イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

会場探し2・ほぼ決定?

昨日はとってもすがすがしい青空の一日だった。気温も最高11℃まで上がったらしく、その前までの震え上がるような気温から抜け出してホッと一息つくことができた。

あいにく生理痛っぽくてあんまり体調がよくなかったのだけど、どうしてもこんな日に家にいるのが嫌だったし、せっかくのAのお休みの日ということもあって、外出決定。前から気になっていたSasso Marconi地域のAgriturismoを2軒回ってみることにした。といっても今回はただ場所チェックと、お店が開いていたら結婚式のPranzoについて情報をもらうのが目的なので、出る前にちゃんとお昼ご飯を食べてお腹を満たして行った。

お昼といえば、私がどうしても朝だるくてだらだらしていたら、Aが「君には肉が必要だ!僕が作るからもうちょっと寝てな。」と先に起きて料理してくれた。豚肉の薄切り肉に少量の塩をしたあと、小麦粉をまぶして、オリーブオイルとレモン汁で料理したもの(スカロピーネ)。それにサラダを添えて。食欲があまりなかったんだけど、ペロリといってしまった。感謝。

さて、昼食後、家の雑用をこなしてからいざ外出。Sasso Marconiはボローニャから車で15分ぐらいのところにある街なのだけど、横に丘陵地帯があって、ちょっと道を入っていくと急斜面になり、あっという間に山の上に行ってしまう。景色がとてもいいところなのでお気に入りの場所の一つ。

探していたAgriturismoの一つは、地図上では距離は大したことないと思ったのに、大通りから坂道に入ってからが結構長くて、いかにも山奥!というところだった。しかもたどり着いてみたら、冬休み中で2月24日ぐらいまでお休み・・・。ま、着く前から「こんなに山奥なのはちょっと無理だよね~」と話していたぐらいなので、パーティー候補地としてはボツ。夏の暑いときにさわやかな空気とおいしい料理を求めてまた戻ってくることにして、退散。

再度大通りに戻り、次なる候補地へ。こちらはそれほど山奥ではなかったものの、なにしろ急斜面。しかも着いてみたらどうも荒れた感じで、「人が住んでるのか?」と思ってしまうような感じだった。外から眺めてみたら、ちゃんとレストランぽいテラスとか、ウェブサイトで見たとおりの宿の建物があるので、ここに間違いないのだけど、やっぱり冬だからか閉まっていた。うーん、これって暗黙の了解なのかな?山の中のレストランは冬は閉まるとか。今回珍しく事前に食べてきていて本当によかった!!と心の底から思った私たち。っていうか、もし食べに行く予定だったら電話して確認してから行くと思うけどさ。とにかく、ここも一つ目と同じく、会場のロケーション自体がちょっとよろしくないのでボツ。また暖かくなったら結婚式ではなく、食べに戻ってきます。景色よかったし。

なんだか予想外に二つとも滑ってしまったので、結局この日はソファベッドをまた見に行ったり、ブロックバスターでDVDを借りたりしてから、家でゆっくりした。また来週別のところ(Agriturismo)をトライしてみようね、なんて言いながら。

そして今日。

Aのところに、先週食べに行ったAgriturismo"LA LUPA"から連絡が。
会場をホールドしていた人がキャンセルしたので、(私たちが)もし予約したかったらどうぞ
とのこと。おおお!来たか、来ましたか!!ラッキ~!

半ばあきらめていたのですごく嬉しい。後日再度お店の人から連絡をもらい、実際に話を聞きに行く日にちを決めるらしい。そこでいろいろ詳しいことを聞いて、気に入れば決定。私は話を聞く前から「もうそこでいいじゃん。そこにしよう!」という心境だけど(笑)。

うまくいけば今週中にも決定!?うまくいきますように。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-01-29 14:30 | 結婚あれこれ | Comments(0)