イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Napoliを見て死ね・・・?

14日の夜中に無事に旅から戻ってきました。姉に昨日、「おまえのブログ、ぺんぺん草が生えてるよ。」と言われたので見てみたらほんとに生えてました。というわけはないのだけど、この1週間ばたばたしてしまって、すっかりご無沙汰。ぼちぼち始めます。

①ナポリ
f0077159_19141877.jpg

(↑ナポリと言えばベスビオ山。)

ボローニャから車でナポリまで行った。途中ローマを通り越したのだけど、ローマ近辺が渋滞していたのですっかり眠くなり、意識が戻った頃にはもうローマを過ぎていた。もちろん郊外の高速を走っていたので街が見られる訳じゃないけど。

さて、車でNapoli入りしたのはいいけど、明らかに何かが違う。高速を走っている時には気づかなかったけど、なんかみんな車の運転がめちゃくちゃ・・・?あの~、今信号赤だとおもうんですけど、ここでは止まれっていう意味じゃないんですか??みたいな。あと普通の町中の道路で追い越し。対向車線を堂々と。もちろん反対から車が来ていて、止まる気ゼロなので、見ている方が「きゃーーー!」という感じ。追い越し必要なところですか、今?みたいな。ちょっとぐらい待てよと。しかもスクーターの数が半端じゃないし、みんなやたらと無謀な横入り追い越しやらとにかく「んなななな何なの?」という感じ。みんな轢いて欲しいのか?一度も事故を目撃しなかったのは奇跡だな。やっぱりナポリルールっていうのがあるんだろな。





ナポリは普通に車の盗難とかがあると聞いていたので、Aの車は宿の鍵付きの駐車場に停めさせてもらい、あとはバスで移動することにした。盗難はともかく、あんなところ運転しようと思ったら命がいくつあっても足りないよ。

とにかくナポリの第一印象はカオスでした。最後まで変わらなかったけど。

宿を出てバスに乗り街に着く頃にはすっかりナポリの様子に疲れてきていたんだけど、その後もいろいろあって(笑)、かなり不安を覚える出だしになった。

まず市中心の駅のインフォメーションセンターに行って、バスのルートやその他情報を集めようということになったんだけど、駅前の広場が尋常じゃなく無法地帯(交通が。)で、横断歩道があるんだけどちっとも渡れない!人を見たらイヤそうにでも止まってくれるボローニャと大違い(涙)。タクシーは人の合間をぬって先に進もうとするし(危ないから待ちなさいって)、地元の車も駅中とは思えないぐらいスピードを出すので恐くて横切れないし、どっちから来るのかも不明・・・。ぐったり。
一日目のコメント。「もうボローニャに帰りたーい!」(もちろん冗談)
二日目のコメント。「ボローニャに生きて帰りたーい!!」(真面目に)

さて、駅前からバスに乗って海沿いの「卵城」(Castel dell'Ovo)へ行くことに。ここでまた問題が。人に聞いてバスターミナルが駅前の広場の先にあることは分かったんだけど、どれがどのバスなのかさっぱりわかんない。というのもバス乗り場がはっきりしていないのと(みんな適当に停めてある)、バスの電光表示が壊れていて、バスの番号もしくは行き先が表示されていないから。時々紙でバスの番号が小さく貼ってあったりするんだけど、この時は私たちが乗るバスの番号は見あたらなかった。しかもバスの運転手は停めた後どこかで一服しているのかだれも中にいやしない。しかたがないのでまた関係者らしい人に聞いて、その通りの場所に行くんだけど、それらしいバスがない。そうこうしているうちに40~50分ほど経過。最後に、番号なしのバスに、それでも客がちらほら乗っているのを発見し、その人達に一か八か聞いてみたら私たちのバスだった。どうしてこの人達は分かったんだろう。ナポリルール・・・?
あと、バス停には時刻表がない。電光掲示板が「後何分で40番のバスが到着」というようなことを表示するんだけど、時間が近くならないと表示してくれないので、それ以上待つバスだと来るのか来ないのかもわからない。初日に宿に帰るバスは1時間待った(!!)のだけど、地元のおじちゃんが教えてくれなかったら、もう最終バスが終わっているんじゃないかと考えるところだった。

