イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Pasquaランチ 2012

f0077159_18594023.jpg

義母のパートナー・ジュゼッペが毎年義母にプレゼントする巨大卵形チョコレート。今年は3.5kgでいつもより小さいそうです…


だいぶ間が開いちゃいましたが忘れないうちに4月8日(に食べた物)のことを…。






今年のパスクァ(復活祭・イースター)は4月8日。翌日も祝日(パスクェッタ)で久しぶりの2連休になった我が家。

夫はどこかへ遠出したそうでしたが、今回の復活祭は義母の家に家族で集まってランチをすることになりました。

着いてみたら家族だけじゃなくて、家族同様の義母の親友ルチアとネリオ夫妻も急遽来ることに決まったらしく、予想外にワイワイにぎやかな食事に。(彼らがまたよくしゃべるんだ、これが!笑)

なぜかわかりませんが、毎年毎年必ずといっていいほどの確率で雨が降る復活祭当日。そしてだいたいお天気になる復活祭翌日。今年も例外なく8日は雨で寒い1日でした。

しかし寒い日にはこれが良く合うのです↓↓

f0077159_132928.jpg


マンマのトルテッリーニです。いや、正直私は寒かろうが暑かろうがいつでもおいしく感じるんですけど。

毎度イベントごとのときには欠かせないので同じような写真になっちゃいますが、やっぱりおいしいのでつい写真を撮ってしまいます。

クリスマスと大体同じようなメニューが続きまして(笑)、トルテッリーニの後はブロード(ブイヨンスープ)を作る時に出たお肉類を使った料理。それに添えるジャガイモのプレ(マッシュポテト)とフリッジョーネ(野菜をトマトで煮てお肉に添えるボローニャ料理)。あと(義母が出し忘れてテーブルには載りませんでしたが)サラダも。

f0077159_1932993.jpg



それにもちろんワイン。今回はネリオが農家から買ってくるピニョレット(白ワイン)と義母が用意したランブルスコ(赤発泡酒)など3~4本。もちろん飲みきれませんでした^^;

f0077159_0454282.jpgf0077159_048557.jpg


デザートには義母の十八番トルタ・ディ・リゾ(お米のケーキ)に並ぶ定番のブディーノ・ディ・セモリーノ(麦のプリン)と、イチゴのデザート。

このブディーノはお米のケーキの麦版といったらいいんでしょうか、材料はほぼ同じだそうですが、私はこのカラメルソースがかかっているのが好きかも。。。翌日、翌々日に余ったものを食べましたけど、ソースが染みてさらにおいしかったです(*^_^*)

イチゴはこの時期ならではですね。レモン汁と砂糖を混ぜて作ります。

「私ができるうちはパスタは自分で打つ」と言って、かたくなにパスタマシンは使っていない義母。見ていると力も要るし一労働なんですけど、まだまだがんばってくれそうです。このままずっと義母特製手打ちのトルテッリーニ(その他)が食べられますように!
[PR]
by tomoky_ex | 2012-04-21 23:09 | | Comments(2)
Commented by Bolognamica at 2012-04-23 19:32
マンマの手打ちパスタ、しかもトルテッリーニとなると、これは美味しいだろうねー!作る方はトルテッリーニは特に少し手間がかかるから大変だけどさぁ・・^^しかもマシーン使わずの手のばし!
だからこそ、愛情たっぷり身体も心も温まるトルテッリーニ・インブロードだね♪
トルタディリーゾ、私もカラメルたっぷりのんが好き。
いつかマンマのレシピ公開してもらいたいわぁ~だってほんと美味しそうなんだもの!
Commented by tomoky_ex at 2012-04-28 02:04
>Bolognamicaちゃん
レスが遅くなって非常~~~に申し訳ない~!汗汗 今日はどうだったかな?
そうそう、他のおうちでも手打ちパスタはおいしいものだろうとは思うんだけど、愛情こもってる分やっぱりおいしいわ。あとブロードがね、彼女のはおいしいんだなぁ。トルテッリーニはやっぱり手間がかかって大変そうだけど、お友達を呼んで一緒に楽しく作っているみたい^^
トルタディリーゾも作り方独特だよね。あれはちゃんと習いたいなあと思うんだけど。トルテッリーニもいつも中途半端に聞くんだけど、どうやら具はCoopの「それ」用のお肉のパックにあれこれ足しているらしく、お肉の分量とかがいまいちよくわからんのよ^^; なので逆にみかりんが習った物を教えてもらいたいぐらいです(汗)!