イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

運転手さんも大変だ-その2-

我が家は1台しかない車を夫が乗っていってしまうので、私にとってはバスはなくては生活が成り立たないもの。夫と行動を共にするとき以外はいつもお世話になっています。

バスの料金の分け方には、地域によってurbano(ボローニャ市内)、suburbano(ボローニャ郊外)、extraurbano(郊外のさらに外)と3つあり、ボローニャ郊外から近郊の地域にかけては、Zone2からZone5まで距離によって料金が定められているんですが、引っ越してからは最遠Zone5の地域から1時間半かけてバスでボローニャに来ております(笑)。思えば遠くに来たもんだ(遠い目)・・・

田舎ゆえ一日数本しかバスが通らないためこちらも大体いつも同じバスに乗ることになるし、運転手もほとんど同じメンバーでシフトを回しているようで、大体お互い顔を覚えちゃっています。のどかだなぁ(笑)。

しかし、その中にはもちろん無賃乗車の常習犯というのもいるわけで、こちらはのどかではない(^^ゞ。





ボローニャ近郊を行き来する中距離バスの多くは、乗り口が3つ以上ある市内のバスと違い、前のドアから入って後ろのドアから降りる仕組。乗り込んで運転手さんの脇を通る時に切符の改札機械(日付刻印機)があって、そこに切符を通さないといけないんですが、切符を通さないでそのまま通り過ぎたり、切符が何かしらの理由で有効でない場合は、それなりの「音」がするので運転手さんはもちろんすぐにわかるわけです。

それでも、これまで切符の確認は時折乗り込んで来る”Controllore”(切符検札係員)がするものであって、運転手はよほどのことがない限り我関せずというか、見て見ぬ振りというか、口を挟むことがないものと思っていました。少なくとも私の知る限りは役割分担がはっきりしていたんです。

それが今週に入って、ある運転手さんが切符を通さないで乗り込もうとする乗客に対して「お客さん、切符はこちらの機械にお願いしますよ。もしお持ちでなければこちらで発券しますよ。」とあくまでも丁寧に注意をし始めました。「お?これは何ごと?」と思わず注意して見ていたら、ある若い女の子が案の定不満を抱いたらしく「は?なんで私運転手にこんなこと言われないといけないの?」という態度で、言い訳→反論→攻撃に。

言い訳としては、その子は定期を持っていたのだが、先日なくしてしまった。ついては本日バスターミナルのオフィスまで行って、どうしたらいいか訪ねるためにバスに乗っていると。

運転手「ああそう。じゃぁ今日はどうやって移動するんですか。切符無しで。」

運転手さん、当然の疑問。私もそう思いました。切符がないのなら嫌でも今日の分は買わないといけないのでは??

頑固な女の子はそれに対してまぁぁぁ、あーだこーだと反論をこねくり回しまして(バス中に聞こえている)、運転手も仕方ないので「分かりました。でもそういう事情があるなら最初に私に知らせるべきでしたね。」

と、これも当然のコメント…と私は思っていたら、女の子はそうではなかったらしく(^^ゞ、こう言い放ちました。

「どうして?あなたは運転手であって、検札員ではないでしょ!?」

これには運転手さんが切れたΣ(゚口゚;)//!(私もこんなこと言われたらバスから放り出すわ!)運転手さん、あくまでもあんな生意気若造ぴよ子(命名Tomoky)に対して尊敬語の”Lei” を使いながらも、

「私の契約内容の何を知っているんですかね、お嬢さん?え?何を知っているんですか、言ってみて下さい?私の勤務にどんな内容が含まれているのか、全部知っているんですか?私が運転するバスに私が責任を持たないで一体誰が責任持つんです?貴女が私の仕事に対してどうこう言うことはできないはずですが。」

最後は女の子が折れましたけどね。当然です=3

この言い争いがなんとか収まったあと、今度は私も何度も見たことがある無賃乗車常習犯の外国人カップルが乗り込んで来ました。もちろん運転手さんも知っている。当然この人たちにも彼は頑張って注意をしたんですが、「運転手は何もできない」と高をくくっている乗客の方があーだこーだと言い負かして結局払わずに終わりました。

どうやら運転手さんが話しているのを聞くと、来年から運転手も無賃乗車する客に対してある程度の権限を持つようになるらしいんですね。それを上記のカップルに言ったらね、男性即答。

「まだ来年じゃないだろ。」

だって。むっかぁ~~~!!

