イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

帰ってきた車

かれこれ3週間ほどになっていた我が家のシトロエンC3さまの入院。

今年に入ってエンジンがかかりづらくなり、日に日に増していくエンジン掛けタイム(汗)。もう夫なんて毎回最後の方は息切れちゃってはぁはぁ言っちゃって、見ている方も発車するまでにぐったり疲れてしまっていたのでした。





それで2月初めに一度整備士に見せたら、ガソリンの通りが悪いんだろうとかなんとかで、とりあえずそこをきれいにしてみるから、と言って一日修理に出し。

戻って来たらさらに悪くなっていて_| ̄|○、数日後にどうしようもないのでまた持って行ったら、そこから長い長い入院に突入したのでした。

なんか4つある気筒のうち2つしか動いてなくて、新しい制御装置が必要だったらしいのだけど、それがないので探さないといかんのよ、と言われてからまた時が経ち。

正規のシトロエンの部品だと金額がどん!と高くなる(だろう)ということで、中古の物を探していたみたいなんだけれど、見つからなくて最終的にネットで(夫が製品コードとか聞いて探した!おいやる気あんのか"(-""-)"!)売っているところを探して、やっとやっと手に入り、そこから二日ほどでやーっと戻ってきたというわけです。

で、うちの店の近くの修理工場の人なので、昨日ふらっと鍵を渡しに来て、「2~3日これで試しに乗ってみて。火曜日にまた来るから」と言って去っていったのですけど、金額を言って行かなかったそうで、一体最終的にいくらになったのかまだわかりません。怖い・・・。

そんなわけで昨日の晩は私がうちの車を運転し、夫が義母の車を運転して一緒に義母の車を返しに行きました。義母にも本当にいつもお世話になって、今回も彼女の車がなかったら一体どうなっていたか・・・。助かりました。

で、なんだか久しぶりに運転した、しかも苦手な夜の運転だったせいか、昨日寝ていたら「私が車を運転していると(左側走行だった)前から車のライトが突進してきて、真正面からぶつかる!という寸前に相手の車が右に避けて事なきを得、その運転手は警察に連れて行かれる」という夢を見たんですけど・・・・笑える・・・・そんなに久しぶりの運転がトラウマになったのかなぁ?

とりあえず、今のところ動いてくれています。イースター休み前に戻ってきてくれてほっとしました。これが一時帰宅にならず、快復で全退院でありますようにー。
[PR]
by tomoky_ex | 2016-03-12 11:29 | Other | Comments(0)