イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

あの場所でした

f0077159_19164568.jpg


ヴァレンタイン・デーの当日。

日中お店にいる間、夫は鼻水が止まらず1分ごとに鼻をかむ状態。ピエロかトナカイかってぐらいに鼻も真っ赤です(笑)。

私も鼻の調子は同じような感じ(でも元々アレルギー性鼻炎なので風邪ではないと言い聞かせる)、そして午後あたりからちょっと喉がおかしくなって来て、お互いじいさんばあさんのように
「だいじょーぶ?」
「うーん、いまいち。あなたは?」
「うーん、あんまり変わんない。」
「・・・・・・。(ため息)
「なんだかボク達、二人のrottami(スクラップ、くず、使えない人などの意)って感じだなぁ。(苦笑)」
という悲しい(?)会話を交わしていましたが、幸いそれ以上悪くなることはなかったので、結局ディナーは決行いたしました!



どこに行くのかいくら訊いても教えてくれないので、向かう途中の車の中でいろいろ推測していると「あと3分ぐらいではっきりするよ」と夫。

3分・・・。時計を見つつ(笑)車の行く先を見守っていたら、あら、この道は、もしや、あそこ?

大当たり~(笑)。私たちが結婚式のパーティーをしたアグリツーリズモ、I Saliciでした。

この日はヴァレンタイン・デーの特別メニューが楽しめるのだとか。

特別な思い出の場所だから予約したのかな?と思ったら、彼曰く、他のめぼしいところに電話をしてみたら、どこもかしこももう予約でいっぱいだったそうで、やや切羽詰った彼が最後に思い出したところがI Saliciだったんだとか(笑)。まぁまぁ、理由はともかく久しぶりにオーナーのおじさんにも会えるし、特別メニューも気になるし、わくわくしながら到着しました。

ちなみに、ヴァレンタインのメニューはこちらでした。

f0077159_19173454.jpgf0077159_19175280.jpgf0077159_1918940.jpg

左から、
【前菜】一口サイズの気まぐれおつまみとスパークリングワイン。
*パフのようなお焼き風パン(ティジェッレをアレンジしたもの)二つに、パルミジャーノレッジャーノのバルサミコ酢かけ、サラダにウサギ肉(夫の意見はガチョウ肉。謎のままです)のフレークのかかったもの、モルタデッラのムース状にしたものが全て一口サイズで出てきました。
【プリミ2種】・新鮮ハーブのトルテラッチ(トルテローニ) ・4種のチーズに恋に落ちたラザーニャ風パスタ
【セコンド】・豚ロース肉の『恋人達の喜び』詰め・・・・って、ここ←↑突っ込みどころですか?(笑)付け合せに茹でミックス野菜とローストポテト。

そしてデザート。

f0077159_19184867.jpg

揚げパイのようなものにチョコクリームが詰まったものがマスカルポーネソースの上に載ったもの。

しょぼいカメラしか持っていかなかったのであまりおいしそうに写っていませんが、全部おいしかったです。

ただ、この日は女性客を念頭においてメニューを設定しているからか、一品一品の量が非常に少ない!!私が物足りなく感じたぐらいですから。これはイタリアには珍しいなぁ。

おかげで私にとっては最初から最後まで無理せず完食できて大満足だったのですが、夫は大好きなパスタが出てきた時点で不満たらたら。確かにこれじゃあまりに少ないだろうなぁとちょっと可哀想になりましたが、言えばおかわりできると分かって一安心。無事に二皿目にありつけました=3

各料理が来るまで待ち時間が長く、8時にお店に着いたのに家に帰ったのが11時40分だったのには二人とも本気でびっくりしましたが、待っている間に二人でいろいろ楽しい話もできたし、ちょっとカラオケって感じでしたけど歌手の方のパフォーマンスもあって、飽きずに楽しく過ごしました。

実は夫とバレンタインを当日にちゃんとお祝いするのは今年初めてだったんですけどね^^ 次回は風邪ひいていないといいなぁ。


* * * おまけ * * *

f0077159_21475826.jpg2年前私達の結婚式の時お世話になったオーナーのおじさま。眼鏡の奥の笑顔が素敵で頼もしい方です。

結婚式の時に私たちが作った説明書きに、この日のメニューを日本語で書いたものが載っていたのを見て、「うちのメニューが日本語になってるなんておもしろいなぁ。それ、是非ボク達にもくださいね!」と言われてから早2年(汗)。

