イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ボローニャのワイナリーめぐり - Cantine Aperte 2008

f0077159_53481.jpg


今年もやってまいりました。1年に一度のイベント、Cantine Aperte。イタリアのMovimento Turismo del Vino(ワイン観光事業運動団体?)が主催していて、各州ごとにメンバーになっているワイナリーがこの日はそれぞれのCantina(ワイン貯蔵倉庫)を一般に開放するというイベントです。普通はワイナリー毎にワインを試飲させてくれるほか、製造過程の説明つき工場内ガイドツアーや生バンドの演奏などを企画したりするところもあり、一般の人が楽しめるようになっています。ワイナリーにとっても自分達のワインをこの日1日たくさんの人にアピールする機会でもあります。

普段は行けない、またはスーパーでは見つけることのできないワイナリーのワインを一度に試すことのできる滅多にないチャンスなので、この日を心待ちにしている人も多いはず。もちろん私もその一人です(笑)!ワインと一緒に楽しめるチーズやハムなどのおつまみも逃せません。Emilia RomagnaはParmigiano Reggianoが協賛しているらしく、どこに行ってもパルメザンチーズが楽しめますし、生ハムやモルタデッラもEmilia Romagna産なので、テーブルに載っている事が多いんです。こういうときボローニャっていいところだわ~と思います(笑)。他の州のCantine Aperteに行った事がないので他はもっとすごいのかもしれませんが・・・。

今年は夫の友人カルロが一緒に行くというので彼の車に乗せていってもらいました。心置きなく飲めることになって(?)夫は嬉しそう(笑)。でもカルロはのんびり屋というか時間にルーズというか、時間通りに来た事がなく、案の定30分ほど遅れて到着。いつものことなので予想はしてましたが、通常このCantine Aperteは午後6時終了とのことで、出発が午後3時近くなってしまって予定通りワイナリーが周れるのかちょっと心配しました。が、結果オーライ049.gif



まずは去年周った時に一番おいしくて、絶対また行こう!と決めていたワイナリー、Beghelli Giuseppe(ベゲッリ・ジュゼッペ)へ。家族経営の小さなワイナリーなんですが、まじめに仕事してるなぁ・・・という感じでお気に入りのところです。ボローニャから西に35kmほどのCastello di Serravalleという地域にあります。

f0077159_5345388.jpg私達が着いた時はこのサイクリング仲間みたいな人たちしかいなかったのですが、少しすると人が増えてあれよあれよとこの小さい部屋が埋まってしまいました。小学高学年~中学生ぐらい?の子供たちがかいがいしくお手伝いしているのがほほえましかった。

こちらでまず試飲したのは白でD.O.C.(D.O.Cの説明はこちらピニョレット(発泡のものとそうでないもの)、ソービニヨン、赤でカベルネ・ソービニヨンとバルベーラ。去年に比べるとちょっと風味が薄い感じがしましたが、白も赤もまあまあで外れがない印象。こちらは無料で試飲できるもの。さらに1ユーロ払うとRiservaと言って通常よりも長く熟成させたタイプのワインが試飲でき、私達のお目当てだったバルベーラRiservaも試飲しました。もう1種白のRiservaがあったのですが頭が「バルベーラ!!!」だったので名前もみなかった・・・反省。きっと白もおいしいはず^^;。ここのBarbera Riservaは他に試飲したワインの味が霞んでしまうほどレベルが違うおいしさなんです。今年も印象変わらず。

結局自分達用に気に入ったSauvignon1本とBarbera Riserva2本+スイスの友人用に1本と合計4本お買い上げ。1本3.5ユーロ、Riservaでも6ユーロちょっととお値段もとても安いのが嬉しい。

ちょっと霞んでいますが、お天気もだんだん良くなってきました。

f0077159_5351948.jpg


景色を楽しみつつ、次の場所へ移動。
f0077159_5353899.jpg


お次は同じCastello di SerravalleでもFagnanoという地区にあるワイナリー、Vallona。ここは正に”Cantina”を開放!って感じでした。タンクの合間におつまみのテーブルも置いてあります。

