天気みたいですけど、これからどうなるか分かりませんよ~」なんて冗談を言っていたら、朝宿を出てから5分ぐらいで雨が一瞬パラついて二人で笑ってしまいました。その後は晴れましたけどね。あーびっくりした。



f0077159_515975.jpg丘のふもとにある鉄道駅から丘の上の街までケーブルカーで上ります。

ちなみにパーキングの脇にあるツーリストインフォメーションで、"Carta Unica"というパスを予め購入。このケーブルカーの上り下りから街のバス、主な博物館などに使えて、さらに食事処やお店の割引などもあってとても便利でした。ちょっとお値段高いですが、元は取れます。

ケーブルカーで上に上がった後、そのパスを使ってバスに乗りDuomo(大聖堂)のある広場へ。

噂には聞いていましたが、オルヴィエトのDuomoのファサードは、圧巻!の一言でした。

f0077159_5154598.jpg


写真一体何枚撮ったやら・・・。細かいところを見始めたらきりがありません。

f0077159_516289.jpgf0077159_5161671.jpg

一旦Duomo前のオフィスで『オルヴィエト・アンダーグラウンド』というツアーに申し込みに行き(これもCarta Unicaに含まれる)、ツアーの時間まで15分ほどあったのでまたしばらくDuomo前に座ってしばしファサードを眺めました。

中はね、写真が撮れなかったのであんまりよく覚えてないんです、実は(爆)。確か私好みの渋い内装だったと記憶していますが・・・こんなんでいいのか!Carta Unicaに含まれていたDuomo内部のSan Brizio礼拝堂のフレスコ画はじっくり首が痛くなるまで堪能しましたが、他は・・・・・・・・

えと、先に進みます(汗)。

f0077159_517952.jpgアンダーグラウンドですよ。地下です。地下に何があるかって?

いろいろあるんです。

冗談はさておき、この街、紀元前の時代から柔らかい"tufo"(凝灰岩)を掘って掘って掘りまくり、地下道、井戸、貯水槽、洞窟のラビリンスが地下に広がっているんだそうです。ツアー前はそんなことは知らず、ただの地下道めぐりみたいなものかと思っていました。


申し込んだ人のみこの地下通路の入り口がある公園に入ることができます。崖に面しているんですが、思わずあまりの景色のよさにツアーだということを忘れて足を止めて写真を撮ってしまうほど。

f0077159_5175176.jpg


おっといけない、ついていかなくっちゃ。

f0077159_5182391.jpgというわけでガイドのお姉さんに連れられて洞窟へと踏み入れたのですが、正直私アンダーグラウンド、なめていたようです。ここにも書かれているんですが、オルヴィエトの街の下には1200もの洞窟というか空洞?があるんだそうですよ、奥さん!!正直想像つきません。ただし、その中で実際に一般に公開されているのはたったの2~3ヶ所だけなんだそうですが。

f0077159_519467.jpgf0077159_5225347.jpg紀元前に掘られた井戸(左)と、中世にオリーブ精製所として使われていた一画(右)。オリーブ油を抽出するのに気温が常に一定な地下は最適だったのだそうです。

そして下の写真はなんと鳩の飼育小屋として使われていた一室。その鳩を売ったりしたそうです。えっと、もちろん食用に・・・・。

この部屋はさらにおもしろい逸話がありますが、長くなるので割愛。

f0077159_5232311.jpg


ところどころ大きな穴があいて窓のようになっている洞窟。実は数年前にがけ崩れがあって端のほうが削られてしまっているところだったりします。後で補強されたそうですが、こんな天然な穴がいくつもあるのかと思うとちょっと怖いです。だってオルヴィエト、一番長いところでも2kmぐらいの小さい町なんですよ。もちろん今は現在ある穴を広げたり新たに掘ったりするのは禁止されているそうです。

f0077159_523387.jpg


でも大戦中は攻撃を免れていていたオルヴィエトの町に、丘の下の家を失った人々が避難しに来ていたそうで、この穴たち、防空壕としても利用されていたそうです。紀元前からオルヴィエトの人たちには利用価値の高い穴たちだったんですね・・・。

つい興奮して穴の話が長くなりました。

この後お昼ご飯を食べてから、腹ごなしに高いところへ。Moroの塔へのぼります。

塔と、

f0077159_1844359.jpg


その景色。途中までエレベーターがあったんですが、夫が階段で行くっていうもんだからつい私も・・・。旅行中は体力不足がこうやって解消されていくわけですね。

f0077159_1855054.jpg


お次はDuomo前のFaina宮にある博物館へ。Faina氏の集めた考古学的に価値のあるコレクションがこれでもかというぐらい並んでいる博物館でなかなか楽しいです。

