イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Degustazione・サルデーニャのワイン

昨日の夜は、Aのお店を手伝ってくれているLaraの知っているEnoteca(ワイン屋)兼レストランで、Sardegna(サルデーニャ島)のワイン3種をサルデーニャ料理とともに楽しめるというDegustazione(試飲・試食の意)があるというのでお誘いを受けて行ってきた。

Degustazione vini di SardegnaMenu'

*前菜として*
f0077159_2138594.jpgPane Carasau e insalatina al formaggio caprino
(サルデーニャ産の薄いパリパリした生地の塩味のパンにサラダと山羊乳のチーズを乗せたもの)


con(一緒に飲むワインは)
Vermentino di Gallura Superiore DOCG
cantina Giogantinu, Barchidda (Sassari)

(Sassari産白ワイン。やや辛口でさっぱりしていて飲みやすかった。)

*メイン皿*
f0077159_21391285.jpgPorchetta in crosta
(子豚の丸焼き・・・のはずなんだけど、昨日は事情があって、大人の豚さん使用とのこと)
con
Cannonau di Sardegna DOC "Anzenas"
cantina Dolianova Sant'Esu, Dolianova (Cagliari)

(Cagliari産赤ワイン。)

*チーズ*
f0077159_21401069.jpgTagliere di formaggi sardi stagionati
(サルデーニャ産塩味のチーズ2種)
con
Cannonau di sardegna Riserva DOC
"Cardeddu"
cantina Alberto Loi, Cardeddu (Cagliari)

(同上、Cagliari産赤ワイン。)

f0077159_21421310.jpgDolce & caffe'
(デザートとエスプレッソコーヒー。オレンジとレモンの果汁ひたひたの2種類のケーキが出てきた。見た目はよくないけど味はさわやかでそれほど甘くなくて食べやすい。でも半分はAにあげた。)




これだけ飲み食いして、最後にTシャツまでもらって全部で25ユーロはかなり安い。

サルデーニャのワインといえばCannonau(カンノナウ)が有名で、学校で使っていた教科書にも出ていたぐらいなのに、私は今まで試す機会がなかったので、今日はCannonauのために来たといっても過言ではないぐらい楽しみにしていた。アルコール度が普通のワインよりもちょっと高いので、リカーっぽい強い風味を想像していたら、全くそんなことはなくて、まろやかな味わいのあるとてもおいしいワインだった。まだの方はぜひお試しあれ。

しかしDegustazioneというから「試食」だと思って、そんなにたくさん食べないんだろうと思っていたら、「試」すのは飲むほうで、食べる方はどかーんと出てきて、すっかり食べ過ぎてしまった。ま、いつものことですが。Aは私が食べ切れなかった豚肉やらデザートやらを全て平らげ、とにかく出てきたものを全部食べつくしていたので大丈夫かなぁ~と思っていたら、やっぱり夜うなされていた。今晩の食事は軽いものにしよう。






ところで、昨日隣の席で微妙に酔っ払っていたLara。(それほど酔っていないかな?と思っていたら、あとでAが「今日は彼女は結構酔っていた」と言っていたので、どうやらかなり酔っていたらしい。)

彼女は私より3つぐらい年上なんだけど、いつもパワフルで二つのバンドでベースをかき鳴らす、どこか突き抜けちゃってるお姉さんという感じの人。

そのLaraが、突然私の首を羽交い絞めにして、隣にいたAに、
「ねえA、私、Tomokyに結婚前のパーティーしちゃってもいい?」
と交渉を始めた。

パーティーって、結婚前の男性が友達と独身最後の夜を楽しむのは英語でBachelor Partyだけど、女性のは何て言うんだっけ。全く考えてなかったから思い出せないや。とにかくそれをやりたいんだって、私の。

彼女、酔ってるし、「Tomoky、花嫁さんが結婚前にやるパーティー、知らない?ほら、男性ストリッパーとか呼んでさぁ~☆○※▲×」とか言ってるので、内心引きまくり。本気だったらどうしよう。

