イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Sandra

昨日から風邪気味です。くしゃみと鼻水が止まらなーい。喉の調子もちょっとやばい。Aも昨日はなんだか調子が悪そうだったので、二人とも11時過ぎには寝てしまった。

多分週末の疲れが出てきたのかも?

この間の週末は、3年前にオーストラリアの学校で同じクラスだったイタリア人Sandraに初めて会いに行った。Aもそうだけど、Sandraも2週間ぐらいしか一緒に勉強していないし、クラスでもほとんどしゃべる機会がなかった。ほんの1~2回別の友人達と飲みに行った時にたまたま出会って、楽しい会話をしたことだけ覚えているのだけど、この二人とはなぜか友達になりたくて、帰国後も時々メールやクリスマスカードを送って連絡を取り合っていたのだ。

彼女の町はMonselice(モンセリーチェ)というボローニャとベネツィアの間にある小さい町で、実はベネツィアに電車で行った時に通り過ぎたんだよね。Monseliceの駅に止まった時に「Sandraはここに住んでるのかぁ」と思った記憶がある。でもボローニャから車で40~50分ほどで着いたのには驚いた。近いじゃん!




ということで、土曜日にAの仕事が終わった後に出発して、9時前に待ち合わせをしていたRovigoという町(Monseliceから20km位の町)の高速の出口で無事に合流。夕飯をRovigoで食べるとのこと。着いてみたらSandraのお友達が5人いて、8人で一緒に食べることになっていた。うーん、久しぶりに会うのにあんまり独り占めできない雰囲気・・・。でもレストランはイタリアに来て初めて「センスがいい!」と思えるいいお店で、料理もおいしくて食べすぎた。そのあとだらだらと結局12時頃までレストランにいて、1時前にMonseliceに移動してBarで飲み(私一人なぜかハーブティーをちびちび・・・)。またしても違う友人なんかが合流して結局Sandraのうちに行ったのが午前3時前ぐらいだった。寝たのは3時半頃。最近12時頃には寝ている私にはきついです。

という意外な展開ではあったけど、これは事情があってのことと後で判明。彼女にとってもイレギュラーな展開だったらしい。

翌日(日曜日)は、彼女の町とその近辺(温泉、オリーブ、ワイン、丘陵地帯が有名なとても美しい所)を案内してもらって、町を散策。話もできたしとても楽しかった。たまたま地元のワインフェスティバルみたいな催しもやっていて、ワインの味見もできてなかなかよいお散歩だった。

彼女の家がホテルみたいに大きかったのにもびっくり。バスルームだけでうちの寝室ぐらいあるし。(それが3つある。)私とAだけでなく、もう二人泊まったから少なくとも客間は3部屋はあるし、家族の寝室も入れたら何部屋?とにかく広いのよー。そういう理由でかどうかはしらないけど、いつも誰かが泊まっているらしい。(親戚とか友人とか。)もちろん彼女とその家族がとてもオープンな人達で、居心地がいいからというのもあるのだろうけど。驚いた。

実は今回またまた発見!なんとサンドラも5月11日生まれ(私と同じ)なんだって~~!前の職場の3人(生徒も入れると4人)が同じ誕生日だったのでもう打ち止めかと思ったら、まだいたわ~。道理で(?)一緒にいて居心地がいいわけだ。と妙に納得。

日曜日は疲れも溜まってきていたので勧められた夕飯を断って(始まるのが午後9時頃になりそうだったので)ボローニャに戻ってきたけど、やれやれ、盛りだくさんの週末だった。寝不足はよくないね。
[PR]
by tomoky_ex | 2006-09-06 17:55 | | Comments(2)
Commented by at 2006-09-07 18:19 x
そんな家が私も欲しい!!それにしても、鯛上部?じゃなくて大丈夫?先々週辺りからの疲れもたまってたんじゃないですか?Aさんともども、よく休んでね。
Commented by tomoky_ex at 2006-09-08 17:59
>姉
うーむ、まだ体調悪し。でも普通に学校に行けるぐらいの軽い風邪だよ。なかなか抜けないけどね。