イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

会場探し

よく考えたら、3月24日の結婚式までとうとう2ヶ月を切ってしまっていた。2ヶ月かぁ。2という数字が少なく思えるだけで、実は60日あるってことだもんねー。なんとかなるなる!と訳のわからない納得の仕方をしてごまかす今日この頃、っていうか、今。

さて、先週市役所での式の日取りが決定してから、式後のpranzo(昼食パーティー)の会場探しを本格的に始動している。といっても、主にインターネットで目ぼしいところを探して、いいと思った場所をとりあえず控えておき、第一希望のものから順に実際に行って見てみる、といった感じ。

探している場所は今のところAgriturismo(農家が経営しているホテル/レストラン)に絞っている。今までアグリトゥーリズモのレストランで料理が外れたことがない(少なくとも私は)というのと、郊外や山の中の古い石造りの邸宅や農家をそのまま中を改築して経営しているところがほとんどで、建物の雰囲気が素朴で親しみがあって好き、というのが理由。それに何より、よく結婚式が行われるVilla(豪邸っぽい大邸宅にあるレストラン)に比べて格式ばっていないので、カジュアルな雰囲気でパーティーをしたい私たちには合っているし、トラットリアなどに比べても、アグリトゥーリズモはもともと農家の納屋だったり家をそのまま使っていたりして広いことが多いので、スペースの確保が比較的しやすいというのもある。あと、一番最初に近くのVilla(Villa Bassi)に偵察がてら食べに行って、何気なく3月に会場の確保ってまだ可能なのかどうか訊いたら、お店の人に、「3月って来年の??」と聞き返され、恥をかいたということも影響しているかも(笑)。どうしても豪華な雰囲気のVillaはPranzoの会場として人気があるので、予約も早くしないと埋まってしまうらしい。ちょっと焦り始める私たち。

招待客の人数や、場所もアグリトゥーリズモで行ってみるか、とアイディアもまとまってきて、最初に「ここだ!」と思った場所が、電話をしてみたらなんと2月9日まで冬休みだって。えぇ~~!?

気を取り直して、他のいくつかの場所もピックアップ。

先週土曜日にMonte San PietroにあるLa Torrettaへ。3月の予約はいつでも可能、と心強い回答だったけれど、ちょっと部屋が狭い。お店の人は60人なら問題ない!と自信あり気だったけれど、あんまりギュウギュウ詰めなのも嫌なので、ちょっと・・・。庭でできれば問題なけど、まだ3月だからなぁ。

昨日の夜はCastelfrancoにあるLa Lupaという所へ。ここは彼のお母さんと、お店を手伝ってくれているLaraが偶然別々に知り合いの結婚式のPranzoに行って、なかなかよかった、と薦めてくれたところ。確かによかった。よかったのだけど、やっぱり人気があるらしく、3月24日に予約ができるかどうかはまだわからないとのこと。ホールドしているカップルがいるらしく、その人たちの結果待ち。

と、このように実際現地に行くのはいいとしても、毎回ちゃんとそこで夕飯を食べていたら私のお腹もAのお金も持たない!そろそろ歳も歳なので、毎回ヘビーな料理をフルコース(またはそれに近い量)で食べるのはきついのですよ。特に今週は他にも外食してしまったので、だんだん体調がおかしくなってきているのがわかる(^^;)。もちろんAも毎回二人分払っているので、財布の中身はそうとう打撃を受けているはず。

Aには「なにもいちいちそこで食事しなくても、場所を確かめてよさそうだったら直接お店の人に問い合わせをするだけでいいんじゃない?その方が他のところも一度に回れるし、可能性のありそうなところにはまた出直して食事すればいいじゃん。」と諭しているのだけど、何しろ彼の時間がなくて、結局動けるのが仕事の後=(イコール)夕飯時、になってしまうので、仕方がないのかもしれない。私の胃が壊れる前に会場が決まってくれないと死ぬかも。それか爆発的に太るとか。ひぇ~。

ちなみに、アグリトゥーリズモでpranzoをする特典というか、いいところがもう一つ。大抵アグリトゥーリズモはレストランだけでなく、宿も経営しているので(というか、レストランがなくて宿だけ、というところも多い)、レストランで結婚パーティーをする場合、お店からその夜一泊プレゼントをしてくれるらしい。もちろん場所にもよるし、予約でいっぱいだったら無理かもしれないけど。

その事実を昨日初めて知った私・・・。お店の人が説明してくれることを一生懸命聞いていて、なんとなく分かる単語をつなげて理解しているのだけど、とにかく理解が穴だらけらしい。彼には肝心なところは大体確認しているつもりだけど、直接パーティーの準備に関係ないこととかは省いていたので、昨日ひょんなところからその話になって、理解していなかったことが結構ショックだった。部屋の話をしているのも分かっていたし、先週のところなんかは実際部屋を見せてくれたりしていたのだけど、まさかただで泊まらせてくれるなんて言っていると思わなかった・・・。ま、私達の場合、日本から来ている両親や友人達が翌日帰国するので、送りに行かないといけないので一泊するのはボツ。また別の日に改めて・・・っていうのはダメかなぁ。もったいないなぁ・・・。

ま、実際場所が決まってから考えることにしましょ。
[PR]
by tomoky_ex | 2007-01-26 11:27 | 結婚あれこれ | Comments(0)