イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ペルーの味

先週末にもお会いしたペルー人のMOさんと日本人の奥さんMKさん。いつも楽しい二人で大好きなのだけど、お世話になりっぱなし。またしても今日お二人の自宅に妹夫婦も引き連れてペルー料理をいただきに行った。

MO&MK夫妻の手料理を今まで何度かごちそうになっているのだけど、毎回奥さんが、MOさんのお母さん直伝のペルー料理を作ってくれて、これが毎度毎度めっちゃめちゃおいしい。実はペルー料理だけじゃなくて、MKさんが韓国企業に勤めているせいか(?)韓国系の味付けの料理も得意なようで、そちらもおいしい。

f0077159_2319243.jpg

・手前がお豆腐の唐辛子醤油ソースがけ。(ソースは醤油・韓国の唐辛子パウダーor一味唐辛子、ネギのみじん切りなんかを混ぜていた。)
・真ん中がペルーの一般的な料理だそうなんだけど、名前がわかんない!ジャガイモのマッシュにレモン汁+オレンジ色のAji(”アヒ”。ペルーのチリ唐辛子)ペーストのMixを混ぜたものとツナのサンドイッチ状のもの。お皿に2cm上記のマッシュポテトを敷いた上にツナ缶一つ分をまんべんなくのばして、その上にまたポテトをのせてサンドイッチ状に層を作ったもので、食べるときはティラミスみたいに(?)切って食べる。マッシュポテトはペルーから持ってきた器具で何度もマッシュしていて、すごくなめらかだった。ポテトにレモン??ってみんなでびっくりしたけど、これがさわやかで合う。アヒの色でポテト全体がオレンジ色になっているけど、今回は日本風に手加減してくれて全く辛くなかった。激うま。
・一番奥の物もおもしろい。さきいかをさらに細く裂いて、コチュジャン・ごま油・砂糖・ニンニクすり下ろし(半かけぐらい)を混ぜた物に和えるだけ。ちょっとしたおつまみに最高。


f0077159_23321525.jpg

・またしても名前が分かりません。(見たのに。)カレーじゃないよ。ペルーから持ってきた乾燥ポテト(大豆ぐらいの大きさに砕かれた物)にまずびっくり。生まれて初めて見た。この乾燥おじゃがと鶏のもも肉の煮込みって感じなのだけど、入れる香辛料が、唐辛子(Panca?)の他にシナモン(丸ごと)・クローブ・乾燥オレガノなどで、思いがけない組み合わせ。シナモンってあんまり料理に使ったことがない。最後はオレガノがすごくいい香りで食べるのが楽しみになってしまった。食べてみると、シナモンの風味が強いかな?と思うのだけど気にならなくてくせになる味~。これも手加減してくれたせいか辛くなくて、コクがあっておいしい。ジャガイモが柔らかくて味をたくさん吸っていてすばらしかった。お肉も最初に焼いてから煮込んでいるのでうまかった^^

義弟が感動して「うちでも作れるかなぁ」と言ったのがきっかけで、他では手に入らない乾燥ジャガを初めとする材料を惜しげもなく持たせてくれた。太っ腹~!すてき!ありがとうMOさん、MKさん!貴重な物をすいません。妹が頑張って作ってくれると思います。^^

そして妹、運転ありがとう。助かりました。狭い農道で冷や冷やしながらでも行った甲斐があった・・・でしょ?^^;
[PR]
by tomoky_ex | 2006-05-20 23:11 | | Comments(0)