イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

1泊旅行1日目- Bagni San Filippo編

f0077159_444137.jpg



日本はゴールデンウィークも終盤。みなさんどんな連休を過ごされたんでしょうか?

イタリアにはもちろんGWというものはないんですが(涙)、メーデーの祝日と日曜日で夫の仕事が2連休になったので、1泊で南トスカーナへ行ってきました。

目的地は以前テレビ番組で見た光景が忘れられず、ずっと行ってみたかったBagni San Filippo。



ボローニャから車で3時間ちょっと(フィレンツェでお決まりの渋滞があって3時間半かかったけど)の距離にあるBagni San Filippoに、お昼前に到着。

f0077159_4394398.jpg


Termeのスパがあるホテルと、小さな教会と、お店が少しと、バールがいくつかあるだけの小さい村ですが、歴史は古く、エトルリアやローマ時代から温泉は知られていたようです。メディチ家の人たちも来たとか。

さて、まずいい具合にピクニックエリアを発見し、用意してきたお弁当で腹ごしらえを済ませてから、テレビで見た天然温泉のある場所を探しに行きました。

えっ?ホテルのテルメ施設に行かないのかって?行きません(笑)!途中、いかにも温泉に行くという格好の人がいたのでついて行ったらホテルに入って行っちゃって、すごすご引き返したという・・・。

私たちは川の中のお湯を探しているのです!

というわけで高台にある道路から渓流まで下りることに。

f0077159_4404193.jpg


とりあえず水の温度を見てみる相方。どうどう?温かい?と訊くと、「うーーーーん・・・。」微妙にぬるい感じだそうで、どうやらここではない(笑)。ちなみにここに下りる時、ワイルドな小道を下っていたら、突然蛇に遭遇して二人であっけにとられました。私すぐに彼の後ろに逃げたのでよくわかりませんでしたが(笑)、ものすごく長いヤツだったそうで、最後まで「あ~~写真に撮りたかった~」と残念がっておりました。いやいや、シャレになりませんから。

やっと人が水に浸かっている場所を見つけました。まず浸かっている人に「水、温かいですかー?」と訊く用心深い私。答えは「超温かいよ~」だったので(笑)安心していざ、水の中へ。

f0077159_441741.jpg


3年前のこの時は足湯しか体験できなかった私も今回はちゃんと入りましたよ。

冷え性の私は普通の温水プールでも少し長くいると冷えて気分が悪くなってしまうんですが、ここはちゃんと体温より高い水温があったようで、長く浸かっていられました。30~40分は入っていたかな?

f0077159_4412462.jpg


こうやって、きれいな温水が流れ込んで来ています。周りの新緑と水の音で、リラックス度100%。

多分川に流れているお湯は、湧き水というよりはどこか源泉から管を通して流しているという感じでしたが、もちろん昔は沸いていたんでしょう。

その証拠に(?)ミネラルを含む温泉水が長年かかって作り上げた崖いっぱいのかたまりが。水は、硫黄・硫酸(?!)・石灰が含まれているそうですが、こんな風になるんですねぇ。

f0077159_4415367.jpg



川の中の温泉を楽しんで着替えたあと、川に沿って散策に行くと、二つ目の「白クジラ」と言われる、これまた巨大な白いかたまりが登場します。

f0077159_443311.jpg


テレビで見たところはここでした~!よかった、見られて(笑)。圧巻です。

f0077159_4424371.jpg


水と白いかたまり(?がけ?何と呼んでよいやら)の独特の世界を作っています。

この先に下っていくと、ホテルの温泉施設の外側が見えてきます。

f0077159_4452320.jpg


よくよく見てみると、ホテルのプールに流れ込む温泉の量は私たちが上流で見たものとは比べ物にならないぐらい豊富、そして湯気が出ている(笑)!!