そのあともずーーっと「私のアイディアでやるんだからね。私にまかせて!!」と言っていた。うわーん、怖いよう!Aは男なのでもちろん来ない。助けなしかよ~!式の前なんか友人なんかも来るし忙しくてそれどころじゃないと思うんだけど、これも何かの縁なのでもし彼女が本気で計画したら行くしかないかなぁ、と自分を納得させ中。

ちなみに彼女はAの好きなバスケチームVirtusの宿敵である、Fortitudoのマークを胸に刺青入れちゃうほどのファン。昨日ももちろんバスケの話になり、おもむろに胸元をがばっと広げて刺青をAや他の友達に何度も見せていて、「私のチーム!!!」とアピール。私はそれをされた瞬間「えぇ~?」とかなり驚いたんだけど、みんな笑って見ていただけなので何とも思ってなかったのかなぁ。セクシーな割れ目が目に焼きつきました・・・。

あと、私たちと一緒に来た友人のCarloとRobertoが、Laraの彼氏を見た瞬間、「あれって俺たちの学校にいたOscarじゃないか?」「そうだそうだ、Oscarだ」といきなり同級生発見。もちろん偶然。Bologna、狭いよ。

ちなみにそのRobertoの奥さんTizianaとLaraは世代が微妙にずれているものの、日本のアニメ談義に花が咲き、「『キャンディ・キャンディ』の最後はどうなるんだ」とか、「『アタックナンバーワン』はよかったとか(よかったのか??)、「私のベストは『赤毛のアン』だ」、「いや、『ハイジ』がよかった」とか、二人で話がヒートアップしていって、私の知らないディープな話にまで行ってしまってついていけなくなってしまった。とにかく日本のアニメ(昔の)、いいってほめてもらっちゃった。私が作ったわけじゃないけど、私も見ていたアニメをイタリア人も見ていたと思ったらちょっと嬉しかった。

そんな夜だった。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-02-05 13:00 | | Comments(7)
Commented by at 2007-02-06 00:09 x
もし本当にいやだったら、きっぱりと「Ummm, I'm not interested, sorry」と断っておしまいなさい。
Commented by seiko at 2007-02-06 01:18 x
アタックナンバー1を知ってるとはすごいね!
私は大のアタックナンバー1好きです。マンガもかっちゃいましたが最後の1冊だけ買わずじまい・・・。やっぱりテレビで見るのがいいな~。また見たいよー!
Commented by tomoky_ex at 2007-02-07 21:37
>姉さん
英語ですか。それはちょっと無理かもしんまい。
でももう少し様子をみて、受け入れる余裕がなさそうだったら言ってみるよ。
Commented by tomoky_ex at 2007-02-07 21:40
>seikoちゃん
アタックナンバー1好きがなんとここにも??っていうか、seikoちゃんも若いのにあんなに昔のアニメを知っているのはなぜ?
ちなみに私は会話の中で「バレーボールの話」というヒントだけでタイトルを聞かれ、すぐに思いつかなかったぐらい縁がないです。私はやっぱり宮崎駿系の「ハイジ」とか、「ルパン三世」とかが好きだなぁ。って、そんなことはどうでもいいか?
Commented by seiko at 2007-02-08 01:30 x
若いって、ともこさんと変わらないよね?
アタックナンバー1はテレビで夕方見てたよー。小学生の頃。再放送だよね。あと、妖怪人間ベムとか。ハイジも好き!ルパン三世もまぁ好きです。後は、後は~って考えてると懐かしくなってきたわ。でもアタックナンバー1だけはもう一回見たい!っていうかDVDでないのかなー。絶対買いたい!ってこれもどうでもいいか。
Commented by tomoky_ex at 2007-02-08 23:03
>seikoちゃん
変わるよ!って、多分5こぐらい?
ってか、妖怪人間ベムって!!!懐かしすぎるよ!渋い路線のものを見ていたのだねぇ~。
Commented by seiko at 2007-02-09 21:48 x
渋い小学生だったのかな~・・・?(笑)