が、この博物館の一押し(?)は、窓から眺めるDuomoではないかとわたくし思います。

f0077159_525188.jpg


2階、3階の窓からのぞくファサードは高いところにより近く、かなりの迫力。細部も楽しんで見ることができます。そんな観光客のために(?)3階のDuomo前の窓はベンチが設置された通路になっていて、静かにゆっくりファサードにひたれます。博物館見学後の疲れた足にもちょうどよく、しばしぐったりゆっくりしました。

Orvietoの街もとても素敵です。

f0077159_5254175.jpgf0077159_5255737.jpgf0077159_5261296.jpg
f0077159_5262786.jpgf0077159_5265532.jpgf0077159_5271018.jpg


かなり疲れてきたので他の博物館などは端折って、ケーブルカー乗り場に近いサン・パトリツィオの井戸へ向かうことにしました。

じゃ、またDuomo前からバスに乗るか、と歩いていたら、テレビの前に微妙な人だかりが・・・。

あー、オリンピックの開会式がやってる~!ということで、私たちも足を止めたんですが、すでに最後の方だったのですぐ諦めました。今回の旅行、オリンピックの日程とかぶりまくりで思うように観られなかったことだけが心残りです・・・楽しみにしてたんだけどな~。

f0077159_5292947.jpg


気を取り直して、サン・パトリツィオの井戸。

f0077159_5295447.jpg


内部の建築がとてもおもしろくて、下りる人と上る人がすれ違わないような螺旋階段になっています。明り取りで空いているたくさんの窓もいい感じです。

f0077159_5301925.jpgf0077159_5305315.jpgf0077159_5311630.jpg

が、深さ62m、微妙に斜めに傾いた248段の階段を上り下りするのは結構体力要ります。一度中に入ったら最後まで下りて、また上るしかないので、お年寄りとか大変かも・・・と思ったり。

内部の様子↓。首を右に倒してご覧ください。(ビデオだということを忘れて縦に撮ってしまって・・・ばかばか。)


上りではかなり息が上がり、2度ほど休んでやっと外に出てこられました。体力なさすぎ。とほほ。

外に出ると目の前には公園があり、先ほど博物館で見た「再現ビデオ」の実物が。紀元前に建てられた神殿の遺跡です。ちゃんと残っているんだなぁ。

f0077159_532158.jpg


ケーブルカーの入り口を過ぎて反対側に入り口のある公園。もともと要塞のあったところで、そのまま要塞も残っています。もちろん眺めは抜群。

f0077159_5322628.jpg


要塞側から眺めたサン・パトリツィオの井戸。こんな崖っぷちにあったんですね・・・。

f0077159_5324920.jpg


見所満載の街でしたがなにぶん暑くてだるくなり、公園でまったりしたあとは宿に戻り昼寝しました。笑

※次回は短い予定!
[PR]
by tomoky_ex | 2008-08-26 11:30 | 旅とお散歩 | Comments(6)
Commented by Mari at 2008-08-26 18:47 x
すごーい!!
アンダーグラウンド体験、読んでいるだけですごくワクワクしたよ~!!
そして、サン・パトリツィオの井戸も素敵~ 写真がすごく神秘的!!
本当にブログを読んでいるだけで疑似体験した気分になってまーす!!
早く続きが読みたいよぉ~!!
Commented by tomoky_ex at 2008-08-26 19:04
>Mari
コメント早!!ありがとう~~~!!
そう言ってもらえるとすごく嬉しいわん♪
Orvietoは実際にアンダーグラウンド体験してほしいと思うぐらいおもしろかったのよ。それが伝わって嬉しいな。
Commented by みゆ at 2008-08-26 19:35 x
噂には聞いてましたが、オルヴィエートって本当に素敵な街ですねー!
写真を撮りまくってしまう気持ち、分かりますっ!!
あ~このDUOMO見に行くだけで価値ありそうだし…
縦向きの動画も、縦向きならではで奥行と底の深さが伝わってきて、とっても分かりやすかったですよ♪
Commented by もりりん at 2008-08-27 13:25 x
貴重な映像に大興奮!それにしても、あの暗さで良く転げ落ち
なかったね・・えらいえらい!
小さい街とはいえ、歴史ある落ち着いた雰囲気が良いですね。
景色までも落ち着いていて、眺めていて飽きないわーーっ
Commented by tomoky_ex at 2008-08-27 20:12
>みゆさん
私も噂に聞いていてずっと行きたいと思っていたんですが、素敵でしたよ~^^
みゆさんも行かれたシエナのDuomoも素敵ですけど、オルヴィエトも見る価値あると思います。
あ、縦でもそんなこと言っていただけて^^;・・・ほっ=3 嬉しいです! 
Commented by tomoky_ex at 2008-08-27 20:14
>もりりんさん
実はサンダルの足音がバッタンバッタン言ってるのは私です(笑)。落ちなくてよかった^^えへへ。
オルヴィエトもそうですが、あの周りは本当に中世の落ち着いたたたずまいの町が多くて飽きません。まだまだ見所ありそうで楽しみです。