イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

トレンティーノの週末 (宿と夕食のこと)

f0077159_15514430.jpg

紫のお部屋(^-^;




さて、今回の宿はBed & Breakfastのサイトで料金の安いところを探していたら、安いのに評価がとてもいいので決めたB&B Asenada



ご主人のマルコ氏は夏のイベントで多忙で、1日目の朝の電話(ジャガイモ掘りに行っているところを奥さんが電話して山登りについて説明してもらった)と、Vezzenaから戻ってから彼が出かけるまでのちょっとの間話しただけでしたが気さくでユーモアいっぱいで、しかも頼りになりそうな御仁でした。ちょうど宿に戻った時に大学生の息子さんクラウディオも家に一瞬だけいたので会いましたがこちらもまじめそうだけど、お父さんの血を引いたんだね、って感じの好男子でした。

私と一歳しか違わなかった親切な奥さんのロベルタには、ちょっとの間ではありましたが最初のメールから最後に送り出してもらうまで本当にお世話になって、最後は彼女が書いた本までいただいてしまった。この宿を始める前、長いこと彼女も夫と同じ文房具兼おもちゃ屋をしていたそうで、なんだか意気投合。朝食時は彼女の半生や今の生活がどうかというのが語られて(笑)、なかなか興味深かったです。

ただ、そんなロベルタに、伝統的な郷土料理が食べられるお勧めのお店を聞いてみて、いくつか候補を教えてもらったんですけど、最初に「私たち、外でまったく食べないから、この情報ってお客さんからなの・・・」と言っていた通り、かなり制限がありました(;^_^A

6~7つ教えてもらったうちの二つは「湖のほとりでロケーションがとってもいい」だったし、二つは「ビール工場直営のビアホールでとても評判がいい」ということで候補になったし、2つはピザ屋兼レストランで一応なんでもある所なんだけれど、とても評判がいい、という感じで、結局私たちが思い描いているような郷土料理のレストランは1つしかないってことかな?って感じのアドバイスでちょっと悩みました。

そのあとリストを見ながらネットで興味のあるところを見てみたんですけど、残念ながら唯一の郷土料理っぽいお店が結構遠くて、私たちの知らない方向に行くので抵抗があり(今思えばここに行っておけばよかったかも)却下。結局近くのPergineにある二つの候補のうち、SlowFood協会にも認定されているっていう方に決めて行ってみたんですが・・・

着いて、メニューを見てみたら、、、なんと「トレンティーノ料理」のページが1ページしかない、あとはぜーーんぶピザ!という結果に・・・見間違いかと思って何度もメニューを見ちゃった。私が食べたかったカネーデルリもなーい!夫が食べたかった(何食べたかったんだろ)ものもなーい!ということで、ちょっとだけテンションが下向きになりました、が、とりあえずその1ページの中から若干投げやりに選んだ物を食べてみると、う、うまかった!期待以上のおいしさ。

カネーデルリは翌日のお昼にもまだチャンスはあるさ、ということでひとまずおいしい料理を楽しみました。

f0077159_1552772.jpg


まず前菜の地元のハム、サラミ、チーズ類盛り合わせを二人でシェア。トレンティーノの郷土料理、カルネサラーダやValsugana産チーズ、レストランのシェフが入念に処理したという鹿肉のハム(というかロースト肉?)など。すべて上品で舌がよろこぶ絶品でした。真ん中の白いのはギリシャ風ヨーグルト(日本でいうブルガリアヨーグルトに近い)でお肉につけて食べます。たかがハム・チーズ、されどハム・チーズ・・・

f0077159_15521422.jpg


一皿目(プリモ)は二人とも同じ物で、赤ラディッキオのニョッキのキノコソース和え。飾りで2本ささっている棒のようなものは、スパゲッティをオーブンか何かで焼いたもので、ポリポリ食べられます。

f0077159_15522110.jpg


メインは夫とシェアする予定でしたが、私はこれでもうお腹がいっぱいになってしまって、結局ほとんど夫が食べました。豚肉のステーキ?ロースト?。これもねぇー、おいしかったんです。食べる前にウェイターの男性曰く「シェフからのお願いなんですけど、これ、すべて一緒に口に入れてくださいね。上の肉類に塩味がついているので、ソースは塩を少な目にしてありますから、ソースだけで食べると味が薄いんです。よろしく!」と。下のソースは「フィノッキオのソース」と聞いた気がしたんですけど、フィノッキオの味はあまりしなかった気がします。お腹がいっぱいで覚えていない(笑)。

すっかり満腹でデザートなし、コーヒーだけいただいて終了しました。カネーデルリが食べられなかったのは残念でしたが(まだ言ってる)、食事自体はとってもよかった。しかし周りの人みーんなピザ食べてましたねぇ。。。どうしてなのかしら。不思議ー。
[PR]
by tomoky_ex | 2016-07-30 19:38 | 旅とお散歩 | Comments(0)