イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

サン・ルカ上りからの取りとめのないあれやこれや〈2〉

f0077159_0362812.jpg



そんなわけで(昨日の続きです)、町の中心に向かっててくてく歩いていたら小さいお店のショーウィンドーが目に入りました。

そこにはありとあらゆる靴や皮製品のお手入れ製品が並べてあったんですが、実は私、この数日ずっとあることに頭を悩ませていたところで。







この日履いていたスエードの靴、実は長野オリンピックを見に行く時にちょっと奮発して買った年代物(笑)で(覚えているか妹よ。君は某ホーキンスのブーツでつるつる滑っていたねぇ笑)、なぜか長年履いていなかったもののイタリアに来るときにはちゃんと持って来ていたのにまたまたほったらかしで、なんとこの冬になってから十何年ぶりかにお目見え。

履いてみたらなんだか履きやすいし暖かいしで、ちょっとしたリバイバル的マイブームになっていたのです。が、いかんせん十数年間覚えている限り一度もお手入れしていなかったものだから、いやー汚れてるの汚れてないのって。

色がベージュなので黒ずみも目立つし、脇のこすれるところはちょっとブラシをかけたぐらいじゃびくともしないぐらい真っ黒な汚れが・・・。

ネットでスエードの靴の汚れの落とし方というのをいろいろ探していたら、スエード用のブラシでまずはブラッシング、というところまでは共通するものの、スエード用の泡とかスプレーとか消しゴム(?)とか牛乳に水を混ぜたもので洗うとか、なんだかいろいろな方法が出てくるので、結局靴屋に行って聞いてみた方がいいという結論に。

そんなところにこのショーウィンドーを通りかかったわけです。そしてスエードの汚れ落としスプレー発見!

奇しくも(?)例の靴を履いているし!

このお店、靴の修繕をしている小さいお店で、年配のご婦人が一人で対応していらっしゃったんですが、「ショーウィンドーであのスプレーを見たんですけど」と言うと、「あー、あれはダメよ」と即否定(なぜだ)。

実際私の靴を見せたらますます「あれじゃだめ」で(笑)、結局アドバイスを聞いて「どんな皮製品でもOKのシャンプー」と、うちにはなかった防水スプレーをゲット。

私の靴、やっぱり相当の汚れだったようで、「あのね、このぐらいの汚れになるとスプレーじゃ落ちないのよ。まずはブラッシングしてね、それから根気よく洗ってね。それですっかり乾いたらまたブラッシングして、それから防水スプレーっていう感じでお手入れしてね。ブラッシングのブラシは例えば爪のお手入れするときに使うあれとかでいいのよ。」

とアドバイスをいただき、悩み解決ー!るんるん。これだけでもこの日たくさん歩いた甲斐があったよ。たとえジーパンがきついままだとしても!(笑)

というわけで、翌日家にいた私は朝から例の靴と夫のさらにまーーーーーっくろでボロボロになったスエード材のスニーカーを洗いまくり、やっとすっきりしたのでした。

夫の靴はね、、、洗ってみたけれど、あまりにぼろぼろで修繕さえも不可能な感じ。ごみ箱行きかなぁ。がっくり。

ちなみに翌日は筋肉痛。どれだけ普段運動していないか思い知らされますね・・・。
[PR]
by tomoky_ex | 2016-01-31 15:36 | Other | Comments(2)
Commented by Nori at 2016-02-02 00:12 x
記事の後で何なんだけど。フィリポの、まさしくベージュのスエードの靴が汚くて臭くて(名誉毀損ですか)どんなに太陽に当てようともどうにもならないので、クリーニング屋に持って行ったの。日本だと、クリーニング屋さんで靴の丸洗いとかってあるでしょ?
そしたら、やってるというので頼んだら、まぁビックリする位綺麗になって戻ってきたよ!匂いもすっかり取れてて!試してみる価値ありです。
ただ、中敷紛失…というどーしようもないオマケつき。何事もそうそう簡単にいかない。
Commented by tomoky_ex at 2016-02-02 17:23
>Noriちゃん、
クリーニング屋!その考えは浮かばなかかったわー。実は日本でも浮かばなかった。布団丸洗いは見たことあるけど、靴丸洗いっていうのもあるのね。すごい、いいこと知った!ありがとう!
「名誉毀損」の描写はウケたわ。うちの相方の靴はすべてそんな感じ←名誉毀損(笑)で、今回洗ったのはもうクリーニングとかのレベルじゃなくて、もう犬にでもかじられてトラックに100回ぐらい牽かれたか?ぐらいな痛み方で、修繕屋さんに出してもだめかもな、、、せっかく洗ったのに残念です。
中敷きが紛失ってイタリアらしい結末・・・_| ̄|○ 臭いの元がなくなってすっきりしたということなのかな(笑)