イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

2月最後の週末と雪

f0077159_18215645.jpg


月曜から木曜日まで毎日用事やら仕事やら約束やらが詰まっていて飛び回っていた先週。

予報では木曜日から雪になり、月曜日までずっと続くと言っていたので、それは大変!と毎日相方と天気予報をチェックしては雪が降る前にあれをしなきゃこれをしなきゃ、などと話していたのですが、結局我が家では予報の前倒しで水曜日の夜から降り出しました。ボローニャは雨だったのでぎりぎりセーフで水曜日の楽しい約束と木曜日の仕事を果たし、家に戻ってからぼちぼちエミリア・ロマーニャ州全体も雪になって行った・・・という感じでした。

それで、金曜日は「雪だしお客さんも来ないだろうから」と相方は一人でお店をすると言って出て行き、そのまま山の我が家の雪がひどくなって急遽下界(ボローニャ)の義母宅泊まりに決定。いつもはすぐに除雪車が出て道路も大体きれいになるのに、いつまでたっても来なかったのが敗因です。それで、土曜日は帰ってくるつもりだった相方、今度はボローニャの雪がひどくなり、やっぱりダメそう008.gif、、、ということでまたしても義母宅に足止め。(着替え持っていないのに・・・汗)お店は1時間早く閉めたそうです。

さて、日曜日の朝。



相方は我が家のある町で投票をする予定だったのですが、朝起きるとまだ雪。しかも風が強くて吹雪になっちゃっているし(^^;)。しかも朝ちょっと早めに起きて顔を洗っていると、突然停電。7時40分ごろでしたが、朝ごはんがまだだったのでコーヒー沸かすのに久しぶりにライターでガスつけました。ははは。

で、一向に電気は復旧しないし暖房はないし、パソコンもだんだん充電が切れてきたので消して、諦めて外へ出て雪かき。夫には「まだこっちは雪だからもうちょっと帰ってくるの待って」とメッセージを送ったら、「もうそっちへ向ってるよ!ボローニャは晴天なのに冗談でしょ?」と。えーーー?朝はあんな感じ(↑↑上の写真)だったのです。

ともかく夫が着く前に少しでも雪かきを。そうこうしているうちにこちらも日が差してきました。

f0077159_18215545.jpg

駐車スペース作り中、壁にぶちあたるの図。除雪車が積み上げた雪は重くて硬くて正に壁です…


雪かきしている最中に夫が無事に到着。やあやあ久しぶり!なんて(笑)

それで、彼が雪かきを交代して、私は家に入って1時間ぐらいしたころでしょうか・・・。

駐車スペースもきれいにして完璧、あとは車を移動するだけ、、、、と思ったら、夫が家に駆け込んできて、

「大変!バッテリーが上がっちゃってて車が動かない!!」と。

<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!そんな落ちはいりません~~~(><)!

とりあえず近くで除雪機を動かしていたお向かいのご主人と、裏のアントニオ氏&息子マルコ氏(+愛犬ルーファス君)とであれやこれやと助けてくれ、なんとか再びエンジンをかけることに成功。もう、ほんっとすいませんみなさん。。。

お向かいさんはなんだかやけに機械に詳しい。頼りになります。で、彼曰く、もうバッテリーが古すぎていつ逝ってもおかしくないと。山の上のホームセンターがまだ開いてるから買って付け替えるのが得策だよ、なにしろ気温が低いところに置いておいたら、明日また同じ問題が起きてもおかしくないからね、と。(えっ、自分で付け替えるの?と相方が思っているのが顔に出ていた。笑)

というわけで、エンジンが動いているうちに慌てて山の上に行き、まずはホームセンターへ行くも残念ながらちょうどいい種類が見つからず、断念。orz 

とりあえず投票を済ませ、実はちょっとしたお祝いで予定していた外ランチも断念して家に直行。

まだ雪の恐れもある我が家の寒空に車を残しておいて、翌日の朝車が動かなくなっていたら悪夢なので、結局日のあるうちに再びボローニャの義母宅へ行くことにしたのでした。とほほほ。

ちなみに山の上の町もね、どうなっているかと思いましたけど、こんな感じでした。

f0077159_1822472.jpg


除雪車で積み上げられた雪の高さがはんぱないです。

f0077159_18221198.jpg


これ、しばらく車だと気づきませんでした↑ 笑

f0077159_18222737.jpg


役所前の広場。↑

今週日曜日にこの町自慢の豚祭りがあるんですけど、それまでに雪はなくなっているんでしょうか・・・?

というか、私雪国に住んでるんですか?もしかして。そんなつもりはなかったんだけどなぁ。気づくのが遅い?(・・∂) アレ?



木曜日に裏のアントニオおじさんと話していたんですが、彼は言いましたよ!

「今回の雪は月曜日まで続くよ。でもその後はもうないよ。おしまい!」

その言葉通り、今朝もずっと雪でした。でもその後はもうないの?つまり、この冬最後の雪ということ?

