イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ガスの切り替え当日は

f0077159_794742.jpg

配管工のおっちゃんが台所で格闘


(前回からの続き)

さて、11月18日(月)。

キッチンのガス台用の部品を頼んでそろそろ着くかな?というタイミングで、夫が都市ガスの会社(Hera)に契約しに行って来ました。

契約と同時に、開始する日時の予約も入れてもらったのですが、一番早くて同じ週の金曜日(22日)のお昼と言われ、慌てて配管工にも連絡を。21日木曜日の朝から来てもらえるとのことで一安心。

ガス台の部品も問い合わせたらその日の夕方「届いた」と連絡が来て、こちらも翌日ゲットしに行って無事に間に合って一安心。

水曜日のうちにお湯やらガスを使うことは全部やっておかなくっちゃ!と洗髪から料理からいろいろとやっていざその日を迎えました。



木曜日の朝、配管工のおっちゃんが約束の時間より40分ほど遅れて(いつもです。笑)やって来ました。

外のメーターや台所の外部分の元栓を眺めて「必要な部品と道具取って来るから。」と去って行ったのはいいけど、戻ってきたのはお昼近くなってから。すぐ戻ってこないならそう言ってよー(´Д`) =3 ずっと待ってるんだからぁー。

で、メーターの所の配管をちょこっとやったらまたどこかへ行っちゃって(多分お昼を食べに行ったんでしょうけど、なんか言ってー)、午後休の夫が仕事から戻ってきてご飯も食べ終わった2時すぎ頃にまたやって来て続きを。

で、プロパンガスの元栓を閉め、外のメタンガスの管をつなげて、今度は家の中の配管とボイラーの部品を換えて、あとはキッチンのガス台だけ・・・・というところで問題発生。

なんと、ガス台が開かない。

f0077159_7121721.jpg
バーナーの金属の部品たち(点火装置の部分)のねじを外して、ガス台の天板部分をぱかっと開けて中の部品を替えればいいだけの作業なのに、5つあるコンロのうちの一番大きいものの金属がどうしても外せない・・・

実際、ガス台の掃除をする時にいつも「不便だなあ。外せないのかなぁ」と思っていた部分。しかも一度も使ったことがなかったバーナー^^;

で、押しても引っ張っても回そうとしてもトンカチでたたいても(爆)びくともしないので、夫がメーカーに電話して外し方を聞くも「ねじを外せばいいはずなんですけどぉ」みたいな回答しか得られず、配管工が諦めて台に埋め込んであるガスコンロを丸ごと外して

「サービスセンターに持っていってやってもらった方がいいよ。戻す時はガス管と電気の線をまたつなげばいいだけだから。じゃ!!」

と言い残して帰っちゃった。夫唖然(゚Д゚;)僕がやるの・・・

仕方がないので、夕方50kmの道のりをまたボローニャへ戻った夫。で手ぶらで戻って来たのですが。

バーナーの上に金属のカバーがあったところが、溶けて天板にくっついてしまっていたんですって。それで、まぁなにやら液体の薬品をつけて金属を溶かせないかと様子を見るために週末留め置きにするそうで。溶けるといいね・・・(´Д`) =3 とその日は取りあえずおしまい。ガスなし生活1日目。



さて、金曜日。

ガスコンロはともかくお湯だけでも出るようになってくれればありがたいよね、と思っていたら、店番をしている私に家に残った夫から電話がかかってきて言うことには、


「えーーっと、今Heraの人が来てガスを開けて行ったんだけどね~。


ガス管が途中で詰まっていて、家までガスが届いてないんだってさ。」


は?



・・・・・。


∑(`□´/)/ ナニィィイイイ!!



なんと、ガスのメーターから地中を通って家に続いているチューブのどこかが詰まっているらしく、ボイラーもうんともすんとも・・・だったんですって。ミラクル★

この管、前の住人がメタンガスを取り付けようと準備だけしておいたものが残っていたのでそれを配管工がそのまま利用したんですけれど、問題なく通っているかどうかはチェックしていなかったみたいです。何年も地中に埋まっていたのに。

ちなみに夫は見積もりをしてもらった時、この管は単なる保護用で、中に別の新しいチューブを通すものだと思い込んでいたらしく。完全に行き違いですね。

夫がさらに続けるには、

「しかもさー、そのHeraの職員によると、昨日配管工がつなげて行ったボイラー、どうやらガスと水の場所を間違えてつなげてたみたいだって。」

・・・・・ええええ!∑(`□´/)/


そんなことが可能なんですか!それとも私の聞き間違い??


あ、あ、あ、


ありえねぇぇぇ~~~~



ともかく、Heraの人はご自分の役目を果たしてお帰りになったそうですorz


こりゃ大変だ、というのですぐに配管工に連絡を取ってみたんですけど(これがまた電話に出ないんだ・・・)、すでに仕事が入っていてこの日も翌日土曜日も無理と。日曜日はお休みなので、月曜日の午後3時ごろ、別の仕事の合間にちょっと来られるかも・・・とか言っている。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン



このガス管に一体何が詰まっているのか、すぐに解決するものなのか、もしかして地中に埋まっている管を全部掘り起こしてまた新しいのに替えないといけないのか、そうなると一体いつになったらガスが使えるようになるのか?全とっかえだなんて一体いくらかかることになるのか?、、など不安要素満載の中、とりあえず月曜日まで、ガスなし決定。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

続く。
[PR]
by tomoky_ex | 2013-12-08 10:38 | 家のあれこれ | Comments(4)
Commented by megumeg at 2013-12-09 21:38 x
ご無沙汰しました。「郵便」でお世話になりました。

さて、すごいですね。相変わらずのイタリア流。
連絡があって、予約が取れているのは、次に進む証拠、ですね。
風邪やインフルエンザに冒されないよう、ご自愛下さい。
Commented by ジュニア at 2013-12-09 22:03 x
ひっさびさにiPadからmixiチェックしてここにきてみたらエライこっちゃだねえー。なんかもお、適当過ぎて怖い〜!!!事故とか起きてからじゃ遅いから、ほんと、早くなおるといいね?なんせ雪に埋まってからじゃアウトだし。いっそお風呂は五右衛門風呂、料理はかまど、とか?みたことないけど、北の国からみたいな生活はいかが?
Commented by tomoky_ex at 2013-12-11 07:07
>megumegさん
お久しぶりです。お元気ですか?

いやー今回は(も)久々に参りました。このものごとがこれだけ一筋縄じゃ行かないのもほんとにすごいなぁって。でもおっしゃる通り、「連絡があって、予約が取れているのは、次に進む証拠」ですね。時には後退しますが(苦笑)。
こちらはおかげさまで元気です。megumeguさんもご自愛くださいね。
Commented by tomoky_ex at 2013-12-11 07:10
>ジュニア、
いやーさすがにガスだから安全性のこともお金のことも生活全般のことも絡んで総合的に笑えないできごとだったんだけど、今思うとほんとに笑っちゃうぐらいミラクル満載だったわ~。おかげさまで今のところ無事に使えているよ。でもほんと、北の国からみたいに他に頼らず自給自足みたいな生活が一番確かなのかもって思うわ。自分でコントロールできるし。最終的にはああいうのが一番!←相当キテル?