イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

トレンティーノ最終日

f0077159_6512912.jpg


バカンスはあっという間だったのに記事はものすごく長いことかかっております(汗)。もう少しだけ山の写真におつきあいください。

旅行最終日は、滞在地Fondoから来た道をまっすぐ南に下るのではなく、西側のVal di Sole方面を通って南下することにしました。




f0077159_6522937.jpg途中のMadonna di Campiglio(マドンナ・ディ・カンピリオ)周辺からはドロミーティ特有のギザギザで荒々しい山並が見られることを期待してしばらく車を停めて眺めていたんですが、とうとう雲が晴れる様子がなく、全景を見られないままでした。
(というか、実はこの辺りも世界遺産の「ドロミティ」の一部に入っているんですね?この旅行の前まで知りませんでした。)
↓クリックすると拡大します
f0077159_6534628.jpg



というわけで、ドロミーティを消化不良のままもう少し南下。

ガイドブック係の夫の勧めで、Carisoloという村の手前から西へ折れて、Val Genova(ジェノヴァの谷)を見に行くことにしました。

Tovel湖を見に行った時のように、まず最初の駐車場に係の人たちがいて、出口のすぐ近くに停める場合は3ユーロ、さらに奥まで行って数キロ先の駐車場に停める場合は8ユーロを支払います。

最初の見所の滝が最初の駐車場から近かったので、とりあえずよく分からないまま3ユーロ払って車を停め滝まで歩くことに。

歩く道の片側はこんな感じ↓(汗)。大小の岩がゴロンゴロンしています。

f0077159_6552014.jpg



「滝へ行くコース」と書かれた散歩道に入ると松林と苔むした岩でなかなか風情のある道を歩くことになるんですが、上ったり下りたりする割りにすぐに車道へ出たりまた入ったりするので、最後は面倒なのでずっと高低差のない車道を歩いていました。うーむ。

f0077159_6554469.jpg


とにかく。水がとても豊かできれい。

f0077159_656479.jpg


1kmぐらい歩いてCascate Nardis(ナルディスの滝)に着きました。2本、3本と分かれて落ちているのを見て、"Cascate"と複数形の名前がついているのに納得。写真にも写っていますが、滝のすぐ近くまで歩いて行くことができます。(濡れるの覚悟で。^^;)

f0077159_6565851.jpg


このVal Genova、これだけでなく地図上にいくつも名前のついた滝があって、滝好きにはたまらないかも(笑)。

結局私たちはこの後車を取りに戻ってさらに先のPonte Rossoというところまで行き(歩くと7kmぐらい)、そこから出ているシャトルバスで標高1784mのMalga Bedoleという地点まで行くことにしました。Val Genovaでは車で到達できる最高地点です。

バスの中からも滝が見えたり変化のある川の流れを眺めたりしてものすごく楽しい。

と、途中でこの自然公園のスタッフのおじさんが一人乗って来て、

「やあやあ皆さん、Val Genovaへようこそ!(やたら明るい人だった。)これまでずっと悪天候でどうなるかと思ったら今日初めて晴れましたなぁ。この後は明日(木曜)がまた少し悪くて、金曜、土曜が晴れるみたいですよ。」

とおっしゃっていた。青空の見える幸運を噛み締める私たち(笑)。

Malga Bedoleに到着。放牧中の牛達。

f0077159_2153730.jpg


お昼を過ぎていたので、バスを降りてから15分ほど歩いたところにある山小屋へ行って昼食をとりました。

f0077159_216917.jpg


ちょうど込み合う時間だったらしくだいぶ待たされましたがなんとか席をゲット。トレンティーノの山料理を楽しみました。(↓前菜の盛り合わせ。鹿肉のサラミ、なんていうのもあり。)

f0077159_2164346.jpg


昼食後は気になるトレッキングコースがいくつもあるのをぐっと堪えて一番時間の短いコースをお散歩。

木の橋の上から落ちる滝を見ることができます↓。

f0077159_2171924.jpg


そしてまたバス乗り場まで戻り、バスを待つ間周辺をお散歩。

↓この子(タマラちゃん)と一緒に写真を撮ろうと思ったら怒られた(笑)。ごめんね邪魔して。
f0077159_218162.jpg


↓道を横切って流れていた川。土砂崩れで道がふさがれていたのが復旧したばかりだった。
f0077159_2184986.jpg



歩きたいところがたくさんありそうだったVal Genova。またゆっくり滞在してみたいものです。


さて、夕方近くになりましたがもう一つ寄りたいところがあります。

Carisoloの隣の町Pinzoloにある、San Vigilio教会。14世紀に建てられたロマネスク様式の建物です。

f0077159_2192341.jpg


"Danza Macabra"(死の舞踏)というフレスコ画が有名で、特徴は20mにも及ぶ長さのフレスコ画が内部ではなく外壁に描かれていること。

f0077159_21123318.jpg


死の舞踏と七つの大罪を表した絵画。教皇、王、男性、女性、子どもなどと並んで骸骨が一緒に踊っていて、どんな人々にも死が訪れるという警告を表しているそうです。

f0077159_21134494.jpg


建物内部にもシンプルな教会には目にまぶしいほど鮮やかなフレスコ画が残っています。

田舎の静かな墓地にある教会を想像していたら、交通量の多い幹線道路のすぐ脇にあってしかも目の前が大駐車場と最新式スキー用ゴンドラの発着地で、この雰囲気のミスマッチさよ!!となんだか複雑な思いにかられました。

Pinzoloの町のBarでお茶を飲んで一息ついてから、トレンティーノの南端のガルダ湖方面へ向かい、高速道路へ乗って一路ボローニャへと向かいます。

ガルダ湖まではしばし山の景色を楽しみます。名残惜しーい!

