イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Looking back 2016&special meeting

f0077159_20160232.jpg
2016年も今日で終わり。年末はお店にかかりっきりでばたばたで自分の時間も持てず一日が無事に終わればいいというような状況だったので、年越しとか新年とか、まったく頭になかったんですが。そうかー、今日って日本では紅白とかやるんだなぁ。こたつの上にはみかんとトランプとかが置いてあってさ。お蕎麦食べてさ。やっぱり大晦日っていうとそんな絵が浮かびます。日本人ですね。

今日もお店ですが、超暇(笑)。なので軽く一年を振り返ってみたいと思います!

仕事面では本業の日本語がコースの割当授業数が少なく不完全燃焼に終わったものの、個人授業は楽しく充実してやらせてもらい、いずれにしても満足しています。来年はさらに楽しく役に立つ授業ができればなぁと思います。

反対にお店の方は主人の要望で夏と今月以降数ヶ月に渡って店番をすることになり、これがかなりヘビーでこたえました。お店にこもる間は個人授業をするのも難しく、生徒さんにも申し訳ない状態。これはまだまだ2017年も続くのですが、2017年中にいろんな目処が立てばいいなぁというのが今の望み。がんばります。それまで体が持つかな。

2016年で特徴的だったのが、一言で言うと「出会い」。新年から年末までいろいろ新しい出会い、懐かしい再会と素敵な出会いが続いてとっても嬉しかったです。心が満たされる感じ。

この一年を締めくくる出会いがクリスマス後にスイスからボローニャまで来てくれた20年ぶりに会う友人。20年前大学在学中に短期留学していたスコットランドの大学で約半年だけの友人関係だった4歳年下の彼女。私や同じ学科の日本人たちと仲良くなって何かって言うと一緒に行動していたので彼女とは日本に帰ってからも1年ぐらい連絡を取っていたのだけど、その後お互い忙しくなったせいか連絡が途切れ、、、。そして1ヶ月前、突然Facebookで『あなたはあの時の?」的なメッセージとともに再びつながり。12月半ばに「クリスマスの時期にボローニャにいる?彼氏と近場を小旅行するので、もしいたらボローニャに行こうと思ってるんだけど」とまたメッセージ。自由になる日が1日しかなかったのに、それに合わせて来てくれて、彼女たちが着いた日の夕方に会って一緒にディナーに行くことができました。

私はスコットランドの写真を日本の実家に置いてきてしまっているので、もうね、記憶がかなり曖昧なわけですよ。自分が撮った写真の場面とかは覚えているけど、それがいつ、どんな経緯でそうなったとか、そこで何をしたとかが濃い霧に包まれている感じ。20年前だし。と思ったら彼女がこれまた細かいことをよく覚えていてね。毎年一度はスコットランドに行っていたみたいだから場所とかもよく覚えているし、写真の裏に全部写っている人の名前と場所の名前が書いてあるので見れば思い出せるらしい。ともかく20年分のキャッチアップをして、お互いのパートナーも紹介できて、一緒に笑って飲んで食べて・・・楽しかったです。忙しくて最初は来てもらっても大した歓迎もできないからいつかまた・・・って言おうかとも思って半日ぐらい(笑)真剣に悩んだのだけど、来てくれて感謝です。

いつも支えてもらっている多くのみなさんに今年もたくさんのありがとうを。心から感謝します。2017年もたくさんの人にたくさんの笑顔を!をモットーに行きます!

どうぞ良い新年をお迎えください。

[PR]
by tomoky_ex | 2016-12-31 12:06 | Other | Comments(0)