それが、左手の高いところからパイプで引いてあって、滝のように流れ落ちるお湯にお客さんが打たれているんですけど、これ、いいなぁ(笑)。効きそう(何に?)。

ちなみに、ホテルから流れてくるいいとこどりのお湯にあやかる人たち↓↓
f0077159_4533681.jpg


「ここが一番温かいかもね?」なんて相方と言っていたんですが、妙に浅くて、体を浸けることができないので逆に冷えそう・・・。私達の場所が一番よかった、という結論です(笑)。はい。

ホテルのお湯が流れ込む場所から先、川は白濁。乳白色の水になります。これまた独特の色できれい。

f0077159_4383227.jpg



水の音や蛙のかわいい鳴き声など、写真には収められないので少しだけ動画でも。



このあと標高524mのBagni San Filippoから、300mほど高いところにあるAbbadia San Salvatoreへ移動。

つづく。
[PR]
by tomoky_ex | 2010-05-04 04:31 | 旅とお散歩 | Comments(10)
Commented by naocci at 2010-05-06 01:40 x
温泉旅行だったのね~!素敵! 忙しそうだけどお昼間時間取れそうだったら夏休み入る前にランチしましょー
Commented by kanako at 2010-05-06 04:54 x
水の音にすごく癒されました。温泉もあって一泊するとけっこう高そうな感じですけど、お手ごろでした?一度フィレンツエで3日で400か、500ユーロというところがあってちょっとびっくりしてたのですが。
Commented by もりりん at 2010-05-06 13:37 x
自然の中の温泉・・・贅沢だなぁ~
滝のところなんて、打たせ湯みたいで身体に良さそう。
以前、アメリカで白くじらのような塊をを見たんだけど、
毎日石灰がたまるから、数年後には形が変わるらしいのよ。
自然の力ってすばらしいよね。
Commented by tomoky_ex at 2010-05-06 18:22
>naocci~
そうなの。まぁ「温泉」と呼ぶにはちょっとぬる過ぎる気もするけど、一応(笑)。おもしろかったよー。ランチぜひぜひ。金曜日は今もBOに来てるの?
Commented by tomoky_ex at 2010-05-06 18:24
>kanakoちゃん
なんか動画を後で見たら、水の音が結構うるさいのね!実際はあまり気にならない癒しの音だったけど・・・。私たちはBagni San Filippoには泊まらなかったから金額は不明(笑)。調べてみたらいいかも。でもToscanaに手ごろな宿って期待しないほうがいいよ。
Commented by tomoky_ex at 2010-05-06 18:27
>もりりんさん
日本のポカポカ温泉とは雰囲気が違いますけど、やっぱり贅沢かもしれません。あの打たせ湯みたいなところだけ、お金払ってでもちょっと試してみたかったなぁ~(^^;)ま、もうちょっとお金が溜まったら・・・?
そうですよね、毎日毎日蓄積して行くから、昔と形が違うだろうし、また数年後に見たら微妙に変っているかもしれませんね。おもしろい!ほんと、自然は偉大だなぁ~。
Commented by eri at 2010-05-06 20:01 x
いいな~。温泉。私はタイに行ったとき、こんな川が温泉になってるところに行きました。気持ちよかったなぁー。でも、こんな風に濁り湯じゃなかったです。なんか、お肌に効きそうですね。自然の中の温泉ってホントに癒されますよね。
私のGWは六甲に小学校以来!?のアスレチックに行きました。こちらも自然満喫で楽しかったです。
Commented by KOCCIO at 2010-05-06 21:07 x
Tomokyさんが大丈夫なら、私も大丈夫な温度なんだろうなあ、、、。こっちの温泉って日本人にしたらヌルイよね。SILMIONEで風邪引きそうになった。ここの名前は覚えとかなきゃ!
Commented by tomoky_ex at 2010-05-07 06:38
>eriちゃん
「温泉」といっても結構ぬるいのだけが残念よ~。日本の湯気の出る熱めの温泉がやっぱり懐かしい!でも川の中での入浴(?)、楽しかった!タイにもそんなところがあるのねぇ~!そこはもっと水温が高いのかなー。気持ち良さそう。私たちが入ったところは濁り湯じゃなかったんだけど、少し下流に行ったら思いっきり色が白くなってたの。でも硫黄の匂いはちゃんとしました!
おお~~アスレチック!!大人になってからもはしゃぎながらやっちゃうよね。懐かしいなぁ~。
Commented by tomoky_ex at 2010-05-07 06:40
>KOCCIOさん
そうでしょ、別の友達にも言われたところ(笑)!相方も私があとで具合悪くなるんじゃないかと思ってドキドキしてたみたいだけど、今回はイケました~。ぬるいのはぬるいんだけど・・・・。なかなか温かいお湯ってないのよねぇ、テルメ。Silmioneもだめか。私もその情報覚えておきます=3