ワインは白がスプマンテBrut、ピニョレット他、赤がメルロの樽で熟成させたもの、カヴェルネソーヴィニョンの普通のものと樽のもの(だったかな?)などがあり、メモしておかなかった私は詳しく覚えてません(爆)。すいません。食いしん坊&飲兵衛のカルロが全部試飲していましたが、ここは赤よりも白!とのことでした。確かに。白は外れがなかったです。私の試したメルロの樽のものは、樽の木の匂いがきつすぎて逆に「ちょっと・・・」という印象。ワイン自体は悪くないのでもったいない。ちなみにこちらは全て無料でした。

f0077159_5413949.jpgf0077159_5415875.jpgf0077159_5421463.jpg

ここでワインをゲットしてうろうろしていると、日本人の女性発見。しかもどこかで見たことがあるのに誰だか思い出せない!夫が「あっちが覚えているかもしれないから知らんぷりして前を通り過ぎてみなよ」というので、そうしてみました(笑)。すると、あちらが私の顔を見て気がついてくれました。ははは!よかった~。以前同じ語学学校に通っていたことがあって、私の友人の友人だったYさんでした。今はボローニャでお仕事をしているとのこと。再会する約束もできてとてもラッキーでした。

そんな話をしている最中に、なんと後ろから赤ワインを引っ掛けられるというハプニングが008.gif・・・。若いイタリア人の女の子が友達とふざけていた拍子にワインをこぼしたみたいなんですが、私のベージュのパンツの上部と膝の後ろの辺り、それにT-シャツの下のほうに紫の染みが~。冷たいし目立つし・・・ちょっとショック。ま、気にしないで次に行きましょう!

夫たちの友人カップルElenaとArbiも到着して5人で次なる目的地、Ca'SoaveというAgriturismoへ。Vallonaから目と鼻の先です。

f0077159_5453178.jpg


結構期待して行ったのですが、ワインはどれも「??039.gif」・・・。音楽の演奏やソムリエの説明も聞ける催しなどがあったのですが、ワイン自体あまり魅力のあるものではなくて早々に後にしました。残念!

ここで、行きにくいんじゃないかと思って最初には予定していなかったワイナリーへ行くことに。Elena&Arbiの友人でソムリエをしている人が薦めてくれたそうなので期待大。カルロのナビを使って行ってみたら意外にCa'Soaveから近く、2kmぐらいでした。

Monte San Pietro の Mongiorgio地区に位置するワイナリー、Isola

f0077159_547493.jpgf0077159_5472496.jpgf0077159_548533.jpg

こちらも小さいワイナリーながら、たくさんの人が楽しんでいました。近くに小川が流れていてのどか。残念なことに夫たちの別の友人が次の目的地で待っているという連絡が入り、ゆっくり試飲している時間がなかった!!なんてこった。

それでも夫やElenaと別々の種類のものを味見しあいながら、全てに合格点。料理によって合う合わないはあると思うけれど、どれも「うん、おいしい」という感想でした。

f0077159_21205118.jpg



味見もそこそこにここでは気に入ったカベルネとメルロ、シャルドネを1本ずつ買いました。ここも1本4~6ユーロぐらい。

(Az.Agr. ISOLAの住所などはこちら。)

そしてまたまたカルロのナビに助けてもらいボローニャに程近いZola Predosaという地域に向かいました。丘をつっきって行ったんですが、いやぁ景色がすばらしい。急いでいたので車を止めて写真を・・・なんてことができず諦めましたが・・・。ボローニャにもまだまだ未知なる絶景があるんですね。

