イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

トレンティーノ2日目

※注意※画像が多いです!
f0077159_4505941.jpg


2日目の朝。

どんより雲は出ていたけれど雨ではなかったので、このまま降らないことを祈りつつ(いつもこのセリフ^^;)、Fondoから33kmほど南西に下ってLago di Tovel(Tovel湖)のある自然公園へ足を延ばしました。(アダメッロ・ブレンタ自然公園:Parco Naturale Adamello BrentaのHPはこちら。)

公園入り口に到着すると入園料車1台につき8ユーロを支払い、ゴミ袋を渡されます。園内では以前ゴミ箱を置いていたところ、野生のクマなどがごみを漁ってしまうことが起きたため一掃撤去。ゴミ箱が一つもないのです。その代わりにゴミお持ち帰り用の袋をくれるんですね。



f0077159_4562835.jpg


f0077159_4565842.jpg湖を取り囲むようにして2000m~3000m近い山々がそびえています。そしてもちろん上級者向けの登山道から初心者向けの散歩道までさまざまなウォーキングコースがあります。

私は全く自信がなかったので、やる気満々の夫には申し訳ないけれども「ほどほど」コースを選択(笑)。

湖の標高は1170m。そこから1740mのMalga Tuenaという山小屋までのコースです。


f0077159_4581025.jpg


幸い湖に着いた途端に日も差してきたので元気に出発です!

しばらくは森林の中を登って行きます。たくさんの人が歩くコースらしくとても歩きやすい。キツイことは分かっているので(笑)自分のペースでゆっくり登ります。

ゆっくり花やら景色を見つつ・・・

f0077159_4573742.jpg
f0077159_4591163.jpg
f0077159_459248.jpg
f0077159_4591976.jpg
f0077159_4585110.jpg


木に囲まれていた山道を登り続けていたら、ある時ポカッと辺りの景色が開けました。絶景かな絶景かな!

苦しいのも忘れてハイジの歌を口ずさむ日本人1名(笑)。「なんでいつもハイジなの?っ」て夫に訊かれたんですけど、…なんでだろ?笑 

f0077159_511464.jpg


目標の山小屋も見えてきましたよ~。顔が笑っちゃう。

f0077159_513918.jpg


Malgaというのはアルプス地方で夏に利用される牧場兼山小屋、みたいな感じのところらしいです。ここでは牛を放牧しているようでしたが、牛の姿は見えず。

お昼も過ぎたので、このMalgaで昼食を取りました。

f0077159_5234.jpg

f0077159_522490.jpgスペック(燻製生ハム)とチーズのサンドイッチ。

それから私が熱いお茶を飲んでいる横でドイツビールをものすっごく幸せそうに飲む夫。「もっと汗かいちゃうよ」と止めてみたんですけど、何度考え直しても、どうしてもビールが飲みたかったみたいです。いいよいいよ、君の貴重なバカンスに口を挟むのはやめよう(笑)。


ご飯を食べつつ、周りの山々を眺める。うーむ、どんどん山という山の頂上が雲で隠れて行ってしまうんだけど気のせいかしら(^^;)

f0077159_513238.jpg


なんだか自分たちも雲の中に隠れてしまいそうだったので、昼食後はすぐに下山。

下山後も、湖の周りをぐるぐるとお散歩しつつ、湖の向かい側にある滝を見るコースも歩きました。

歩いているうちにやっぱりポツポツ降ってきましてね・・・。やっぱりね~、なんて言いながら歩く。

f0077159_5135846.jpg


清流に沿って行くと、滝に到着。上から見たときにもう一つ大きな滝があったんですが、それではなくてちょっと小さい滝でした。

f0077159_5144423.jpg


雨が降っていても湖は碧く・・・。

こんなに碧いのに、実はこの湖の別名はLago Rosso(赤い湖)。数年前までは湖に生息する藻や微生物の影響で、湖の一部が毎年赤く染まっていたんだそうです。近年はなくなったのだとか。ちょっと想像できません。

f0077159_5151449.jpg


またまたぐるっと湖を1周してから車へ。

なんと、車に戻って発車した途端にかなりの土砂降りになりました。危機一髪!!

それで、やれやれ危なかったねぇ、なんていいながら30km先の宿に戻ったらちっとも雨なんか降っていないの。

山の天気は分かりません!

この後、疲れた私を宿に残して夫は一人で宿の周りを探索しに出かけました。窓から見かけた猫を探しに行きたかったみたいです(笑)。

f0077159_5164516.jpg


村の教会。
f0077159_51761.jpg


残念ながら猫には1匹も会えなかったと言いながら1時間後に戻ってきました。

この後は前日宿の女性に教えてもらったアグリツーリズモへ夕食を食べにSan Feliceという村へ。

f0077159_5172470.jpg



フォンドとこのサン・フェリーチェの間に、「トレンティーノ・アルトアディジェ州」の「トレンティーノ」と「アルト・アディジェ」の境目があります。同じイタリアなんですが、何が違うかというと大きいところでは言語が違います。サン・フェリーチェの人たちはドイツ語が日常語。

私は初めてのドイツ語圏でドキドキしながら夕食の場へ・・・。といっても結局そこのおかみさんにはイタリア語が通じたので全く不便がなかったのですが、それ以外でとても素敵な経験をしました。

この食事の話しはいずれまた・・・。
[PR]
by tomoky_ex | 2010-08-23 22:17 | 旅とお散歩 | Comments(2)
Commented by Sorella at 2010-08-26 19:44 x
イタリアって、熊がいるんだね~!知らなかった。思わず泳ぎたくなるような透明度だけど、泳いでる人いないね。寒いから?
Commented by tomoky_ex at 2010-08-26 21:24
>Sorella
熊も鹿もマーモットもいるよ。(私もイタリアに来る前は知らなかった)1度も見なかったけど!^^; 自然公園とかもあるしね。
寒かったけど、多分自然公園で保護区なので遊泳禁止なんじゃないかなぁ。カヌーとかも多分ダメだと思うわ。