イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

ParcinesとRabla'

f0077159_2126695.jpg

↑行きの高速道路。断続的に渋滞・・・


今年は去年より少し長く、1週間夏休みを取ることにした私たち。

去年行ったトレンティーノ・アルト・アディジェ州のVal di Nonの旅がとてもよくて、今年もまた同じようなところへ行きたいね、と言うところから始まり、今年はそれよりもさらに北の地域を目指し、メラーノという町から西に延びてさらに北のオーストリア国境へ続く谷『Val Venosta』辺りがなんとなく目的地として収まりました。

イタリア国内でもドイツ語圏の地域。外国に行った気分になれそうです(笑)。(ちなみにドイツ語に馴染みがないので、ここではイタリア語の地名中心に表記します。)

それでまずは漠然と宿探しが始まるわけですが、もうこれは本当に縁で、どの町に何があるとも分からずに、いろいろなサイトから偶然見て「ピン!」と来たところに決めて、そこが私達の旅の拠点になるというのが常。

今回も経済的な理由で絞っていったらこちらの宿(Appartamento Ganthaler)に行きつきました。行く直前によくよく地図を見たら、私たちが考えていた町ではなくて実は隣の町だったんですけど。危ない、確認してよかった(笑)。Meranoからそう遠くないRabla'という町にあります。




f0077159_21261711.jpg余裕を持って朝ボローニャを出発したはずなのに、蓋を開けてみたら大渋滞にはまり込み、5時間余りの道程。宿に着いたのは午後1時近くでした。 _l ̄l○

気を取り直して・・・。ここはアパートタイプの宿で食事は出ませんが、小さいキッチンやテーブル、洗い桶など長期滞在に不便が全くない設備がついています。食料品はだいぶ準備してきましたが、必要な時にはすぐ隣にミニスーパーがあります。滞在中とーっても助かりました。

←テーブルにフルーツとスプマンテの小瓶が001.gif

ベランダにもテーブルと椅子、そしてデッキチェアなどが置いてあって、お天気のいい日はベランダでゆっくりするのも気持ちがよさそうです。↓

f0077159_21263194.jpg


宿に着いた時に出迎えてくれた宿のマリアさん。イタリア語が本当に片言しか通じないので「おおーーっ!さすがドイツ語圏!」と思っていましたが、実はドイツのご出身でした(笑)。娘さんはイタリア語話せました。ははっ。

で、すでにお昼を過ぎていたので何か食べなければ・・・と思い、宿のすぐ隣にあるスーパーに行ってみたら土曜日は午前中で終わり。ベランダでのんびり、、、というのも良かったんですが、それならちょっと散策がてらRabla'の町で食べることにしました。大衆食堂のようなところで下の郷土料理を。

f0077159_21264194.jpgf0077159_21263729.jpg(左)スープに入った3種のカネーデルリ。レバー入りのものがちょっと苦手でしたがあとは美味。
(右)厚切りスペック!とサラダ。薄切りの生ハム状のものしか食べたことがなかったんですけど、、、切るのが結構大変(そんな感想?笑)。夫、完食。

さて、お腹もいっぱい。これで散策準備完了です!


Rabla'にもツーリスト・インフォメーションセンターはあるのですが、もう少し大きな隣町のParcines(パルチネス)がこの地区の観光の中心のようなので、そこまで歩いてみることにしました。

ちょうど宿の近くからパルチネスまで散歩道があります。いざ出発。

早速リンゴ畑に突入。

f0077159_2132164.jpg



ちなみにこの辺りは、というかVal Venostaは、去年のVal di Nonと同じようにリンゴの名産地なのです。もう、見飽きるほど周りがリンゴばっかり。圧倒です。

少し森の中の道が続くと、川に出て橋を渡ります。

f0077159_21273100.jpg



橋を渡ったらパルチネスに出るまでずーーーっとリンゴ畑を眺めながらのお散歩です。

f0077159_21272416.jpg


手を延ばせば簡単にリンゴが取れてしまう距離を歩きます。夫がずっと「取っていい?」と訊いてましたが、私の知る限りでは取りませんでした(笑)。スーパーで買う時に「すぐそこにあるのにどうして買わないといけないのかわからん!」と不満そうでしたが・・・

