イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

風邪と雪の1月

f0077159_17335296.jpg
去年の5月に生徒さんからいただいた蘭。新たにつぼみがたくさん出てきて、1月末に2度目の開花。これから楽しみ♪


新年のあいさつからさっさと1か月がたってしまいました(;^_^A 皆様ご機嫌いかがでしょうか(笑)。私の1月は、前半が夫のインフルエンザに翻弄され、半ばから後半にかけては雪に翻弄され、後半は若干落ち着いて来たかなと思いきや、生まれて初めて携帯(なんちゃってスマホ)をトイレにぽっちゃんする事故を経験し若干(1日だけ)翻弄され、なんだかんだでばたばたと落ち着かない1月でした。

なんかスマホは安物とは言え、自宅の固定電話がないので使えないとやっぱり心細いですね。すぐ拾い上げたのでそれほどぬれなかったんですけど、画面がちかちかしたと思ったら真っ暗になって見えなくなってしまいました。幸い暖炉の上の暖かいところに置いておいたらその日の夜には何事もなかったかのように使えるようになりましたけど。昨日義兄に「マンマから聞いたんだけど、携帯を?トイレに?やっっちゃったんだって?(含み笑い)いやー、ほんとに起きるんだねこういうこと。テレビとかでしか見たことなくて、一体どうやったらああいうことが起きるんだろうと思ってたんだよねぇ~。ははは~」とコメントされました(笑)。お前にだけは言われたくない"(-""-)"!いいんですけどね。みなさんもくれぐれもお気をつけください(え、普通は起きない?)




さて、新年あけて1週目のある日、夫が外で1時間以上立ち話をしたそうで、その日の夜案の定「のどが痛い」と。それでお湯に溶かして飲む風邪薬を飲んで寝たんですが、翌日高熱でダウン。幸い店の方は祝日で半日だけ開ける予定でしたがさっくり全日休業に。一日(副業も休んで)おとなしく寝ているも熱は上がる一方でなんと39度に。これはただの風邪ではないと遅まきながら気づく私たち。ともかく熱の他にはちょっとした咳や鼻水もあるけれど大したことはなくて、ともかく寝ていると汗が出る、出る。布団からシーツから、どこかに池にひたしたのか??というぐらい汗をかいて、下にバスタオルを敷いてそれを替えて寝ていたぐらい。濡れた掛け布団や毛布はご飯に起きてきたときにヒーターに充ててできるだけ乾かして・・・結構すごかったです。

f0077159_17344714.jpg


そんなに汗をかいたのに熱、まったく下がらず。翌日の土曜日もお店は休業にして、引っ越してから初めて山の上の町まで私が一人で運転して解熱剤のTachipirinaという薬を買いに行きました。(朝道路が凍結するので朝早くは行けず…怖かった(;´∀`))それで、薬剤師さんにアドバイスされてほいほい買ってきたのがなんと座薬(だって座薬っていう言葉知らなかったんだもん)で、私大受け、夫しかめっ面(笑)。大人になってから座薬って日本ではあんまりないですよね??まぁでも熱を下げたいので夫もがんばって自分で入れてました。なかなかできない経験したね(笑)。で、日曜日に一瞬熱が37℃ぐらいになったかなーと思ったら、夜また38℃以上に逆戻りで・・・結局翌週も2日は家で養生していました。私は朝早くバスでボローニャへ行ってお店番をしたりとバタバタしていました。熱が下がったら結構回復は早かったのが救い。この冬は彼だけでなくとにかくボローニャ近辺、インフルエンザが蔓延していたのが印象的です。今はひと段落した感じですが・・・。

さて、1月半ばには雪も降りました。今回はボローニャでは一瞬雪になっただけで、あとは曇り空だけ。我が家から7キロ離れた集落までは、それほど積もらず大したことはないなと油断していると、あれよあれよと我が家周辺から積もっているという状態で、ちょっと面白かったです。標高が400mぐらい違うだけでこんなに変わるものなんですね。

はじめ、一日目に7~10センチぐらい積もって、雪かきして塩をまいて、翌日は雪かきしたところにまた同じぐらい積もって、、、最終的には我が家付近は場所にもよりますが15~20センチぐらいでした。

f0077159_17344214.jpg


雪かきby me
f0077159_17342970.jpg

まぁ過去に降った大雪に比べたら今回はなんということもなかったんですが、夫は車の便を考えて、2日ほど(私も1日)ボローニャの義母宅に泊まりました。
f0077159_17341952.jpg

それでね、こんなこともあろうかと、新年早々アマゾンで頼んでおいたんです。自動ペットフィーダーなんですけど、5つの餌受けが、予約した時間になると前方の穴のところに周ってきて、餌が現れる仕組み。二日分の餌を置いて行けるので、ちょっと安心です。

雪が降ってからだいぶ経ってからの写真ですが、やっぱり雪のある景色はすがすがしくて好きです。
f0077159_17333227.jpg

まだまだ冬は終わっていないので油断は禁物。無事に春が迎えられますように(;^ω^)

[PR]
by tomoky_ex | 2017-01-31 22:30 | 日々のあれこれ | Comments(0)