イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ピストイア散歩(2)

お天気がよさそうだったのでピクニックがしたいと言う夫の希望で、お弁当を持ってきていたのでした。なので車からお弁当を出し、近くの公園のベンチに座ってのんびりランチ。

一息ついてからまたぶらぶらと中心地に戻ってきました。

こちらは別の広場でPiazza della Salaという広場。

f0077159_23133152.jpg


中世の趣ある建物に囲まれて、気軽に立ち寄れそうな食べ物屋さんやお土産屋がたくさんある、祝日のこの日唯一(?)この時間にぎわっていたところでした。夫は(自分がピクニックしたいって言ったくせに)ここで食べてもよかったなぁ・・・と若干後悔していたようです。ねー。覚えておこうね。

もちろんまだ例の地下ツアーが頭にあり、午後3時に1番目のツアーがあるなら、その時間に行けばオフィスはさすがに開いているだろうと。でもまだその時間にはちょっと間があるのでもうちょっとぶらぶら・・・・





ということで、町の南東の端にある昔の要塞Fortezza di S.Barbaraにやってきました。

f0077159_23135145.jpg


コジモ・デ・メディチのために建設された見ごたえのありそうな要塞なのに、残念ながら特別なイベントのある時以外は一般公開されていないとのことで、外から見ただけ。

周りが大きい公園になっているのでちょっとだけお散歩して、改めて地下ツアーの申し込みへGO!

ピストイア、小さい町なので端から端まで歩いて行けるサイズでいいですね。

さて、結果はですね、オフィスは開いていました(そりゃそうだ)。

それで、朝電話した旨伝えると、コンピューターの画面をスクロールして夫の電話番号を探したところを見ると、あとで留守電に残されていた電話番号を希望時間とともに控えていたようなんですが、、、

残念ながら全部は載せきれていなかったようで、受け付けのお姉さんお約束で「すいません、あなたの電話番号はここにはまだないみたいです・・・」と。

4時の回はまだ余裕があるというので、その場で改めて予約しなおしました。

さて、この時点で午後3時過ぎ。待ち時間で、朝は開いていなかったDuomoを見ることに。ちなみに、写真中央の鐘楼と右手の洗礼堂は入場料が必要です。(今回はパスしました)

f0077159_2314962.jpg


教会が開くのと同時に入ったのですが、日本人と思しき女性が一番に一人でするっと入って行きそのあとパイプオルガンを弾いてらっしゃいました(見えなかったけれど、多分!)。

5世紀には存在していたと記録のある古いDuomoですが、その後何度か火事や地震で損失されたのが再建され今のロマネスク・バロック様式の建物になったようです。

f0077159_2314268.jpg


見どころの一つ、マルコバルドによるCrocifisso(磔の十字架)と、

f0077159_072621.jpg


聖ヤコポの銀の祭壇。

f0077159_23143712.jpg


おまけ。

聖ヤコポの銀の祭壇の横に、コインを入れると解説が聞ける機械が2つ設置してあったんですけど、両方とも「故障」の貼り紙が。とってもイタリアー(笑)!残念!

f0077159_23144244.jpg

続く。
[PR]
by tomoky_ex | 2016-04-03 10:33 | 旅とお散歩 | Comments(0)