イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

健康保険

あと三晩寝れば日本行きの飛行機に乗っているTomokyです。準備は明日から・・・って言ってもお土産とちょっと服詰めれば終わっちゃいそうなんですけども。

さて、今日は午後休の夫について来てもらって、健康保険証を作りに行ってきました。

f0077159_5565728.jpg



バスでCentro(市中心)の保険機関へ。なんと地元の保険機関は規則が変わったとかなんだかで外国人に保険証を作ってくれないそうです。ま、いずれにしても今日の午後は閉まっていたので初めからCentroへ行く予定だったのだけど。

今回はもちろん滞在許可書があるので問題なく保険証も発行してもらえ・・・・・たようなもらえなかったような(笑)。というのはまたしても短期で6か月分のものしかもらえなかったから。住民登録がまだ済んでいなかったためで、次回は滞在許可証が切れるまでのものを出してもらえるそうです。

日本から帰ってきたら今度は『ごみ税』の支払いのために別の場所へ登録しに行かないといけないのと、後は何だ、身分証明書の作成か・・・。ぼちぼちやります。忘れないようにしないとね。




* * * * *

今日バスの中で夫が、「この前本の業者に行った時にあるものを自分のために買ってきからあとで見せるね。」となぜか得意気に言うので何かと思ったら、下の本。

f0077159_6303849.jpg



場面ごとに日本語の便利なフレーズが載っているもので、なかなか簡潔で見やすいし、おかしな日本語もなさそう(たまに外国の本の日本語訳って使えなさそうな表現が載っていたりするので)。

バスの中でも適当にパラパラ見ながら夫がアルファベットで音読して、私が「うんうん」などと応答して楽しんでいたのだけれど、夜もテレビに飽きた夫がまたじっくり読み始めました。で、私がパソコンを使っている横で、時々日本語のフレーズをつぶやいては「ふふふ」と一人笑ったりしていたのですが、結構聞いているとびっくりするような表現が出てくるので思わず「えー?」と本を奪って見入ってしまうこともしばしば。

例えば、突然
ときどき(マッシュルーム)をやります。
って。そのあと
ぶっとんでます。
見たら"Droghe"(ドラッグ)の項ってのがある。すげー、イタリア人旅行者、ドラッグにまで興味があるのかー。普通?

そうかと思うと、こんなページまで。(クリックするとちょっと拡大します)
f0077159_655052.jpgf0077159_6552915.jpg


ベッドインから帰国の際の別れの言葉まで至れり尽くせり。さ、さすが・・・。ちなみに左のページにある
肩の力を抜いてやろうよ。
という表現、イタリア語は何かと思ったら
"Il senso dell'umorismo puo' essere d'aiuto."

直訳すると、「ユーモアのセンスが助けになってくれるよ。」って。なぜ?

いやぁ、なんだかいろいろ笑えた。

ちなみにもちろんこんなことばっかりじゃなくて、食べ物の種類はこと細かに載っているし、なかなか興味深かったです。夫は肉の種類に比べて魚の種類のあまりの多さにびっくりしていました。

でも日本語の「勉強」にはならないかな~。ちょっとでもいろんな表現を覚えてくれるといいんだけど。ていうか、私のイタリア語にも役に立てろって?
[PR]
by tomoky_ex | 2008-01-17 21:29 | 手続き | Comments(4)
Commented by me-a at 2008-01-18 23:04 x
元生徒がこの類いの韓国語版持っててさ。しばらくはしゃいでましたよ、お坊ちゃんたち。でもそんなかしこまって言われても、って表現もいくつかあって、それも面白いよね。にしてもマッシュルームをやります、て(爆)
Commented by tomoky_ex at 2008-01-19 07:20
>me-a
いやぁ、最近のヒットだったよ~。さすがLonely Planetで細かいとこ網羅してて。韓国語もあの熱い国民には恋愛表現は欠かせないかもね(笑)私的には「ぶっとんでます」が大ヒットでした。
Commented by もりりん at 2008-01-20 00:46 x
なかなか笑える本・・1冊ほしいくらいだわっ
日本語も翻訳次第ですごい表現に変わるんだね。
飛行機の中でも十分楽しめる1冊かもよ。
Commented by tomoky_ex at 2008-01-20 07:47
>もりりんさん
コメント大丈夫でしたね!よかったよかった。
この本、びっくりする表現もありますけど概ねよくできてるんですよ。でも日本語とイタリア語の比較が面白くて(笑)。
日本には持って行きませんけどね^^