イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

O夫妻との三日半 【3日目】

3日目のこの日はフィレンツェへ。

週末にかけてお天気が悪くなると天気予報で言われていたので心配していたのですが、朝はなんとかまだ青空も見えていい感じ??

地元の駅まで15分ほど歩き、ローカル線でボローニャ中央駅へ。前日切符を買っておく暇がなかったのでその場で切符売り場へ行きフィレンツェ行きの往復切符を買ったのですが、ここで落とし穴が。

私は以前語学学校の同級生がフィレンツェ行くためにユーロスターの切符を買った際、メインの「Firenze S.M.N.(サンタマリアノベッラ)駅」のほか、手前の「Firenze Rifredi」やFirenzeと名の付くその他の駅があることを知らずに電車に乗り込み、その電車はS.M.N.には停まらないものだったらしく、いつかはS.M.N.に停まると信じてそのまま乗車していたらいつの間にかローマまで運ばれていってしまったことがある(しかも2度!)のを知っていたので、もちろん切符を買うときに窓口のおじちゃんに

「フィレンツェ サンタ・マリア・ノベッラ行きのチケットを買いたい」

ってちゃんと言ったんです。それで安心していたら、乗った電車、S.M.N駅に停まらないやつだった・・・(涙)。聞いてなかったのぉ~~??Rifrediで降ろされたのが初めてだったので、ちょっと慌てました。ちゃんとローカル線に乗り換えてS.M.N.駅まで行ったけどかなりの時間のロスになってしまいました。それで帰りの切符を見たらちゃんとS.M.N.駅発になってんの。どういうこと??ちゃんと確かめなかった私も悪いけど、人の話は聞こうよ、おっちゃん!!

もう一つ、ユーロスターは予め席は予約しないと乗れないと聞いていたのに、買ったときに席の指定がなく、おじちゃんには「この切符は席の指定がないやつだけど、フィレンツェまで一駅だから、空いてる席があったらそこに座っちゃって大丈夫だからね。」と言われ、私も繰り返し確認して納得したので乗ってみると、空いてる席なんかありやしない・・・(涙)。いや、あるにはあったんだけど、座ろうとすると「ここ使ってます」とか言われ、めんどくさいので結局50分通路で過ごしました。こんなハプニングがありつつフィレンツェに到着(^^;)。

f0077159_692948.jpg





いやはや、イースター休み前(学生は真っ最中?)ということもあってすごい人出でした。

まずはドゥオーモのクーポラに上ろう、なんてドゥオーモに近寄ってみたらとてつもない行列ができていたので、とりあえず列の短かった洗礼堂の方を先に見ることに。

相変わらず床の古いモザイクや細かい天井画が素晴らしかった。

じゃぁクーポラへ行こうか・・・なーーんて、行ってみたら閉まってんの!整備だかなんだかでイースターが終わるまで上れないとか・・・がっくり。あのドゥオモ内の天井画がすぐ目の前で見られるので、是非彼らにも見て欲しかったので残念です。ドゥオーモ内部を見るのにも行列。

f0077159_632124.jpgf0077159_6323694.jpg

とりあえず並んでいたらいつまでかかるか分からないので、外からその辺りの写真を撮りつつ次の場所へ。この頃から雨もぽつぽつと降り始めました。

お昼ごはんにもまだ少し時間があるので、私には2度目のバルジェッロ美術館へ。

f0077159_6361611.jpg


以前行った時にはそんなに時間をかけずに見られたような記憶があったので、「お昼前にちょこっと見て30分ぐらいしたらレストランへ行こう」なんて言っていたら大間違いでした。細かく見ていたら2時間ぐらいかかりそうなぐらい結構見るものがあって途中であきらめたほど。フィレンツェは、本当にどんな美術館も侮れないと思った瞬間。

さて、お昼ご飯はバカの一つ覚えのようにいつものYellow Bar (住所:Via del Proconsolo 39r)へ。

f0077159_6445262.jpg


頼んだパスタが全部おいしくて、みんなで「うまいうまい!!」と感動しながらあっという間に完食。

食べている間に雨が止んでくれないかなぁ~、なんて言っていたけれどそう人生甘くない。どんどん雨もしっかり降りだして風も強くなってきました。

でも塔には登ってみたい・・・というO夫妻とジョットの鐘楼へ上ることに。

雨のせいかさっき見たほど行列も長くなく、それほど待たずに中に入ることができました。

f0077159_6522520.jpg


しかし連日の塔やら丘やらの上り下りで筋肉痛もあって、上りが辛かった!この時が一番きつかったと3人で合意。いやはや、でも上りきって隣のドゥオモやフィレンツェの町を眺めました。雨降ってましたけどね。しかも激寒で手がかじかむほどでした。