見ている私のほうが気持ちが治まらねぇ~~(><)。私、完全に運転手さんに感情移入(笑)。運転手がこんな人たちの相手までしないといけないとなると、本当に大変な仕事ですよ。心労が半端じゃないと思う。

無賃乗車を減らすために、以前に比べるとここ2年ぐらい規則が変わったりコントロールする回数が頻繁になったり、バス会社がいろいろやっているんですが、彼が「契約内容」と言う言葉を出したことから推測するに、今度は運転手に「君達がもっと注意して切符を通させるようにプッシュして」とでも通達が来たんでしょうか?それとも運転手さんたちの間で「やってみるか」と決めてやってみたのか・・・。

市内のバスは無理でしょうけれど、近郊バスは入り口が一つでコントロールしやすいというのもあるのでしょうし、踏み倒す額が(距離が長いので)大きいというのもあって、推進する方向なのかなぁと考えられますが・・・。

個人的に来年からの運転手さんたちの動向が気になっているところです。乗客との諍いが増えないといいのですけど。すでに検札員さんたちと乗客の諍いは警察沙汰になるものまでいろいろ見てきていますから、これはそう簡単ではないですよ~。運転してますし。いずれにしても、切羽詰ったバス会社の中で状況がどんどん変わって行っている感じがします。しわ寄せを受ける運転手さん、頑張ってほしいものです。

しわ寄せといえば、私の乗るバスの本数が資金不足で減らされませんように~~(うちのバスすでに少ないのでいつも発表がある時どきどきです~)!

ちなみに、定期をなくしてバスターミナルに行くと言い張っていた女の子は、案の定全然関係ないところで降りて行きました。はーあ。
[PR]
by tomoky_ex | 2014-11-30 23:30 | イタリア・ボローニャ | Comments(4)
Commented by Sorella at 2014-12-02 08:08 x
こっちのバスは前後ろにドアがついてるけど、いるよ、やっぱ、そういうバカ。運転手と口論する疲労の方が私はやだけど。運転手は大変だよね、ホント。態度が悪くなるのも無理はないわよ。
Commented by tomoky_ex at 2014-12-04 07:09
>Sorella
AUSのバスって切符どうするっけ?コントロールどうやってするの?思い出せない。毎日乗ってたのに・・・
口論しないで済むならしないほうがいいものねぇ~。その後、実はこういうケースに遭遇してないの。試験期間だったのかしら・・・
Commented by Bolognamica at 2014-12-16 01:24
ひゃぁ~無賃乗車ほんと多いよねぇ・・・私も時々バス乗るけれど、最近コントロール多いような気がするわ。
「運転手さんも大変だ、その一」の話は生で聞かせてもらって、ありえねぇー!ってビックリしたけど、そんな運転手さんもいれば、こちらの運転手さんは結構自分の仕事に誇りを持っているというか、真剣に仕事している感じだね。。
まぁあまりに常習犯が多いから見るに見かねているとこもあるのかもだけど^^;
しかし、こんな小娘おるんやねぇー・・自分の常識範囲を超えてて開いた口がふさがらへんわ!!謝まらへんし、言い訳だけは達者やもんねー・・・
Commented by tomoky_ex at 2014-12-16 06:08
>Bolognamicaちゃん
最近結構みんなちゃんと切符を通すようになって来た気がするんだけど、まだまだいるよねー。
「その一」の女性運転手さんも実際には、「こんな所で客を下ろさなきゃいけないなんて不本意極まりない」みたいな感じだったのよ。責任は私にはない、そういう決まりだからしょうがないんです、みたいな。なんかお気の毒だったわ。「その2」の彼は誇り持ってると思う、うん。でもその次に同じ運転手さんのバスに乗ったらラジオかけてあまりお客さんとコンタクト取ってなかった(笑)。懲りちゃったのかしら(^^ゞお気の毒に~~(笑)小娘、いるいる、他にも全く同じような子別のバスで見たし!もうほんと、見ててきぃ~って感じだったよ~。あの強気、どこから出てくるんだろ?