イタリア人夫と黒猫(♂)と共に送る、イタリア・Bologna県田舎での静かでドタバタな日々。問題だらけの田舎家との闘い、今年も続きます。 旅と食べることが大好きなTomokyの日記

by Tomoky

Nonantola散歩

f0077159_557448.jpg


ボローニャから北西に向かって35kmほど、ボローニャ県からモデナ県側に入ったところにノナントラという小さい町があります。(地図はこちら

とても小さな町なんですが、うちから車で30~40分ほどで行けて、有名なAbbazia(大修道院)やそれに付属する博物館などもあるので、日曜日の午後にちょっとお散歩するのにはいいんじゃないかい??と夫と行ってみることにしました。

彼もまだ行ったことがなかったとか。



お天気は相変わらず朝から小雨が降ったり止んだりでしたが、午後には回復することを期待しつつ、ゆっくり午後2時過ぎに出発。

駐車場に車を停めてから、町の入り口にあった地図で位置を確認。なかなか観光客用に手入れの行き届いた町、という印象です。

町に二つ残されている古い塔の一つ、Torre Modenese。時計が目印。ここから街の中へ。

f0077159_558262.jpg


早速第一の目的、Abbazia di Nonantola(ノナントラ修道院)へと足を運びます。付属のSan Silvestro教会↓。

f0077159_5582278.jpg


f0077159_613750.jpg
なんと創立が西暦752年っていうんだからびっくりです。建物は1900年代初期に改築&修復されていてきれいになっていますが、レンガ造りのしっとりと落ち着いた内装。

高くなっている祭壇もシンプルきわまりないんですが、2方向からライトで十字架を照らしてできた二つの影がなんだかアクセントになっていて印象的。

車椅子用に入り口には傾斜、祭壇への階段には簡易エレベーターがついていたのも行き届いているなぁ、と感心します。


f0077159_622576.jpgf0077159_624235.jpg

壁には中世のフレスコ画も一ヶ所残っています。他の部分は付属博物館で見ることができるようです(←行ってません^^;)。改築前と後の写真なども堂内に展示されています。

祭壇下のCripta(地下祭室)。数え切れないほどの柱に圧倒されます。でも落ち着いていて素敵。

f0077159_63353.jpg


祭壇側からファサード側を眺めると、壁に修復の跡が見えます。(窓の下にアーチ型に見える濃い線と、丸いバラ窓があった跡。)
f0077159_635730.jpg


さて、本堂(?)を見た後はあてもなく(笑)外を回ることに。

f0077159_683584.jpg


修道院付属の博物館、夫と「どうする?入る?やめる?」と10秒ぐらい考えて、結局入らず。宗教系の展示に二人ともあまり興味がないというのもあり^^;

ということでそのままずんずん歩いていくと、あら公園が。博物館の付属の公園だったんですが、ここはなかなか楽しめました。

f0077159_684373.jpgf0077159_68464.jpg

↑写真左、先ほどの時計のついた塔と共にNonantolaの歴史を飾るもう一つの塔、Torre Bologneseです。


f0077159_693533.jpg上れないのかしら、と何気なく覗きに行ったらドアがあり、夫が「でもなんだか暗いし中見えないし・・・」なんてドアに顔を近づけて中を凝視していると突然そのドアが開き、中からお姉さんが(笑)。ひゃーびっくり。

「今日は何でかしらないけれど電気が点かないんですよ~。暗いですけどやってますからどうぞどうぞ、中に入ってください!」

なんと中はNonantolaの歴史がわかる博物館になっていたのでした。最上階からはもちろん景色が見渡せるようになっている!ということで、こちらは喜んで観ていくことにしました。

1階の展示を眺めているうちに無事に電気もつきました(笑)。

2階~4階まではNonantolaの古代から現在までの市民生活と町の歴史についてのパネルや書類の展示。これはこの辺り(夫の地域も含め)の歴史を見ている感覚でとてもおもしろいです。

思ったより時間をかけてじっくり見学してから、最上階へ。

↓高い鐘楼があるのはもう一つの古い教会、S.Michele Arcangelo。
f0077159_695597.jpg


↓比較的新しい住宅の並ぶ町並み。
f0077159_6101020.jpg


↓先ほどの時計のある塔、Torre Modeneseも見えます。
f0077159_6102659.jpg


ちょうど景色を見る時に雲が切れて太陽が覗いてくれました。町周辺の農地の緑が映えて美しかったです。町自体はまぁ、特に、ねぇ、という感じですが(笑)。

さて、もう夕暮れも迫ってきたので最後に塔の上から見えたS.Michele Arcangelo教会を見てから帰ることにしました。

f0077159_6111067.jpg


・・・が、閉まってました~(TT)

そしてなぜか入り口の前に2匹のワンコがだら~~~んと寝そべってました。飼い主の姿はなく・・・不思議。
f0077159_6112423.jpg


猫好きの夫は始終猫に遭遇しないかきょろきょろしてましたが、一匹も見ず不満顔。ま、今日のところはかわいいワンコで〆、ということに・・・(笑)
[PR]
by tomoky_ex | 2009-02-09 05:45 | 旅とお散歩 | Comments(6)
Commented by me-a at 2009-02-09 23:32 x
なんとまぁ素敵な写真たちでしょう…なんかいいね、こう歴史を感じられる場所って。こないだ香取神宮(千葉県)に行ってきたけど、あそこもかなり古くてスピリチュアルなパワーを感じることができました。ところで犬かわいい♪
Commented by myartrish at 2009-02-10 04:37
すごくゆったり雰囲気のステキな場所ですね☆
車でないと行けない場所ですか、、、?
我が家、まだ車が無くって(悲)ドライブ好きな夫婦としてはかなり泣けるんですが、レンタカーでしのいでいて、、。

旦那さまもネコ好きなんですね☆
なんだかネコを求めてキョロキョロしてる男性って
いいですね(笑) 
どこかもれなくネコに会える場所ないかなぁ、、、。なんて。
Commented by tomoky_ex at 2009-02-10 19:34
>me-a
写真、お天気悪くてぜーんぶ暗い感じになってしまった(TT)でも歴史のある場所は絵になるよね。香取神宮私も1度だけ行ったことあるけど、あそこは普通じゃないね。すっごいパワーあって素晴らしい。また行きたいなぁ。me-aは犬派?
Commented by eri at 2009-02-10 19:37 x
派手ではないですが、歴史を感じるようなステキな教会ですね。
最上階からの眺めもいいですね。
ステキな街が、近くにあっていいなぁー。
Commented by tomoky_ex at 2009-02-10 19:39
>myartrishさん
ゆったり雰囲気でしたねぇ、というのも日曜日で人があまりいず、ガラ~ンとしてましたから(笑)残念ながら車がないと行くのは難しいところです~。ミラノ市内だと車の必要を感じないかもしれませんが、お休みの日は車なしだと寂しいですよね^^;
うちの旦那はネコ好きですよ~(笑)冬は外でネコに会うのは難しいですね。みんな暖かいところに引っ込んじゃってますからね~。
Commented by tomoky_ex at 2009-02-10 19:42
>eriちゃん
私も夫も逆に派手な場所が苦手なので(笑)、歴史のあるシンプルな雰囲気の教会はかなり好みでございます♪
私この町のこと全然知らなくて、偶然その日に夫から聞いたの。まだまだ探せば良さ気な町がありそうよ^^