さて、向かった先はワイナリーTERRE ROSSE

もう午後6時もとっくに過ぎていたので閉まってしまうんじゃないかと心配になりましたが、まだお客さんもたくさんいてどうにか試飲にも間に合いました。待っていたルカは全部試飲したのかな・・・と一瞬思ったけど、あれっ、彼アルコール全くダメな人だよね??何してたんだろ。あ、私達が来る前にバンドの演奏があったって言ってたけど、それ聴いてたのかな(笑)。

f0077159_5484919.jpg


こちらも赤、白5種類ずつぐらいあって、他のところにはなかったPinot種を試したりしましたが、まぁまぁ・・・という感じでした。悪くはないけど特に素晴らしいこともなく。

f0077159_549735.jpg


時間も時間だったので、少しだけ試飲して立ち話なんかをしてから本日のワイナリー巡りを終了しました。

というわけで、今年も金メダルに輝いたのはこちら↓
f0077159_19232851.jpg


BeghelliのBarbera Riserva、でした。大人買いしたかったです・・・・。
[PR]
by tomoky_ex | 2008-05-26 14:29 | | Comments(16)
Commented by Satoko at 2008-05-27 00:59 x
いいな、いいな。
飲兵衛の私にはたまらん!
一緒に行きたかったよぉ。。。。。(涙)
そのBeghelli Giuseppe良さそうだね。
今度行ってみようっと。情報あんがとー!
Commented by piccolipassi at 2008-05-27 01:47
こんばんは!
妊娠→出産(授乳中)はお酒が飲めなかったので、だいぶ飲めなくなりましたが、基本的にお酒好きでございます。
トスカーナにもありますね、Cantine Aperte。残念ながら行った事はありませんが、昔はよくワイナリーに行きました(思えば遠い昔です・・・)。
アリリンがいるので、なかなかこういったイベントからは足が遠ざかっているのですが、記事を読ませて頂いているうちに、血が騒いできてしまいましたよ(笑)。いつか、ボローニャのCantine Aperteにも行ってみたいです。
Commented by tomoky_ex at 2008-05-27 05:36
>Satoちゃん
私も是非一緒に来てもらいたかったよ~(><)今度行く時私も連れてって?なんちゃって!^^
ワインだけじゃなくて景色もきれいだからきっとお客さんと一緒でも楽しめると思うよ~。また一緒に行く機会があればいいね!
Commented by tomoky_ex at 2008-05-27 05:46
>piccolipassiさん
こんばんはー!コメントありがとうございます!
私も量は飲めないんですが、好きなんですよね~。
ワインの名所トスカーナにお住まいなので、おいしいワインにたくさん出会っているんじゃないでしょうか?Cantine Aperte、驚いたことに赤ちゃんや小さいお子さんを連れた家族をたくさん見かけました。ブドウ畑のある場所は景色もきれいなところが多いですし、意外とドライブ気分で家族連れでも楽しめるのかもしれませんね?ボローニャも是非是非!(逆に私はいつかトスカーナのCantine~に行ってみたいです・・・)
Commented by hiropao at 2008-05-27 14:45 x
おいしそ〜〜〜
私が全部試飲したら真っ赤になっちゃって大変だけど、飲んでみたい。。。
この辺りいい所(おいしいもの+きれいな景色)たくさんあるね。
Commented by もりりん at 2008-05-27 14:47 x
ともちゃんワインの事、かなりマニアックになってきたね。
読んでいるだけで(よだれをたらしながら)お勉強になります。
素朴な景色の中で自然の恵みにあふれたワイン・・大人買い
したくなる気持ちわかるよぉ~
Commented by tomoky_ex at 2008-05-27 16:40
>hiroちゃん
あはは、赤くなっちゃうんだよね。でも飲めるからきっと楽しいよ~。BOのDOCはピニョレットとバルベーラみたいで、いつも飲むMOのランブルスコとか見かけないの。普段と違うの飲めていいかも。
パオロはアルコール全くダメなの?
Commented by tomoky_ex at 2008-05-27 16:44
>もりりんさん
マニアック・・・ボローニャのワイン限定ですが(笑)!州によっても作っているワインが違うので、この日飲むのは大体同じ種類のものを各場所で比べるって感じなんです。楽しいですよ。カナダの大自然もいいですが、BOの丘も癒し系(?)でよいんです~。あぁ大人買い(まだ言ってる)・・
Commented by hiropao at 2008-05-27 20:41 x
