イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

秋の味第一号

f0077159_424697.jpg


毎年8月末から1ヶ月弱、ボローニャのParco NordというところでFesta dell'Unitàという大掛かりなイベントが行われます。



Partito Democratico(民主党)が主催しているので政治色も強いのですが、コンサートあり、子供向け小遊園地あり、ちょっとしたマーケットやお店あり、そして何よりも広大なスペースに多種多様な食い処が集まっているのが魅力。

ボローニャの伝統料理の店はもちろん、他州(トスカーナ、アブルッツォ、ピエモンテ等等)の郷土料理的なお店、軽食風の屋台からエスニック料理、シチリアやナポリのお菓子の屋台やPubやBarなど様々な出店があって、歩いて見て回るだけでもおもしろいんです。

今年はブラジルやペルー料理のお店なんていうのもありました。

で、今年もまだまだ続くだろうなんてタカをくくっていたら、21日で終了とわかり、大慌てで19日(土)、仕事終了後へろへろになりつつ行って来ました。

去年はお店にたまたま遊びに来てくれたモデナのSちゃん夫妻とアブルッツォ料理を食べたんだっけなぁ、と思い出しつつ、お店を物色。

結局今年は並んでいる列が短く、しかも前年いつも候補に上りながらまだ試したことがなかったピエモンテ料理のレストラン、Ristrante Albaに行くことにしました。

ピエモンテと言えばワイン!トリュフ!ということで(?)、ここのメニューにもあちこちに「トリュフ」の文字が・・・。

(ピエモンテはどこぞ?という方はこちら

私たちがこの日堪能したものたち。

前菜に"Crèpes tartufate con funghi e tartufi"(マッシュルームとトリュフのクレープ)を(冒頭写真)。

クレープの中にマッシュルームのクリームが詰まっていて、上にベシャメル、さらに上にはトリュフが削ってあるという一品。私たちは中のクリームにちょこっとトリュフのかけらが入ってるんだろう、ぐらいにタカをくくっていたら最初から大胆に本物のトリュフ(当たり前?)がのっかって出てきたので度肝抜かれました。

デリケートなお味でまことに結構でございました。(美輪明宏風)

プリモ(パスタ)には、夫はトリュフのタリオリーニ(Tagliolini al Nebbiolo tartufatiだったかな。写真左)を、私はランゲ地方の味覚のタリオリーニ(Tagliolini ai sapori di Langa、写真右)をオーダー。

f0077159_4335890.jpgf0077159_4341688.jpg


これは私的には断然私の頼んだランゲ味パスタがおいしかった!キノコがたくさん入っていてコクがあって・・・。

夫のトリュフのパスタもパスタ自体がそば粉のような感じで黒っぽく腰があっておもしろかったしおいしかったんだけれど、私はトリュフは前菜だけでもう充分、でした。

最後は二人で一品をシェア。

f0077159_4455796.jpg



"Filettuccio alla moda d’Alba"(アルバ式ヒレ肉料理??)はマヨネーズベースのソースで絡めた豚ヒレ肉の上にトリュフがまたしても豪快に振ってある代物。

メニューには「アルバ式」としか書いていなかったので、どんなものが出てくるのかと思ったらまたトリュフ!

これが、意外とクセがなくてとてもおいしかった。夫はソースがあまり好きではなかったようですが。(イタリア人って普段マヨネーズをお肉にかけたりしないものね^^;)

ちなみにワインはドルチェットという種類の赤ワインを。("Dolcetto di Diano Veglio Montagrillo")これまた癖なくおいしかったなぁ。

ちゃんとソムリエさんがテーブルで開けてくれて、最初に味見させてからグラスに注いでくれたのにもびっくり。

さすがにボトル1本を開けることはできず、二人で半リットルぐらいでしたけど、疲れていた私はまわりが早くてすっかり足元おぼつかなくなってました(笑)。

ワインをソムリエの人が注いでくれているのに気を取られている間に、PD(民主党)の党首フランチェスキーニがテレビカメラと一緒にレストランの中を一回りしていて、私達の横も通ったんですけど気づいたのは通り過ぎてからでした。

ま、私が興味があるのはワインの方だったのでいいんですけども。笑

この後は夫が甘い物を食べたいというので外のスタンドへ移動し、締めにカフェを飲んで一段落。

疲れていたのとトイレに行きたくなったのとでその後はいつものように屋台を冷やかすこともなくすぐ帰りました。

終了間際に滑り込みで行ったFestaで楽しんだ少し早い秋の味でした。
[PR]
by tomoky_ex | 2009-09-21 21:57 | | Comments(14)
Commented by KOCCIO at 2009-09-22 05:42 x
Tomokyさん、グルメリポートありがとう!トリュフ、こんなにいっぱい載ってたなんてすごい。お値段も結構したと考えますが、、、。トリュフに関して言えば私は1品あれば今年は充分かな。珍味として食べるのは好きだけど、いっぱい食べれないです。
ねえねえランゲ味って、写真で見たところ何か魚っぽいんだけど何の魚でしょうか?
Commented by eri at 2009-09-22 12:06 x
わぁー。全部おいしそ~。またまた楽しそうなイベントですね。
昨日、イタリアンのお店で、キノコとなにやら不思議な物体の炒め物のお料理食べました。すごくおいしくてお店の人に「これってなんですか?」って聞いたら「牛の胃」だそうです。「え”?聞かないほうが良かった。。。」名前忘れちゃったんですが、そちらではメジャーなお料理なんでしょうか??
Commented by もりりん at 2009-09-22 12:13 x
まったく贅沢な秋の味第一号だわねぇ~
こんなにふんだんにトリュフが乗っかっている料理って初めてみたよ。
こちらもカナダ産マツタケを日本に送ろう!なんてコマーシャルやって
いるけれど、カナダ人なんてマツタケ食べないんだからもっと安くして
カナダ国内で売ってくれれば良いのにぃ~と歯ぎしりしてます。
Commented by ジュニア at 2009-09-22 14:58 x
こんなにトリュフいっぱい使われたお料理なんて食べたことなーい。
日本でメニュー見て、パスタに“トリュフを添えて”なーんて書いてあって
オーダーしても、チョコ~っとスライスが乗ってるだけ(笑)そのくせ
値段は立派な値段します. Noooooooo!!!!って叫びたい!!