さて、パルチネスに到着。バスターミナルからの景色。やっぱり見えるのはリンゴ畑(笑)。

f0077159_21273770.jpg



町の教会がかわいい。

f0077159_21274983.jpg


ちなみに背景の山にかかっている雲にお気づきでしょうか。

不安定なお天気が続いていて、翌日の予報もかなり悪く、お天気により臨機応変な予定を組まないといけません。

とりあえずアドバイスをもらいにインフォメーションセンターへ。

f0077159_21275958.jpg


ここでパンフレット類をしこたま手に入れ、係の女性にお勧めコースなどを訊きました。

パンフレットに載っているものでも、大きな土砂崩れがあったせいで通行止めになっているコースなどの情報ももらう。

実は夫と二人で旅行前に見て一目ぼれした景色の写真があり、そこへ行くのにはどうしたらいいか尋ねたのですが、それもよいアドバイスが聞けてとてもよかった。(二つの選択肢のうち、一般人でもなんとかたどり着けそうなコースと、「すごく大変だから何日かレベルの低い山で体を慣らしてから最後に挑んでみて!」というアドバイス。ははっ!私に希望はあるのか・・・乞うご期待。)

宿に歩いて戻ってから、ベランダに出てゆっくりしながら予定をあれこれと話しながら1日目はお終い。

2日目に続きます。
[PR]
by tomoky_ex | 2011-08-24 23:25 | 旅とお散歩 | Comments(8)
Commented by もりりん at 2011-08-25 12:34 x
素敵な所ですねぇ~
きっと私も「りんご取っていい?」と聞きながら、失敬して
しまうタイプです。
一目惚れの景色、期待しています!
Commented by 和顔5 at 2011-08-25 18:40 x
私スペックって、たまにコクを出すために料理に使ったりするけど、そのまま食べたことない!あれって切りづらいよね?へーそのまま食べられるのか・・・。知らんかった。それにしてもいい景色。
Commented by ER at 2011-08-25 20:36 x
わー!!りんご畑。それにこの教会。なんか、いつも見せていただいてるイタリアの風景とはちょっと違いますね。
涼しげでいいですね。それに比べてボローニャは暑いんですね。
こちらはちょっとましになってきた気がします。それでもバレーすると滝のように汗が流れますが(笑)
私の夏休みは、そちらに行こうかなーと計画中です♪お会いできますかね★
Commented by tomoky_ex at 2011-08-26 04:31
>もりりんさん
素敵なところでした~。そしてトレッキング天国ですよもりりんさん!もりりんさんだったら私たちよりずっとハードなところを歩いただろうなと思いましたよ。リンゴはやっぱりぐぐっとこらえちゃいましたけど、あとから「一つぐらい…」と思いました(笑)。
一目ぼれのところは・・・ううう、達成したようなしてないような、です(えー!)
Commented by tomoky_ex at 2011-08-26 04:32
>和顔5どの
えー!どんな形で売ってるの?私はいつもハムみたいに薄切りになっているものか、小さいキューブ上に切ってあるものしか買ったことなかったから、今回初めて切りにくいことが分かったよー。やっぱ現地のものを一度食べてもらいたいな・・・早く来て。
Commented by tomoky_ex at 2011-08-26 04:35
>ERIちゃん
なんか病院勤務でERになっていたから「おお!」と思ったわ、、、って関係ないね^^;
そうそう、本当にね、イタリアとは文化が違うんだなって思いながら滞在してました。おもしろかったですよ~。そして涼しかった!完全に帰ってくる時期を間違えちゃったみたいで・・・今日も39度でしたよ~(涙)。
夏休みっていつ?私9月以降暇がなくなりそうで…でも時間を見つけて会えたらいいなぁ!!本当に!Sちゃん経由で調整できたら嬉しいな!
Commented by naocci at 2011-08-26 05:25 x
おかえり~!そしてただいま~! 今回のは湿気が少ないせいか思ったほどきつくないとは思うんだけど、やっぱり猛暑が過ぎ去るのを天気予報見ては指折り数えちゃう(><) 
とりあえず涼しそうな山の写真を見て少し癒された~! もっともっと見せて~!
Commented by tomoky_ex at 2011-08-26 18:05
>naocci
ただいま~!ていうかそちらこそおかえり~(笑)!いやーもう湿気とかなんとかよりこの熱風?たまらんよー(><)予報では明日はましみたいだから(ほんとかな)カウントダウンだね・・・
山の写真は・・・もう少しお待ちください(えー!) 涼しくなった頃にアップするかも((^^ゞ