アルコールがだめというか、あまり好きではないらしい。。。私だけが飲むのはかまわないみたいだから、運転手にもってこいだわ(笑)
Commented by me-a at 2008-05-27 23:33 x
ワイン、飲んでるねえ。ML通りだね(笑)酒祭り、行きたいなあ。最近控えてるのよ。金かかるから(そんな理由かい)赤ワインは高校の時にブームが去ってしまったので(おいおい)今は飲むとしたら専ら白ワインだなあ。最近赤ワイン飲むと、酔いはしないけど、次の日自分がとても酒臭いので、飲まないようにしてます。
Commented by tomoky_ex at 2008-05-28 05:32
>hiroちゃん
すばらしい!こういうときに持って来いだね(笑)!なんて、人さまをアッシー君(古っ)のように^^;ごめーん。
Commented by tomoky_ex at 2008-05-28 05:37
>me-a
いや、言わせてもらうと、今回は飲んでないの!舐めただけ~!ほんとほんと(^^;)おんなじか・・・
赤ワインのブームは去っちゃったの?赤でもスパークリングのものがこの辺りでよく飲まれるんだけど、それなら軽い感じだから次の日もそれほど酒臭くならないかも??可能なら持って帰るよ~、来年(笑)!
Commented by Miyasaka at 2008-09-11 21:18 x
2008年9月11日レンタカーをかりてCastell di SerravalleのBeghelli Giuseppe行きました。
カーナビがないので多少道に迷いましたが、ボローニャ(King Rose Hotel)を9:00a.m.にでて10:30 a.m.に着きました。Castell di Serravalleはインターネットでも検索できますが、ワイナリーが解らずイタリアのおばさんに場所を教えていただきたどり着きました。ワイナリーは閉まっていましたが、親切に店を開けていただきBarbera Riservaをただで試飲させていただきました。癖のない美味しいワインでしたが、家族経営のまじめな仕事をしているほのぼのとしてたワイナリーであることに感動しました。周囲の景色も素晴らしくまたボローニャに来る機会がありましたら是非行きたいと思います。
Commented by tomoky_ex at 2008-09-12 06:01
>Miyasakaさん
コメントありがとうございます。
そうですか!ということは、今日行かれたばかりということでしょうか?(日本時間の昨日?)とても小さいところなのでなかなか見つけにくいですが、私も実直な雰囲気も景色もとても好きで機会があれば何度でも足を運びたいところです。人に尋ねながらでいろいろと冒険(?)されたのでしょうね!
普段は閉まっていると聞いたのですが、開けてもらえるんですね。よかった!それなら私も1年に1度ならず行ってみたいです。
Commented by Miyasaka at 2008-09-15 19:13 x
今回ボローニャで会議があり参加することにしました。その理由は、ボローニャでヨーロッパ最古の大学が開かれ、医科大学で最初の人体解剖が行われ、しかもその教室が残っていること、Caspare Tagliacozzi、Marcello Malpighi等著名人がいたこと、このブログをみてBarbera Riservaを飲みたかったからです。Barbera Riservaを購入する方法。ボローニャの町にあるi で相談すること。この時期はブドウの収穫期で忙しいので開いているワイナリーはあまりないが、Dozzaには大きなワイナリーがあるからと勧められました。有料高速道路に沿ってTangenzialeというFree wayが走っていますので目的の1番でおりVia Nuova Bazzaneese SP569に乗れば、幾つかの方法でCastello di Serravalleに到着できます。ワイナリーであるBeghelli Giuseppeの店は閉まっていましたが、丁度奥様と息子さんが仕事から帰ってきた時でしたので店を開けていただくことができました。ボローニャの町から1時間ほど運転するとそこは別世界です。Sekai no watashi 様 良いワイナリーをご紹介いただき感謝しております。
Commented by tomoky_ex at 2008-09-15 20:35
>Miyasakaさま
こちらこそお役に立てて光栄です。
DozzaはCastello ~とまた反対方向でImola方面へ1時間ほど運転すると着く場所ですが、集落もとても素敵なところで、ここの有名なエノテカ(ワインの試飲&販売所)はEmilia地方とRomagna地方どちらのワインもよく揃っていて行く価値のあるところです。また機会があったら是非いらしてみてください。