式後も何度か足を運んだのに、その度に忘れてしまっていたので、私は前回行った後に忘れないようにとちゃんとイタリア語バージョン&日本語バージョンを印刷しておいたのだ!それなのに、今回は夫が行き場所を教えてくれなかったためにまたしても持ってこられず・・・。

さすがにもう忘れているだろうと思っていたら、帰り際に「日本語のメニュー、待ってますよ!」と念を押されました。覚えてくれていたんですねぇ。あーあ、次に行くのはいつになることやら^^; いや、郵送するべきか・・・。
[PR]
by tomoky_ex | 2009-02-15 13:15 | | Comments(8)
Commented by Mari at 2009-02-16 06:39 x
無事にバレンタインデーディナーに行けてよかったね♪
それも、理由は何であれ(笑)思い出の場所だし、素敵。
デザートのハートが可愛いわぁ~。
早く2人とも風邪、治るといいねー!!(って、Tomokyは風邪じゃないのよね?! 苦笑)
Commented by eri at 2009-02-16 15:57 x
あらら。ステキなバレンタインディナーっだたんですね。羨ましい。。。
理由はどうあれ、結婚パーティーをしたレストランを選ぶなんて、旦那様もなかなかやりますね。
次回逢えるときには是非是非、結婚式のお写真見せてくださいね♪
Commented by ioscelgonoi at 2009-02-16 17:59
本当にステキ、ご主人!!
ヒミツのままレストランに連れて行かれるとか、ドラマみたいでうらやましーいです♫
お店の方も日本語のメニューのこと覚えているなんて!! イタリア人にしては奇跡的ではないですか!!

Tomoky さんも鼻炎なんですか? 私は夜中に目が覚めた時にもツライくらいになってきましたよ...
Commented by tomoky_ex at 2009-02-16 19:26
>Mari
ほんと、行けてよかったよー^^; せっかくだしね。Mariも覚えてる?あの場所。まだ私の顔覚えててくれてるよー。
私は今のところ風邪じゃない感じ。Aはいつもゆっくり治す暇がないから長引いちゃうのよねぇ。ご心配ありがとう!
Commented by tomoky_ex at 2009-02-16 19:29
>eriちゃん
えへへ^^ でも考えてみたら今までで初めてだったのよ、こんなディナー。(食べただけだけど。笑)
理由はどうあれねー(笑)。でも次回は他の所を試したいな。爆
写真・・・どこにしまったっけ・・・なんちゃって。了解しましたー^^
Commented by tomoky_ex at 2009-02-16 19:33
>ioscelgonoiさん
いやいやいや、ステキかどうか・・・否定はしないでおきますが(笑)
お店のご主人、なかなかできた方なんですよ。これが奇跡的かも?でも忘れていたほうが気が楽だったかも・・・。次はいつかなー(^^;)

お、ioscelgonoiさんも鼻炎!?もーね、最初は花粉症の時期だけだったのに、今じゃ一年中です!ティッシュどれだけ消費してるのかっていう・・・ツライですねー^^;
Commented by uniuni at 2009-02-16 22:49 x
ハート型のディッシュやらなにやら、心憎い演出ですな~ええな~
レストラン予約してくれる夫。ビバ!
うちは、チョコを渡したら「一日で全部食うなよ」ってさ。
uniuniがどうせ全部食べることを予想しての捨てゼリフでした・・・
Commented by tomoky_ex at 2009-02-17 19:25
>uniuniちゃん
ハート型のディッシュ・・・って書こうとしたら、このPC「ディッ酒」て変換した!だいじょぶか・・・さておきディッシュは普通だったのだけど(笑)、色々演出されてておもしろかったです。食い意地張った夫婦なので演出より量にこだわってましたけど(笑)
チョコせっかく渡したのに、可愛げないなぁ、旦那っちー!でもドキッとしたりして??笑