イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

マンマのパッサテッリ、再び。

f0077159_1315325.jpg

Passatelli in brodo


いつものように、昨日土曜日はマンマの家でランチをいただきました。

先週の土曜日に「Tomokyはパッサテッリって好きだったかしら?好きだったら来週作るわ。」と言うので、「そりゃあもうだーいすき!」と言っておきました(笑)。ということで朝から楽しみにしていました、パッサテッリ(笑)。





何か夫にも、「Tomokyって○○好きだったかしら?」という質問、よくあるそうなんですけど、今までなんでも食べてるのになぜ訊くのか、夫と苦笑。パッサテッリに至っては一度作ってもらって大絶賛した記憶もあるんですけど、まあいいや。(笑)

そんなパッサテッリ(イン・ブロード)、寒い日には最高です。ボローニャは連日霧でジメジメ、芯から冷える寒さ。おいしくいただきました。

作り方は簡単で、卵一個につき、パン粉(細かいもの)大さじ2、パルメザンチーズを削ったもの大さじ2、小麦粉大さじ1、それに塩・こしょう・ナツメグ少々、柔らかくしたバター(かオリーブオイル)小さじ1ぐらいをよく混ぜ、ポテトをマッシュする道具で直接熱々のブロードスープの中にニョニョーッと押し出して浮いて来たらできあがり。(詳しくは前回の記事を)

f0077159_1322256.jpg

昨日のメインはスープを取るときに使った鶏肉と冷凍庫に眠っていたポルペットーネ(ミートローフ)、付け合わせのカポナータ、サラダ


ちなみにそのブロードスープを作るときに使う牛肉、鶏肉とも、そのまま、もしくは形を変えて(オーブン焼きとかポルペットーネなど)メインとしてテーブルにのぼり、一石二鳥という具合です。

マンマの十八番のトルテッリーニは私は到底作れなさそうだけど、これならできそう。って前にも確か思った!ただ、ポテトつぶしの道具をまだ買っておらず、実現には至っていません。

そろそろ買わなくちゃね。
[PR]
by tomoky_ex | 2015-12-06 17:44 | | Comments(6)
Commented by Sorella at 2015-12-07 20:17 x
あーいいなーおいしそう!!お義母さん料理上手だもんね。いいな~私も食べたいっス。
Commented by tomoky_ex at 2015-12-08 00:23
>Sorella
義母料理上手なのよねー。まったく学んでないんだけど(^▽^;)食べるの毎回楽しみでーす。
Commented by Bolognamica2 at 2015-12-08 00:31
パッサテッリ、地味なんだけど滋味深い味で(シャレじゃないよ(笑))美味しいよね~私も好き♡
トリュフのサグラで、スープじゃなくてクリーム&トリュフに絡めたパッサテッリを食べたんだけどさ、それも美味しかったわー♡

材料もシンプルだし簡単そうだけど、私も一度習ったっきり自分では作ってないなぁ~確かにトルテッリーニよりはハードル低い(笑)から作りやすいよね?きっと^^

お料理上手なお姑さん、ちゃんと「ともちゃん何が好きかな~」って考えてくれる辺り、愛情感じるわ~いいな♬またクリスマスは豪華なご馳走が待ってそうね!!
Commented by tomoky_ex at 2015-12-09 05:03
>Bolognamica2ちゃん、
地味だけど滋味深い!(座布団さしあげたかったけどシャレじゃなかったのね!笑)ほんとにね。Passatelli asciutto、私一度しか食べたことないんだけど、その時はそれほど感銘を受けず・・・でもクリームとトリュフっていうのすごーくおいしそうね!奥が深いね~。私、いつもブロードを取るのがめんどくさくて(材料買えばすむんだけど)それもあってまだ手を出せず・・・一度ちゃんとやってみないとと思っているところ。ハードルは低そうだけどなかなか足が踏み出せないのであった(笑)。
そうだねー、なんか嫁に遠慮をしているところがあるというか、、、いつも気にしてもらっています。感謝。クリスマス、今年も頑張ってくれるみたい。ほんとにいつもありがたいな!
Commented by Nori at 2015-12-10 20:53 x
以前はともちゃんのこういうお姑さんお料理記事をそうそう!と思いながら楽しく拝読していたけど、なんか今ちょっと複雑な気持ちになっちゃった。私の姑は、もうパッサテッリはもちろん、タリアテッレもカペレッティも作れなくなっちゃったし食卓が前とは全然違うものになったから。以前がすごかっただけに違いが凄すぎて。でも、私とウリの記憶には残った、ジェアはどうだろうな、多分覚えてないだろうな。
お姑さんがお元気なうちに、沢山頂いて教えてもらっておいてね!私、あんなに時間はたっぷりあったのにやっておかなかったことをバカだったなあって思ってるわ。
Commented by tomoky_ex at 2015-12-10 23:48
>Noriちゃん、
そうよね、いつまでもこういう状況が続くわけじゃないんだもんね。お姑さんのお料理、ほんとにいつも素晴らしかったよね。もう全然料理なさらないのね?ジェアちゃん覚えてないかなぁ。そうだとすると残念だね…。私もいろいろ教わっておきたいし今までなんどもレシピを聞いたんだけど、彼女が得意なものほどちゃんとした量とかがなくて「目分量」なのよ。適当なのに彼女の味になるのがすごいんだけど。で、その後引っ越しちゃったのもあって、彼女が料理するとき私はお店の手伝いとかで見られないし、、、でもNoriちゃんの言う通り、近い将来(っていうのがだめか)ちゃんと教えてもらう機会を作ってもらおうと思ったわ!