本当にそうなってほしい!信じてます、アントニオおじさん!!
[PR]
by tomoky_ex | 2013-02-25 19:27 | 家のあれこれ | Comments(8)
Commented by nori at 2013-02-26 05:22 x
ちょちょもしかしたらTomokyさんのお家の方が家より積雪多いかも…。
家もかなりのもんだったけれど、この車の写真とか相当スゴイね!
なんかさ、フィリポはこの山暮らしをひどく楽観的に考えてるけど
私がこの5年で感じたことは、結局チェントロに自分の両親が住んでて
いざとなればなんらかのヘルプを貰えるし避難場所もあるからだと思うのよ。
だから、本当に、孤独に山で暮らす人は大変だと思う、精神的にも。

私もアントニオおじさんの言葉信じたい。
だってもう3月だもんね!!
Commented by 和顔5 at 2013-02-26 18:02 x
ホントに三好達治さんの詩みたい!雪降りつんでるね~!のんきにこんなこと言ってる場合じゃないのは分かってるけれども。それにしても近隣の方々に感謝。こんなに雪が降る土地なんだね。色々アップしてるの読んでびっくりしてます。
Commented by tomoky_ex at 2013-02-26 20:17
>noriちゃん
noriちゃんの「ちょちょ」が何気にとっても好きです(笑)あのきれいな顔からこの言葉が出てくるの想像するだけで、ぷぷぷっ!笑 さておき、去年はもうどこもかしこも積もりまくったけど、今年はばらつきがあるのね。この車のある町は標高800mあるからもちろんnoriちゃんのおうちよりも(うちよりも)雪がすごかったみたい。
フィリポ氏が楽観的でいられるっていうのはやっぱり幸運だろうね。町までそう遠くもないし、あそこはいいと思うな。うちも50kmの距離があるとはいえボローニャに義母のアパートがあるでしょ?それがなかったらやっぱりかなり不便だし心細いと思うわ。確かに。将来どうなるんだろう、、、っていう気持ちも少しあり。^^; 
アントニオ氏は近所のBarで地元の爺さん達とカードとかしながら、ローカルな、しかしかなり的確な予報を仕入れてくるので期待してるのよ!3月になったら暖かくなるよねきっと!
Commented by tomoky_ex at 2013-02-26 20:20
>和顔5
だよねぇ~。夜に降り積もってる時に思わず「あんな詩あったなぁ」って思い出したんだよ。だいじょうぶ、こっちもかなり暢気だから(笑)。
近所の人たちが親切でほんとによかったよ~。雪のことはね、私もちょっと予想してなくて(汗)、毎年こんなだと困るな(笑)。いや毎年そうなのかもだけど。きゃーどうしよう!バニック!笑
Commented by naocci at 2013-02-27 01:41 x
えぇえぇそうでしょうともー やっぱり頼れ人がバックについてるってのは大事よ。。。愛だけじゃ無理(え、どゆこと 笑?)。 そして豚祭り、、、うちは来年のお楽しみだわ~~ さよなら角煮ちゃん~~
Commented by tomoky_ex at 2013-02-27 18:13
>naocci
え、どゆこと (笑)?あははは!でもほんとにそうなのよ!義母だけじゃなくて、私たち日本にまだ両親と言う後ろ盾が健在してくれているから、それだけでこのイタリア生活やっていけてる部分もあるなぁ~って思うし。だいぶ心細いだろうな、独りだったら(;;)。
豚祭り=角煮ちゃんになってる、naocci!あははは!豚バラブロック(皮付き)買って次に会うまで冷凍しておこうか?(それとも角煮だけがご所望?笑)
Commented by erieri at 2013-02-28 05:44 x
え?豚の角煮??
なんだか色々大変なんだな~Tomokyさんの腰は大丈夫なのかなぁと思いながら下まで読んで・・そんな色々な思いが吹っ飛びました(笑  で・・豚祭りに角煮登場?? (←結局ソコかい)

もう流石に溶け始めていると思うけれど、ドロミテのスキーリゾート真っ青な降雪量ですね・・。
地元のおじさんの言葉、絶対当たってると思います! 年の功より亀の甲。科学の粋を極めた天気予報よりも経験に裏づけされた天気確報。うちのじーちゃん(予報官でした)が言ってましたよ♪
Commented by tomoky_ex at 2013-02-28 19:29
>erieriさん
あっ、角煮に食いついた!笑 豚祭りに角煮があるわけではないのよ、erieriさん!(そりゃそうだ!)去年このお祭りで買った豚バラ肉で角煮を作って、みんなで食べたということなんだけども。erieriさんもどうすか!フェスタではその場で豚ばら肉切り分けてくれてね、皮もついちゃってたりしておいしいです。是非。
やー、ドロミテがどのぐらい降るのか知らないけど、降るときは降るなぁ、とやっと分かってきた今日この頃です(苦笑)。まだ結構雪残ってます。
おじいさま、予報官だったの?ほんとに?すごい!科学よりも年の功(いや亀の甲?笑)。期待してます。
あっ、おかげさまで私の腰は大丈夫です!ご心配ありがとう!笑