イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

帰れソレントへ・・・

③アマルフィ海岸&カプリ島

旅は続くよどこまでも♪というわけで、ポンペイの後にたどり着いたAgerolaという地域にある宿。

↓宿の庭から海が見渡せる。(天気がいいのは初日だけだったけど~。とほほ。)
f0077159_18205831.jpg

↓左:宿の建物。新しくてきれい。Agritourism (農家の経営している宿)で、自家製の食べ物がとてもおいしかった。
↓右:庭の一段下に動物たちが・・・。毎朝ニワトリの声で起こされた。のどか~。
f0077159_1822494.jpgf0077159_18232423.jpg

ナポリのある地域は左を向いて大きく口を開けた感じの地形になっているのだけど、上唇の所にナポリがあるとすると、下唇の部分が半島になっている。それが伊豆半島のような(?)感じで、切り立った山のすぐ眼下に海が広がっている、とてもきれいな所なのだ。Costiera Amarfitanaというらしい。半島の先の方(ナポリを向いた側)には有名なSorrentoという町があって、ここからカプリ島に行く船に乗ることにした。

カプリ島は、有名な「青の洞窟」があるところ、なのは知っていたけど、あまのじゃくなAと私はそこには行かなかった。それでも、カプリは本当に素晴らしかった!旅のハイライト(^_^)。
f0077159_18332046.jpg

↑この山のてっぺんにAnacapriという町がある。バスで行くんだけど、こえ~!

カプリ島は地形と海のきれいさだけでも絵になるところだけど、昔からのお金持ちのリゾート地だったこともあって、きれいな家(必ずしも大きいとは限らない)がたくさんあるし、道を歩いているだけでも楽しい。(坂道ばっかりでかなりハードだけど。私ははいていったビーサンが辛くて現地で歩きやすいサンダルを買ってしまった。)太陽もなんだか普通と違う気がする。実際ナポリの天気に比べると、カプリは晴れる日が多いらしい。それもリゾート地たる所以かしら。町を離れると自然満載。崖っぷちの細い道を延々ハイキングしたりして、歩いて歩いて、景色を楽しんだ一日だった。
f0077159_18362319.jpgf0077159_18373621.jpg
f0077159_18384733.jpgf0077159_18391496.jpg


アマルフィ海岸では切り立った崖に沿った道をドライブしたり、海岸沿いの町を訪ねたりして過ごした。中でも偶然立ち寄ったRavello(ラヴェッロ)というこれまた高台にある風光明媚な保養地がとても素晴らしかった。Amarfiのような、ビーチのある所だと、家族連れや若者でにぎわっていてあまり落ち着いた雰囲気は望めないのだけど、ラヴェッロは山からの景色が素晴らしいところで、これまた昔からお金持ちの保養地のような所だったらしく、とても落ち着いていていい雰囲気だったのだ。100年前ぐらいにここを訪れたイギリスのお金持ちが、あまりの景色の美しさに建てた大邸宅や、昔アメリカ映画の撮影に使われた庭園なんかを訪れた。ちょうどラヴェッロは音楽祭などのイベントの期間中で、写真のような景色を見ながらJazzや詩の朗読(作者本人が来て何かやるらしい)などが聞けるんだって。もしその日何かイベントがあったら本気でそこに夜まで残ろうかと言っていたのだけど、残念ながらその日はたまたま何もない日だった。がっかり。
f0077159_18525490.jpgf0077159_1851935.jpg
f0077159_18513833.jpgf0077159_18521256.jpg


その他ソレントも大人のリゾート地という感じでよかった。コメントが大分おおざっぱになってきたな。

Sorrento, Capri, Amarfi etc. 2006年8月の写真も見てね♪
[PR]
by tomoky_ex | 2006-08-28 19:03 | 旅とお散歩 | Comments(2)
Commented by at 2006-08-28 19:44 x
わーすっごいきれー!!そして食事もおいしそう!ああ私もどこかに旅に出たい・・・。
Commented by tomoky_ex at 2006-08-29 05:53
>姉さん
出るじゃん、旅(?)!結婚式に出席するだけじゃなくていろいろ現地を回るんでちょー?ワイナリーとか?