イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

6月の庭(これなあに?&闖入者)

f0077159_15464914.jpg



6月、日本では梅雨突入でじめじめしたお天気のイメージですが、イタリアは「通常は」いよいよ夏が始まり行楽シーズン突入、という感じになる、、、、はずなんですが、あれ、今年はならない(笑)。

どうも6月に入ってから変わりやすいお天気が続いて、朝いいお天気だなと思っても、夕方雨が降ったり、雲の合間から日がのぞけば暑いしそうでなければ涼しい、湿気もあるし、なんだこれという感じです(;´∀`)。ボローニャはそれでも日中は気温が上がって半袖で過ごせる感じ。山の我が家は曇っていると上着が必要です。

そんな今年の6月。

我が家の庭もいろいろな花が咲いてきました。(やっぱり例年に比べるといろいろちょっと遅い感じがしますが・・・。)裏のおっちゃんアントニオの家との境にある蔓バラもやっと咲きました。↑




3月に種から育てたキク科の花(マーガレット?)もようやくちらほら花が出てきて嬉しい♪

f0077159_1549980.jpg



それから、今年初めて見るこれ↓。春には葉っぱだけしかなかったのに、あれよあれよとにょきにょき伸びてきて、うわーなにこれ、と思っていたら、、、

f0077159_15481739.jpg



最近花が咲きました↓。 

f0077159_1549453.jpg



私たちが引っ越してきたばかりの時、この草?葉っぱ?(爆)がかなり病んでいて斑点だらけだし枯れかけていたので、ちょっとだけ残してほとんど切り取ってしまったんです。あとでまた元気な葉っぱが伸びてきていましたけど、放置して気にかけたことがなかったので花が咲いてびっくりしました(笑)。

でもこれ、なんていう植物なんでしょうか・・・・。気づけば結構他のお宅のお庭にも見かけるポピュラーなお花みたいですけれど。

あと、最近咲いたのはこれ↓

f0077159_15485888.jpg



これも引っ越してすぐに庭師さんが適当に選んで持ってきてくれたものを植えたんですけど、何という名前なのかわからない(汗)。きれいな色を添えてくれています。

それから、この冬一度も剪定せずに終わってしまって伸び放題のサクランボの木。

今年は花が咲くのも遅かったのですが、実ができるのも遅めで、ここ数日でようやく色づいてきました。

f0077159_15491528.jpg



ただし、サクランボは実がついてから雨が降ると、実がこのように割れてしまうことが多いと農家の方が言っていたのを聞いたことがありますが、正に今その状態で、たくさんこんな感じで割れてしまっています↓

f0077159_15492263.jpg


今年のサクランボは鳥さん用かなぁ。もともとあまり好きではないのでほとんど食べないのですが、ジャムにできるぐらい収穫できればうれしいなと思います。

ちなみに、2週間前にふと種があるのを思い出して蒔いてみた「オクラ」。3年前ぐらいの種なのですが、やっぱり8つ蒔いたうち4つしか芽が出てきませんでした。

f0077159_15493230.jpg



まぁすくすく育って夏の間ちょこっと食べられれば本望です。がんばれオクラさんたち!

あと個人用の記録としては、アジサイの花がようやくちょっとずつ色づいてきたこと、カタツムリから救って残っていたマリーゴールドも跡形もなく消え去ってしまったこと(TT)、サントリナというハーブ系の苗を植えて現在様子見中なこと、、ぐらいでしょうか。


さて、今回庭の最大の出来事といえば、、、、

門の近くに生えている菖蒲の葉の群れがちょっと倒れていたり切れていたりして荒れているなと思ったのが10日前ぐらいだったでしょうか。でも夫が芝刈りをしたばかりだったので、まぁ間違えて切っちゃったのかしらと思って気にしていなかったんです。

その数日後に、うらのおっちゃんアントニオとたまたま顔を合わせたときに、
「君たちんとこのあの菖蒲、荒らされてるの見た?あれね、『ヤマアラシ』のしわざだよ。うちのジャガイモも掘り返されて食べられて大変だよ!今度見たらとっちめてやる!」
と相当お怒りのご様子。

その時点ではそれほど荒らされていなかったので、「へえーヤマアラシかぁ~。見たかったなぁー(笑)」ぐらいにしか思いませんでした。
(想像図)
f0077159_1630798.jpg



が、後日同じ場所を見たらさらに荒らされていて、根っこの部分とかもかなり掘り返されてえらいことに。

f0077159_1548917.jpg



夫はそれまで、ヤマアラシがイタリア語で”Istrice(イストリチェ)”というので、「イストリちゃん♪」と日本語風にかわいく呼んでいたのに、この荒らされ具合を見たとたんアントニオ同様「今度見たらとっちめてやる!」と態度が激変(笑)。

まあでも球根がまだ相当残っているし、多分来年もちゃんと生えてくるだろうなと思っています。また戻ってくるのかしら・・・?
[PR]
by tomoky_ex | 2016-06-13 07:40 | 家のあれこれ | Comments(2)
Commented by Sorella at 2016-06-14 16:41 x
あら綺麗だこと。ヤマアラシ、結構長く住んでるのに、最近になって出没するの?巣の周りの環境が変わったのかな?なんだかんだ言って、自分のところに被害が出るとやなのよね。私たちはそれでキツネが大っ嫌いになりましたよ(-_-;) 早く解決するといいね。
Commented by tomoky_ex at 2016-06-14 19:02
>Sorella,
花が咲くと荒れ放題の庭もきれいに見えるよね(笑)
そうなのよ、ヤマアラシねぇ、相方がちょっと上の方で見たことがあるのでこの辺にいるのは知ってたんだけど、ほんとこんな住宅地にまで来るとはなんか環境が変わったのかもねぇ。狐もいるはずなんだけど、まだうちの辺りでは見てない。うちには出てほしくないな(;´∀`) でもちょっとだけヤマアラシも狐も見てみたい。