その後はシニョーリア広場を見物したり、

f0077159_656766.jpg


ベッキオ橋を見に行ったりしましたが、

f0077159_734517.jpg
f0077159_74443.jpg


どうしても寒くてついついカフェでお茶して時間をつぶしてしまうのでした。

で、また意を決して今度はバスに乗ってミケランジェロの丘、ではなく、その先のサンミニアート・アル・モンテ教会へ。

ここでは復活祭前ということもあって、特別なミサの真っ最中でした。司祭の話を聞いていても日本人3人「ぽかーん」という感じだったので、ゆっくりはせずに教会の中を後ろのほうから見回しただけで出てきてしまいました。ロマネスクの内装、私とっても好きなんですが、じっくり見てもらえなくてちょっと残念。まぁ特別な儀式も見られたのでよしとしましょう。

帰りの電車の時間もせまってきたのでこのあとはまたバスに乗り町へ戻りました。駅へ行くバスではあったのですが、とんでもなく回り道をするので時間までに着くか不安で、結局アルノ川の橋を渡ったところから駅まで歩いて行くことに。雨の中二人は一つの傘で頑張って歩いてくれましたが、ちょっとかわいそうだったなぁ。でもなんとか無事に電車にも間に合いました。

予定ではもっといろいろ周る予定だったのだけど、なにしろ雨とこの寒さ。これだけできただけでも頑張ったと思います。やっぱりお天気は大事・・・。

ボローニャ駅では仕事帰りの夫と合流し、夕飯にピザを食べに行きました。

そして、帰宅後夫が買ってきたイースターの卵形のチョコレートをみんなで開けてみました。

f0077159_7153515.jpg


中身はキリンのキーホルダーが入っていたのでそれはO夫妻の息子君に進呈しました。

O夫妻は夫が一緒のときは頑張って英語を話してくれてとてもありがたかったです。楽しかった3日間もこれで終わり。

翌日は予約しておいたタクシーがちゃんと時間通りにアパートの下にいてくれて、予定通り空港へ。夫は仕事があったので見送りにはいけませんでした。

チェックインまで少し時間がかかったものの、こちらも無事に済ませて、二人と一緒に最後の時間を空港のカフェで過ごしました。

実質3日半ぐらいしかない滞在だったけれど、充実の3日半でしたね。二人の去った後、私には楽しい思い出そして持って来てもらった日本食材と筋肉痛が残りました(笑)。O夫妻もさぞや疲れたことと思われます。お疲れ様でした!

空港からは1時間に1本しかないバスを45分間待ち帰宅。その後昼食を食べてから夫の店へ仕事へ行きました。休む暇なし~(--;)

少々お疲れ気味のまま、次の日マルケ旅行へ旅発つのでした。
[PR]
by tomoky_ex | 2008-03-25 21:19 | 旅とお散歩 | Comments(4)
Commented by hiropao at 2008-03-26 15:22 x
ぎゅ〜っとつまった三日半だったね。
お疲れさま!
短い滞在だったけど、お友達も満足して帰られたことでしょう。
私も日本の友だち遊びにこないかなと思うけど、来ない。。。
Commented by tomoky_ex at 2008-03-26 22:14
>hiropaoちゃん
ほんとに濃縮の3日間だったよ~。たのしかったけど、体力的にちょっとキツイね^^;でもやっぱり友達が来てくれると嬉しいものです。イタリア遠いから、なかなか日本からだと難しいのよね。
Commented by Sorella at 2008-03-27 08:50 x
懐かしいな、フィレンツェ。たかが一年前なのに、今はあの場所に行った事すら信じられない。今夜はピザにしようっと。
Commented by tomoky_ex at 2008-03-27 17:13
>Sorella
懐かしいでしょう~。(実は私は明日も行くけど・・・)
滞在が短かったしね・・・次来れるのはいつかわからないけどもうちょっと長くいていろいろ行けるといいね。まずは日本行きを実現させてね!
ピザ、ボナペティート~!