山の上からガルダ湖が見えてくると、車の停められる所を見つけては写真写真!(笑)3~4回は車を停めたでしょうか。もうできるだけそこにいたい(笑)。

f0077159_21143354.jpg



高速道路に乗ってからはどんどん山から遠ざかり、山の見えないパダナ平野に入ると現実に戻る感じがして気分もどんより(笑)…。

とても楽しい旅でした。

さー9月から頑張ろう!
[PR]
by tomoky_ex | 2010-08-29 18:44 | 旅とお散歩 | Comments(8)
Commented by Sorella at 2010-08-30 19:00 x
すごいよね、イタリア国内なのに、母国語通じるかどうかハラハラするって(笑)。建造物も、ドイツっぽいがっしりした造りだよね。面白い。私もスイス行った時、英仏独話せる人結構いて、島国育ちの不利な部分を感じたっけ。食べ物も超おいしそう。トレンティーノをググってみたら、結構な距離走ったんだねー。いいお休みになった様でよかったね。お疲れ様でした~。
Commented by tomoky_ex at 2010-08-31 05:18
>Sorella
ははっ!ほんとそうだよね。夫があまりに自信なさそうだから私まで(笑)。言葉だけじゃなくて顔もゲルマン系でね。面白かった。私も最初にこの不思議を体験したのはスイスだったなー。私は今は島国だから不利とか思わないんだけどね。やっぱりフェアじゃないよね(笑)。
食べ物もAがキャベツばっかりだったらどうしようとか(冗談で)心配してたけど大満足で帰って来たよ。^^ トレンティーノは妹達が来たときに行ったスイス国境と比べたらかなり近かったよ。でもすぐに行ける距離でもなく・・・いい所で良いお休みになったからまた行きたいな!
Commented by eri at 2010-08-31 20:23 x
ちょっとお久しぶりです(笑)。大自然のなかとってもステキな休日を過ごしてたんですね。私は最近仕事がすごーーーく忙しくって、なかなか感想書けずでした。。。
まだまだすごーくムシムシと暑くてじわーーーっと嫌な汗をかいてますが、この風景。いいですね。マイナスイオンがお写真からもにじみ出てます(笑)滝に飛び込みたい感じです。
ご飯もどれもおいしそう♡いいなー。
新しい靴も大活躍だったのでは?
Commented by tomoky_ex at 2010-09-01 15:50
>eriちゃん
お久しぶり~^^ おかげさまで靴大活躍!ご飯もよかったし、心配したほどお天気も崩れなかったし万々歳だったよ~。森林と滝のマイナスイオンもたっぷり浴びてきました。 
今忙しいのね。。。コメントありがとうね~!日本は今日も真夏並みの気温!一方こちらは朝寒くて目が覚めたという・・・この極端さすごいね。無理しないでね。
Commented by megu at 2010-09-01 18:54 x
素敵&おいしそうな写真ばかり!

私が毎年行くのはカステルロットとかスージー、フィエで、カネーデルリ、スペック、パンチェッタは最終日にお肉屋さんで買って家に持ち帰ってます!

子供が小さい間は山歩きって難しい!一人は片道40分ぐらいなら歩けるけど、もう一人はすぐ疲れちゃって、、、。なので旦那が抱っこして降りる羽目になり、それも滑って3回ほど転び、旦那軽い捻挫。息子は泣きながら無理やり手を引っ張って降りて帰った、、、。

山の料理はおいしいよね。またいきたいなぁ!!
Commented by tomoky_ex at 2010-09-02 05:15
>meguさん
うわーお、ちびっこ連れでよく行ったね!!旦那さんも弟君抱っこで山を下りて捻挫だなんて(涙)。状況お察しします。大人だって山登りの時は自分のことでいっぱいいっぱいなのに(私だけ?)。お姉ちゃんは良く頑張ったね~。えらい。
最初私たちが行こうと思っていたのがカステルロットよりももうちょっと北の方だったので全く調べなかったんだけど、改めて今ググッてみたら、この辺りもよさそう~~!おみやげにお肉屋さんでちゃんとおいしいものを買って帰るmeguさんさすが。私たち、結局お土産買う暇なくてがっかり~。せめてスペックぐらいは買って帰りたかった。あとリンゴ・・・あーまた行きたい&食べたいなぁ~(笑)
Commented by me-a at 2010-09-09 23:30 x
基本、山は「写真で見る」派なので、とっても楽しめました。私が行くことはなさそうだ(特にあのごつごつした岩場…)。滝は結構好きだけど、タイ時代、滝に行くと必ず雨が降って悪天候になったのがちょっぴりトラウマ。
Commented by tomoky_ex at 2010-09-10 05:51
>me-a
私は泳ぐことに興味がないので逆に海とかは「写真で見る」派かも!逆だね~(笑)。タイはもともと普段雨が降りやすいのかもよ!きっと他の場所の滝なら大丈夫かも~~(ふぉろーふぉろー)