ああ~、↑上の方も仰ってますが松茸もそろそろ良い季節ですな~。
早く給料日にならないかな・・・。
Commented by Mari at 2009-09-22 17:28 x
すごーい!! ほんとにいっぱいトリュフがのってる!!!
私も今年は一度足を運んだんだけど、アルゼンチン料理を食べちゃった...
「ちゃった...」というのは、お店に入ってみたらお肉のグリルとパエリヤ(←アルゼンチンとは全く関係なし!)2種類しかなくってあんまり満足じゃなかったのよねぇ~。
来年はこのブースに挑戦してみたーい!!
Commented by tomoky_ex at 2009-09-22 18:02
>KOCCIOさん
このトリュフが出てきたとき二人でホントにびっくりしたんですよー!というのは、メニューの値段は普通だったので。ほんとにトリュフだったのかしら?(笑)ははは。でも私もKOCCIOさんと同じく、1品食べたらもういいです。だから「トリュフ」と書いてないのを後で頼んだのになぜか載っている(笑)。おいしかったからよかったですけど。
ランゲ味のパスタ、魚は入っていなかったような・・・?このゴロンとしたのはキノコです♪
Commented by tomoky_ex at 2009-09-22 18:12
>eriちゃん
あ~、トリッパ食べたんだね~^^ 。私は自分では調理できないんだけれど、上手な人が作るトリッパ料理はやっぱりおいしいなと思います。「牛の胃」って聞いちゃうとちょっと「うっ!」ってなるかもしれないね^^;もともとどこの郷土料理なのかなぁ。ボローニャではあまりみないけど、トスカーナではすごくメジャーです。
Commented by tomoky_ex at 2009-09-22 18:15
>もりりんさん
私も生まれて初めてですよ!でもトリュフはやっぱり「珍味」。そんなにたくさん食べなくても充分です^^;
マツタケはカナダでも取れるんですか。ほんと、カナダ国内でも売ったらいいのに!!(安く!)全部日本に行っちゃうとなると・・・オーストラリアのマグロみたい・・・。現地に住んでる人は歯軋りですよねぇ。
Commented by tomoky_ex at 2009-09-22 18:19
>ジュニア
でしょーー!私も食べたことなかったよ。でも普通~~に出てきて。値段もボローニャのレストランで普通の料理を食べるのと同じぐらいの値段だったから「えー?」ってびっくり。しばらくトリュフはもういいです(笑)。←やなヤツだよね、日本でこんなこと言ったら(笑)
マツタケかぁ・・・久しく食べてないなぁ。日本にいた時でさえ(涙)。食べたくなってきた・・・
Commented by tomoky_ex at 2009-09-22 18:22
>Mari~
いっぱい載ってるでしょーー??なんて太っ腹なんだ、ランゲ!と思ったよ(笑)。現地に足を運びたくなりました。
アルゼンチンとかペルーとか、今年は南米料理屋がいろいろあったけど、メニューを見たらどれも似たような感じだったね^^; しかも2種類しかなかったの?ひゃーそれは残念。来年は是非違う物にトライしてね。ちなみに去年食べたアブルッツォのレストランもすごく料理が工夫してあっておいしかったの!来年またそっちに行きたいぐらい。(まだ1年後だって・・・)
Commented by myartrish at 2009-09-22 18:54
おおおおお!おいしそう!
生ポルチー二の風味で感激してる場合じゃないですね!
(ボローニャで食べたんです)
トリュフって食べた事ないので、そのうち挑戦してみなければ!

お腹空きました〜笑
Commented by tomoky_ex at 2009-09-23 04:56
>myartrishさん
トリュフ、白と黒があって私たちが食べたのは(というか食べたことがあるのは)黒の方(安い方。笑)ですけど、おいしかったですよ。でも私は生ポルチーニの方が好きかな(爆)!やっぱりトリュフはクセがあるからちょっとで充分・・・でも何事も挑戦!ですしね^^
食べ物の写真見るとどうしてお腹空くんでしょうねー(笑)。
Commented by me-a at 2009-09-23 23:30 x
こないだ法事の帰りに弟一家とデニったのね。義妹がトリュフ食ったことないってことで、トリュフ入りのパスタとやらを食いました。でもさすがデニ、なんつーか、カケラ?がいっぱいで、バターの味が強く、あまり香りもなく。こんなん食わせてもらえるように弟を働かすんだよーと思った姉のワタクシ。
Commented by tomoky_ex at 2009-09-24 22:36
>me-a
ていうか、デニー●にトリュフ入りのパスタがあるのにびっくりしたよ(笑)!冷凍かしら・・・。
弟さん、頑張って働いていただいて・・・。