というわけで、いつもバスを利用したけれど、書ききれないぐらいいろいろ「はぁ??」ということがあり、最後の方には慣れた。まぁ週末でバスの本数が少なかったのかもしれないけど、とにかく待ちぼうけでした。ちなみに市の中心は本数は多いので待つことはなかった。やれやれ。
f0077159_18451713.jpg

↑なんとかたどり着いた卵城。結婚式の写真を撮る絶好のロケーションみたいで、私が見ただけでも5組の新郎新婦が写真撮りに来ていた。

その他のナポリの感想。
●Positive●
・食べ物がうまい。(もちろんピザを食べたよ。うまかった。)
・遠くから見るととてもきれいな街。(近くで見るとごみだらけだけど・・・)
・人が気さく。(愛想はよかった。)
・古代の美術品の宝庫。興味がある人はぜひ一度訪れるべきところだと思う。
f0077159_1859285.jpg
f0077159_1915722.jpg

↑左:国立考古学博物館のヘラクレス像 ↑右:カンピ・フリグレイ地域の海底で発見された遺跡。

●Negative●
・上記
・人に物を尋ねる時は、3人以上に聞いてから信用しないといけない。(愛想がいいのか、分からないことも知っていることのように自信満々に教えてくれるので、信用すると偉い目にあう。)

あと、なぜかナポリ中央駅近くや下町の雰囲気が中国(というか、香港の下町)を彷彿とさせた。やっぱりあのダークなごみごみした感じ?

以上、ナポリ編でした。
ま、3泊しかしなかったからカルチャーショックのみで終わってしまったけど、住むとおもしろいところなんだろうね。

←Napoli 2006 その他の写真も見てね♪
[PR]
by tomoky_ex | 2006-08-22 19:08 | 旅とお散歩 | Comments(6)
Commented by at 2006-08-22 19:50 x
えーなんでそんなカオスに住んでて他人にニコニコできんの?ありえなーい!!!読んでる私のほうがカルチャーショックだよ。いやー良く生きて帰ってきたねえ(泣)。
Commented by すこ at 2006-08-23 11:58 x
生きててヨカッタのぅ~。
自分も狂うか、自分を変えずに胃を壊すかしか暮らせないダニ(X_X)
人々のクルマは傷だらけなのだろうか?
あ、単語作文のはゴッキーが色々と甘い言葉や貢ぎ物をして成就するんだけど
最後に踏まれて永遠に引き裂かれてしまう話さぁ~。
せっかく生きて帰ってきたのに こんな情報でワリィね。
Commented by tomoky_ex at 2006-08-23 15:12
>姉さん
だからぁ、ナポリっ子(?)はまったく気にしてないんだって。カオスと思ってないんだよ。好きなことを好きな時にする、みたいな。まぁみんながみんな愛想いいわけじゃないです、もちろん。私の印象ね。
Commented by ジュニア at 2006-08-23 21:14 x
いろいろ楽しそうじゃーん!!人生、楽ありゃ苦もあるさ~♪とは
このことですな・・・。ってか、イタリアも北と南、とゆうより、村や町
ごとに、すごい方言があって、聞き取り辛いってきいたことがあるけど
シニアは、道とか現地人に聞いて分かるくらいの語学力が早くも
身についたってことかしら??

半年は長いようでとっても短くもある。イタリアンA氏がいて一人旅より
中身が濃いし、よかったね。今回のことも刺激的ないい経験だね?!
Have fun !!
Commented by tomoky_ex at 2006-08-23 21:50
>すこ~
おもしろいじゃーん!ゴッキーの話。成就物は思いつかなかったなぁ・・・。やっぱり人それぞれでおもろいね。
あ、いいところに気づいたね。ナポリの車は傷だらけです。(しかもナポリナンバーの車が少ないのはなぜ?)サイドミラーがビクターの犬の耳のように両方垂れてて使えないとか、ブレーキランプが片方ないとか、そんなんばっかり。こえー。
Commented by tomoky_ex at 2006-08-23 21:54
>ジュニア
方言、(ていうかイタリア語全般)すごいよ。ナポリ弁(?)はイタリア人のAが聞いても分からなくって、道とか聞いて戻ってくる度に首をかしげながら「全然わかんない。イタリア語じゃない。」と言っていた。私がわかるはずないぢゃーん!最近自分のしゃべれなさ(聞き取れなさ)に落ち込んでるよ。もうちょっと何とか理解できるようになりたいもんです。半年は短いよ。ナポリはすごくおもしろい経験だったよ^^